その目のかゆみは病気かも?知っておきたい目のかゆみに関する病気

 

普段から、目がかゆくなるという事が多々あると思います。

 

原因としては、乾燥や花粉等が考えられますが、場合によっては病気である事も考えられます。

 

では、目のかゆみに関する病気とはどんなものがあるでしょうか?

 

目のかゆみに関する病気のそれぞれの症状を知っておけば、すぐに病院へ行くという判断ができるので、できれば知っておきたいですね。

 

ということで、今回は目のかゆみに関する病気について調べてみました。

 


 

目のかゆみに関する病気とは?

 

目のかゆみは基本的には乾燥や花粉・ハウスダスト等のアレルギー物質が原因ですが、目が何かしらの疾患にかかっている為に、目がかゆくなっているという場合も考えられます。

 

では、どんな病気があるのか?ということで、一つずつご紹介していきたいと思います。

 

細菌性結膜炎

 

黄色ブドウ球菌等が、目に感染し、炎症を起こしてしまうものです。

 

症状としては、充血、目やに(通常より量が多い)、かゆみ、涙目、異物感等があります。

 

原因である黄色ブドウ球菌は、喉や鼻の粘膜、指や肌等、体の至る所に存在していますが、抵抗力のある健康な状態であれば、まず感染する事はありません。

 

しかし、抵抗力が弱っている状態だと感染しやすくなりますので、高齢者や小さなお子さん、病気を療養中の方、目に怪我をしている方は、手洗いうがいをしっかりするなどして、注意する必要があります。

 

ウィルス性結膜炎

 

細菌性結膜炎とちがい、ウィルスが感染した事により発生します。

 

症状は、目がゴロゴロする、充血、大量の目やにと涙、まぶたが腫れる等があります。

 

また、特徴的なものとして、目やにがとても粘度をもっており、糸を引くようなネバネバした白いものが出ます。

 

原因となるウィルスは主に、アデノウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスがあり、ウィルス性結膜炎の原因で一番多いのがアデノウィルスなんだそうです。

 

アデノウィルスは感染力がとても強く、ウィルスが付着した手やタオル等で目をこすったりするのが主な感染経路です。

 

プールの水を介してもなる可能性もありますので、プール後の目はしっかり洗うようにしましょう。

 

アレルギー性結膜炎

 

細菌性結膜炎やウィルス性結膜炎等、細菌やウィルスの感染が原因による結膜炎とは違い、花粉やハウスダスト等のアレルギー反応によっておこる病気です。

 

症状は通常の結膜炎とほとんど一緒で、まぶたが腫れたり、充血したり、目やにや涙が増えたりします。

 

細菌性結膜炎やウィルス性結膜炎とは違い、他の人にうつったりはしませんが、アレルギー反応を起こすものから遠ざけない限り、治すことは不可能とされています。

 

その為、繰り返し発症してしまう病気となります。

 

春季カタル

 

アレルギー性結膜炎のさらにひどい状態で、アレルギー反応を起こすものが目に入る事により、充血や非常に強いかゆみが起きてしまう病気です。

 

主にスギやブタクサ等の花粉や、ダニやハウスダストが原因とされていますが、コンタクトレンズの汚れが原因の場合もあります。

 

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)

 

「ものもらい」や「めばちこ(関西限定?)」なんて呼ばれたりする病気です。

 

主な原因は細菌感染です。

 

黄色ブドウ球菌等の細菌が、まばたの分泌腺や毛穴に細菌が入り込んで感染し、化膿して膿が溜まってしまいます。

 

そうなると、初めは痛痒い感じが続くのですが、次第にまぶたが赤く腫れあがったり、まばたきをすると痛みを感じてしまいます。

 

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

 

こちらは細菌感染による麦粒腫とは違い、まぶたの内側に脂肪が溜まることによっておこる病気です。

 

まつげの生え際に目を保護する為に脂を分泌する「マイボーム腺」というものがあり、そこに脂肪が詰まってまぶたが腫れたり、しこりが出てしまいます。

 

見た目は麦粒腫と似ていますが、こちらは細菌等が原因でない為、痛みやかゆみはほとんどありませんが、そこに細菌が感染してしまうと、化膿して炎症を起こしてしまい、痛みやかゆみが伴います。

 

ドライアイ

 

長時間にわたり目を酷使したり、乾燥した環境下に長時間いることによって、涙が蒸発し、涙の分泌量も減ってしまい、角膜が乾燥してしまうという病気です。

 

症状としては、目の疲れやかゆみ、充血、異物感を感じる等があります。

 


 

私は一度ウィルス性結膜炎になった事がありますが、あれはかなりきついですよ。

 

とにかく、目やにが多すぎて目やにが固まり、目が開けれません。

 

また、ちょっとした光がかなりまぶしく感じて、思うように目を開けれず、ほとんど目を瞑って過ごした時もあります。

 

ちなみに私は中学生の頃になったのですが、家族全員感染していて、大変な事になっていました。

 

皆さんも目の病気にはしっかりと気を付けて、怪しいと思ったらすぐに病院に行ってください。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ