ラグビーとアメリカンフットボールの違いとは?

みなさんはラグビー知ってますか?

 

たまーに深夜のテレビで放送されていて、結構見いちゃったりしますよね(私だけかもw)。

 

まあ、ほとんどの人が「なにそれ?」とか「知っているけどルール知らない」とかの人が多いでしょう。

 

最近では2015年のラグビーW杯で強豪の南アフリカを倒したというニュースで一時盛り上がりを見せました。

 

五郎丸歩選手のルーティンも色々な方が真似してましたよね。

 

また、現在はラグビーのアニメ(ALL OUT!!おもしろい!)も放送されており、少しずつラグビーの認知されてきているのではないでしょうか。

 

そういえば、似たような競技でアメリカンフットボールというのがありますね。

 

ラグビーと同じように楕円形のボールを使う競技なんですが、この二つに違いってあるんでしょうか。

 

正直違いについてよくわからないので、今回はこの二つの違いについて少し調べようと思います。

 

 


 

ラグビーとアメリカンフットボールの歴史

 

ラグビーの発祥はイギリスからとなっており、フットボールの試合中、一人の少年がボールを手で持って、ゴールに向かって走った事により生まれたそうです。

 

何を思って走り出したんでしょうね。。。

 

アメリカンフットボール(以下アメフト)はそのラグビーをアメリカでさらに発展させたとされており、アメリカでは超がつくほどの人気スポーツとなっています。

 

ラグビーからの発展ということなので、使っているボールや、タックル等似ている部分はありますが、ルールをよく見てみると全然違うスポーツになります。

 

ラグビーとアメリカンフットボールの違い

【プレーの流れ】

まずラグビーはサッカーやバスケットボールと同様に、ゴールした後や、反則、タイムがない限り試合が止まらないのですが、アメフトの場合は攻撃側、守備側がはっきりしており、決められた攻撃回数で敵の陣地に攻め込んでいく、言わば陣取りゲームのような形になります。

 

1クォーター15分を前半・後半2回ずつ、計4クォーターで戦い、1プレイごとに時計が止まる為、3時間近く試合するのがざらにあります。

 

また、アメフトの攻撃というのが、ダウンと呼ばれる1プレーを4回する間に10ヤード進まなければ攻守交替になってしまい、4ダウン以内に10ヤード進むとダウンは一度リセットされて、攻撃を継続できます。

 

こうしてみると、アメフトはラグビーだけでなく、サッカーやバスケ等とはまた全然違うスポーツですね。

 

【得点】

得点に関してですが、こちらも違っており、ラグビーの場合は「トライ」といって相手のゴールの領域にボールを地面に接地させることで得点となります。

 

対してアメフトの場合は「タッチダウン」といい、相手のエンドゾーンにボールを持って運ぶか、エンドゾーンで味方からのパスをキャッチすればOKとなります。

 

ちなみに、ラグビーのトライは5点、タッチダウンは6点です。

 

【パス】

パスに関して、こちらはどちらも前方にパスをしてはいけないというルールなのですが、アメフトの場合は1回だけパスする事が可能です。

 

【タックル】

タックルもラグビーとアメフトとで大きく変わってきます。

 

まずラグビーではタックルはボールを持っている選手にしかタックルできませんが、アメフトの場合はブロックといって、ボールを持っていない選手にもタックルすることができます。

 

また、ラグビーではタックルを受けてもプレーは続行されるのですが、アメフトはタックルを受けた場合一度プレイが止まり、止まった地点からプレイがまた始まります。

 

タックルをする場所も違っており、ラグビーは肩より下にしかタックルできないのですが、アメフトはどこでもOKとなります。

 

【ボール】

ラグビーもアメフトも楕円形のボールを使うのですが、実は大きさや重さがやや違います。

 

ラグビー用のボールは重さが400~440グラムに対し、アメフトは397~425グラムとアメフトのほうがやや軽くなっています。

 

また、大きさに関しては、ラグビーは周囲の長い方は740mm〜770mm、短いほうが580mm〜620mm。アメフトは周囲の長い方は794mm~819mm、短いほうが519mm~531mmとなっています。

 

【防具】

ラグビーは大学生以上になると基本防具はつけません。

 

一応ヘッドキャップや、胸、肩を守るパッドもありますが、あまりつけないみたいですね。マウスピースはほぼ全員がつけているみたいです。

 

対してアメフトの場合は、ヘルメット、マウスピース、ショルダーガード、ヒップパッド、サイパッド、ニーパッド、ブロッキングパッドと体を守るための防具がたくさんあります。

 

タックルがどこでもOKということなので、やはりこれだけは必要なんでしょうか。。

 

 

少し簡単ではありますが、ラグビーとアメフトの違いを調べてみました。

 

少し調べただけですが、かなりの違いが見えてきましたね。

 

もっと掘り下げるとどんどんでてきそうです。

 

こうしてみると、実に興味深いスポーツです。日本であまり認知されていないのが、残念ですね。

 

機会があれば、是非試合を見に行ってください。

 

私も見に行ってみたくなりました。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ