年末調整と確定申告の違いってなに?社会人なら知るべき税金の知識!

 

毎年年末に近づいてくると、年末調整という言葉をよく耳にします。

 

そして、年末が年が明けるごとに確定申告のCMがよく流れり、街や電車にポスターが張られたり等しますね。

 

この二つは税金に関してとても重要な事なのですが、実際この違いについて、皆さんはわかりますか?

 

私は、恥ずかしながらよくわかっておらず、基本会社勤めなので、ほぼ会社に任せっきりです。

 

違いがわかる部分でいうと、会社員の場合は年末調整をして、それ以外の人や対象の人は確定申告を行うぐらいですかね?

 

いくら会社に任せているとはいえ、自分の税金に関わる事なので、せめて年末調整と確定申告の違いぐらいはわかっておきたい所です。

 

という事で、今回は、年末調整と確定申告の違いについて調べてみました。

 


 

年末調整とは?

 

年末調整とは、毎月給料から天引きされている所得税を年末に過不足がないかどうかを計算し、清算する事です。

 

所得税というのは、年末によって確定しますので、この年末調整が行われる事で、所得税を払い過ぎな人は、お金が戻ってきて、逆に足りてない人は天引きされてしまいます。

 

つまり、年末調整というのは所得税の金額を調整する為のものになります。

 

ちなみに、所得税はそれぞれの環境によって、控除が受ける事が可能です、

 

例えば、扶養家族がいたり、生命保険に加入していたり等ですね。

 

こうした場合だと、必要な書類を会社の経理の人に提出しておけば、所得税の控除を受ける事が可能です。

 

確定申告とは?

 

確定申告とは所得に関する税金(所得税や復興所得税等)を払う為に行う手続きです。

 

個人で1月1日~12月31日の間に発生した所得を計算して、所得に関する税金を確定させて、申告または納税します。

 

確定申告は税金を払うだけでなく、払い過ぎてしまった場合にお金を還付してもらう手続きも含まれています。

 

ちなみに、これを還付申告といいます。

 

所得税の払い方の違い

 

年末調整と確定申告の違いは、所得税の払い方の違いにあります。

 

年末調整の場合は、給与から先に給与から天引きして、後から過不足を調整しますが、確定申告は発生した所得を申告した上で、後から所得税等を支払う手続きになります。

 

なので、確定申告を行う場合は、納税する金額をある程度想定して、手元に置いておかなければならないので、金銭管理がかなり重要になります。
 

年末調整でお金が引かれるケース

 

年末調整で所得税の清算をした後、場合によってはお金がさらに天引きされる場合があります。

 

お金が天引きされているという事は、所得税が足りていなかったという事なのですが、なぜこんな事が起こるのでしょうか?

 

具体的には以下が考えられます。

 

所得税がそもそも払われていなかった

 

バイトやパートの人によく見られてるようです。

 

こういった方は給与明細に所得税が0円となっていたり、所得税の欄がなかったりします。

 

そうなると、そもそも所得税を払っていない状態になるので、引かれてしまうのは仕方ない事になります。

 

勤め先が計算を間違っていた

 

勤め先の会社が計算を間違っていたというのは、意外と多いようです。

 

また、税理士事務所に委託しているから大丈夫という所も、いくらプロとはいえ絶対に間違わないという保証はないので、あまり過信しない方がいいでしょう。

 

毎年同じ控除を受けているのに、前年と違ったり、極端にズレがある場合は疑った方がいいでしょう。

 

扶養家族が減った

 

年の間に、子供が成人して就職したり、奥さんが年収103万を超えた時などは、扶養家族から離れてしまいます。

 

そうなると控除する額も減りますので、その減った分の所得税が足らなくなり、追加で払わなければならなくなります。

 

ただ、こうしたケースは事前でわかっている方も多いと思うので、ある程度は予測できる事かと思われます。

ボーナスが多かった

 

その年にたまたま会社の業績がよくて、ボーナスが多めに入った時は、年末調整時に追加で、所得税を徴収される可能性が高くなります。

 

ボーナスが急に上がったりすると、源泉徴収で徴収されるはずの所得税が少なく計算されてしまう事が多い為です。

 

なぜ、少なく計算されるのかというと、源泉徴収は基本的に機械的に決められている為、ボーナスも毎月の給料から決めています。

 

その為、急なボーナスの上限に対応していないので、実際にもらったボーナスではなく、元々決めていたボーナスで源泉徴収の金額を計算します。

 

なので、ボーナスに見合った所得税が払われていないとされて、追加で徴収されるという訳です。

 

確定申告しなければいけない人

 

確定申告は必ずしも、個人経営している人だけではなく、会社勤めの人もしなければならない場合があります。

 

具体的には以下の人が挙げられます。

 

  • 年収が2000万円を超える人
  • 副業をしていて、その所得が20万円を超える人
  • 2つ以上の会社等から、給与・賃金を受けている人
  • 給与以外に賃貸料等の支払いを受けている人
  • 源泉徴収されないことになっている人
  • 災害減免法による源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人

 

上記の中に当てはまる人は、会社で年末調整を受けていても、確定申告を受ける必要があります。

 


 

今まで生きてきて、年末調整とか確定申告とかあまり深く考えたことはなかったですが、ある程度年齢が行ってからようやく興味が沸いてきました。

 

今回はそこまで深く調べてはいませんが、自分自身の今後の為にももう少し勉強してみようかなと思います。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ