龍とドラゴンの違いはなに?地域によって全く違う伝説の生物

 

ゲームや漫画等によく出てくる伝説の生き物「ドラゴン」。

 

ゲームなんかでは、かなりの強敵だったり、強力な味方になってくれたりと、ドラゴン=強いというイメージがありますよね。

 

ちなみに、「ドラゴン」は西洋での呼び名となり、東洋になると「龍」という読み方になります。

 

この二つは良く似ているようで、姿形や、存在の意味は東洋と西洋で全く違うようなのです。

 

この違いとはいったい何でしょうか?

 

今回は龍とドラゴンの違いについて調べてみました。

 


 

西洋の「ドラゴン」

 

「ドラゴン」はヨーロッパ圏での伝承や神話に登場する伝説の生き物とされています。

 

姿形は、トカゲやヘビに酷似していて、基本的には想像上の生物とされていますが、かつては実在しているものとされていたそうです。

 

ドラゴンの特徴

 

鱗に覆われた、トカゲやヘビなどの爬虫類を思わせる姿をしていて、鋭い爪や牙をもち、毒や炎を口から吐くとされています。

 

基本的には大きな翼(翼といっても鳥のような羽毛等はない)を持っていて、空を飛ぶことが可能になります。

 

中には大蛇のようなものもドラゴンに分類されています。

 

炎も吐くし、翼で空も跳べるし、魚みたいな鱗もあるし、蛇の尻尾も持っているしで、生物の中でもハイブリットな動物としてイメージづけられていました。

 

といっても、ドラゴンの姿は常にに定着した形をしているわけではなく、時代を経てイメージがどんどん肥大化していった様です。

 

ドラゴンは悪の象徴

 

ドラゴンの名前の由来はギリシアの「ドラコーン」という言葉に由来しており、意味は「見る、はっきりと視る、鋭い眼差を向ける」という事だそうです。

 

後にラテン語の「ドラコ」(こちらも意味は「ドラコーン」とほぼ一緒)を経て、現在の「ドラゴン」に至ったそうです。

 

鋭い眼差しを向けるという意味をもつドラゴンは、恐怖の象徴として描かれる事が多く、悪魔と同一視されたり、邪悪な生き物としてイメージづけられていました。

 

ちなみに、七つの大罪の中の憤怒を象徴する動物としても扱われています。

 

東洋の「龍」

 

「龍」は中国や日本等、東洋で古くから伝わる、伝説の生き物です。

 

基本的には中国が発祥となっていますが、各地での龍としての存在は神格化されている所が多いです。

 

龍の特徴

 

龍が9つの生き物の特徴を持っている神獣とされており、角は鹿、頭は駱駝(ラクダ)、眼は鬼、もしくは兎、体は大蛇、腹は蜃(蛟(みずち)という動物の一種)、背中の鱗は鯉、爪は鷹、掌は虎、耳は牛とされています。

 

ちなみに、龍の形は、ドラゴンのように多様化しておらず、上記のイメージで固定されているようです。(インドの龍はまた変わってきますが。)

 

日本の龍もほとんどこのイメージですね。

 

基本的に水中や地中に住むことが多く、天候を操る事ができ、ドラゴンのように火を吹いたりはしません。

 

喉の下には逆鱗があり、これに触れられるのがとても嫌なんだそうです。

 

なので、普段は人間には危害を加えませんが、逆鱗に触れらると即殺されます。(「逆鱗に触れる」の語源です)

 

龍は神として崇められる

 

龍は人間にとって、予測がつかない得たいの知れないものなので、ある意味では恐怖の対象ともとれますが、それ以上に神聖なるものとして崇められる事がほとんどです。

 

東洋では全ての物に神様が宿っているという信仰がとても強く、その土地や動物等、様々な物を神として崇めていました。

 

龍もまたその内の一つで、水や天候を司る神として、今もなお崇められています。

 

龍とドラゴンの違い

 

それぞれの特徴を出したところで、大体の違いはなんとなくわかりました。

 

その違いをまとめると以下のような形になると考えられます。

 

姿形の違い

 

ドラゴンはトカゲや蛇等多種多様な形をしており、決まった形はありません。

 

なので、見た目爬虫類みたいな動物をまとめてドラゴンと呼んでいたのではないかと考えられます。

 

しかし、龍の場合は基本的に形は固定されています。

 

日本や中国などで、多少なりの違いはあるかもしれませんが、基本的にはほぼ一緒です。

 

神様か悪魔か

 

龍は神として崇められ、人間から信仰を受けていますが、ドラゴンの場合は悪魔の象徴として見られるので、排除すべきものと考えられています。

 

東洋の場合は自然を重んじる風潮があったため、龍も神として崇められたのでしょうが、ギリシャやローマの勢力が強かった遥か昔の時代の西洋では、自然は淘汰すべきものと考えられており、神は人の形したもの以外はあり得ないとされていました。

 

加えて、ユダヤ・キリスト教においては、ヘビは悪魔の使いとして見られており、そこから爬虫類全般は人間の敵だと考えられていたため、余計にドラゴンが悪役になってしまったのでしょう。

 

もちろん、西洋でヘビを神様として信仰していた所もあったでしょうが、こうした強い国や宗教等により、弾圧されていったのではないかと考えられます。

 


 

龍やドラゴンは、その土地にいた人間によって、どのような存在か変わってくるのですね。

 

恐らくこれは、龍やドラゴンに限った事ではないのでしょう。

 

その土地の人の宗教や価値観等で、その対象のイメージも大きく変わるというのは、中々面白いですね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ