喉の痛みを早く治すにはどうすれば?自分でもできる喉の痛みの治療法

 

乾燥や風邪などで、喉がイガイガして痛くなった時というのは、本当に辛いですよね。

 

場合によっては、声も出なくなるし、咳も頻繁にでて苦しいし、ちょっと何か飲み込むだけでも痛いとなったりするので、喉を痛めていいことなどありません。

 

なるべくならば、この辛い喉の痛みから早く解放されたいですよね。

 

しかし、この喉の痛みを早く治すにはどうすればいいでしょうか?

 

という事で、今回は辛い喉の痛みを早く治す方法について調べてみました。

 


 

喉の痛みを早く治すには?

 

乾燥や風邪等が原因で痛くなった喉は、思った以上に辛いもなので、できるだけ早く治していきたいですよね。

 

ここでは、取り急ぎ自分ですぐにできる方法についてまとめてみました。

 

今現在喉が痛くて辛いという人は、是非参考にしてください。

 

喉をあたためる

 

細菌やウイルスというのは、低い気温で且つ乾燥していると、より活発に活動します。

 

そんな細菌やウイルスなどの活動を抑えるためにも、喉をあたためて、温度を上げる必要があります。

 

人間の免疫力というのは、体温が下がると同時に下がるのですが、逆にあたためると免疫力が上がっていきます。

 

なので、喉をあたためると、細菌やウイルスの動きが悪く上に、免疫力も上がるので、喉が痛くなったら喉をあたためるようにしましょう。

 

部屋の湿度を上げる

 

細菌やウイルスは前述したように、乾燥していると動きが活発になります。

 

なので、喉が痛いと感じたら、部屋を加湿して、湿度を上げるようにしましょう。

 

そうすると、細菌やウイルスの動きが悪くなり、喉の痛みも緩和されていきます。

 

加湿器などがない場合は、ぬれたタオルをおいたり、お湯をはった洗面器をおいたりするだけでも、かなり違うので、一度お試しください。

 

マスクをつける

 

マスクは外からくる細菌やウイルスが入ってくるのを防ぐイメージがありますが、それだけではありません。

 

マスクをする事により、自分が吐いた息によって喉を保湿してくれるので、喉に入ってしまった細菌やウイルスの動きを低下させ喉の痛みもある程度緩和させることが可能です。

 

外出時は乾燥対策の為に、特につけた方がいいでしょう。

 

ちなみに、部屋に加湿器がなかったり、濡れタオルやお湯をはった洗面器を置きたくないのであれば、マスクで代用するのもいいですよ。

 

水分をこまめにとる

 

体の水分が不足していると、喉も乾燥しやすくなり、痛めやすくなります。

 

特に、寒い時期は喉が渇くという自覚が薄くなり、水分が不足しがちになります。

 

なので、こまめに水分補給をしっかりするようにすると、喉が乾燥しにくくなり、早く治るようになります。

 

また、ただ単に水分をとるだけではなくて、殺菌効果のあるカテキンが含まれる緑茶や、炎症抑制効果のあるタンニンが含まれる紅茶などの飲み物を飲むと効果的です。

 

ちなみに冷たいものより、温かくして飲んだほうがいいですよ。

 

こまめにうがいをする

 

喉にいる細菌やウイルスを殺菌するために、イソジン等のうがい薬を使用して、こまめにうがいすると早く治ります。

 

もし、うがい薬がない場合は、殺菌効果のある緑茶やぬるま湯に小さじ0.5杯ぐらいの塩を入れた塩水でうがいするといいですよ

 

喉の痛みに効く食べ物

 

食材の中で、喉の痛みに効くものがあり、それらを食べたり、飲んだりすると通常よりも早く治ることがあります。

 

喉の痛みに効く食べ物は以下があげられます。

 

生姜

 

生姜には高い殺菌作用と、血行を促進させて体温を上げる効果があるので、喉の痛みを改善させることが可能です。

 

ただ、そのままだと刺激が強すぎるので、汁物に混ぜたり、生姜湯にしたりして摂取するといいですよ

 

大根

 

大根にはイソチアシアネートという成分が含まれていて、この成分は抗炎症作用があります。

 

なので、細菌やウイルスによる喉の痛みにかなりの効果が期待できます。

 

また、イソチアシアネートは大根をすりおろした汁にたくさん含まれているので、大根おろしにして、摂取するといいです。

 

大根おろしでそのまま食べづらければ、汁物に混ぜたり、お湯で割ったりするのもいいですよ

 

はちみつ

 

はちみつには殺菌・抗菌作用が高く、古来から様々な治療に使われていました。

 

もちろん喉の痛みの改善も期待ができます。

 

ただ、はちみつは1歳未満に与えると、病気になることがあるので、絶対に与えないようにしましょう。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎには硫化アリルという成分が含まれており、殺菌作用・抗炎症作用がとても高くなっているので、喉の痛みにも有効です。

 

ただ、硫化アリルは熱に弱いので、摂取しようと思ったらそのまま生で食べる必要があります。

 

生はちょっと。。。と思うなら、切った玉ねぎを枕元において寝るだけでも効果があります。

 

レモン

 

レモンには殺菌作用があり、痛めている粘膜を再生する為に必要なビタミンCが豊富なので、喉の痛みに効果的です。

 

しかし、レモン等の柑橘系は、喉への刺激が強い為、そのまま食べると悪化する危険があります。

 

なので、摂取する際は、お湯とはちみつを混ぜて一緒にしたり、はちみつに漬けておく等するといいですよ

 

緑茶

 

緑茶には殺菌作用の高いカテキンが含まれていますので、喉の痛みの改善に効果があります。

 

飲まずに、緑茶でうがいするのもかなり効果があるので、オススメです。

 

紅茶

 

紅茶にも緑茶と同様に殺菌作用の高いカテキンが含まれていますが、緑茶に比べて少なめになっています。

 

変わりに、タンニンという抗炎症作用の高い成分が、緑茶より多く含まれているので、緑茶と同様に喉の痛みの改善にオススメです

 

ゆず茶

 

ゆずには、粘膜を再生する為に必要なビタミンCを多く含んでおり、温かくして飲むことで、喉を温める事もできるので、喉の痛みの改善に効果的です。

 

中々治らない場合は病院へ

 

喉の痛みに効く食事や、治療法を試してみて、中々治らないと感じたら、一度病院へ診てもらうようにしましょう。

 

もしかしたら、全く別の病気にかかっている可能性がある為です。

 

もちろん、今回取り上げた改善方法を試す前に病院へ相談するのもいいと思います。

 

自分で治すのもいいかもしれませんが、「なにかおかしい・・・。」と感じたら病院に頼った方がいいでしょう

 


 

喉が痛くなった時に、早めに対処することによって、長引くこともなく、早急に治すことが可能です。

 

喉が痛いのが長く続くと、日常生活にも支障をきたすので、早めに対処することをオススメします。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ