デブな人程効果的!スロージョギングで気軽にダイエットしよう!

 

ダイエットの基本と言えば運動ですよね。

 

溜まりにたまった脂肪は、燃焼しないと減る事はありませんので、運動して効率よく脂肪を燃やす事が必要になりますが、いざ運動するとなると、今まで運動していなかった分、すぐにしんどくなって嫌になってしまいますよね。

 

特に、かなり体重の重い人や高齢の方なんかは、運動する際に膝や足に負担がかかって、痛めてしまうのも度々あります。

 

しかし、そんな人でも「スロージョギング」なら膝や足を痛めずに運動することが可能です。

 

しかも、普通のランニングよりも辛くないので、続けやすい運動でもあります。

 

では、このスロージョギングとはいったいどういう運動なのでしょうか?

 

もし、足も痛めずに楽に運動できるなら、とても魅力的ですよね。

 

という事で、今回はスロージョギングについて調べてみました。

 


 

スロージョギングとは?

 

スロージョギングというのは、普通のジョギングとは違い、普通に歩くペースと同じぐらいの速さで走るジョギングの事です。

 

これは、福岡大学スポーツ科学部医学博士の田中宏暁教授が提唱したもので、キツくて辛いと敬遠されがちな有酸素運動を、もっとラクに楽しめる方法がないかという事で、考え出されたジョギングです。

 

このスロージョギングは、手軽にできて且つ効果も高いという事で、話題を呼び、様々なテレビ番組でも紹介がされています。

 

▼参考サイト

スロージョギング協会

 

スロージョギングの効果

 

スロージョギングの効果は、ランニングやジョギングの効果とあまり変わりはありません。

 

しかし、ランニングやジョギングよりも疲れにくい特性を持っているので、継続しやすいす。

 

それに、ランニングやジョギングよりも楽にも関わらず、カロリー計算はランニングやジョギングと同じで、以下の計算式で計算する事が可能になります。

 

体重×距離=消費カロリー

 

なので、ランニングであってもスロージョギングで合っても、消費カロリーは変わらないという事になります。

 

トレーニング目的では効果は見込めませんが、ダイエット目的であるなら、断然スロージョギングの方がおすすめになります。

 

また、ダイエットだけでなくストレス解消にも役立ちますので、忙しい方程時間を作ってやっていただきたいです。

 

スロージョギングとウォーキングの違い

 

スロージョギングとウォーキングの速度はほぼ一緒ですが、やり方は全然違います。

 

ウォーキングの場合は歩いているので、両足が地面につく事がありますが、スロージョギングの場合は、一応走ってはいるので、ゆっくりなペースであっても両足が地面につく事はなく、地面につくのは常に片足だけになります。

 

また、消費カロリーも違っており、スロージョギングの場合はジョギングやランニングと同じなので、ウォーキングより断然カロリー消費が高くなっています。

 

スロージョギングで疲れないのはなぜ?

 

スロージョギングでは足への負担が少ないのが魅力の一つですが、なぜ疲れないのでしょうか。

 

それは、使用している筋肉が関係しています。

 

筋肉には「速筋」と「遅筋」があり、速筋は瞬発的な動きをする為に使う筋肉なのですが、持久力がないのですぐに疲れてしまいます。

 

もう一つの遅筋は瞬発的な動きには全く力を発揮できないのですが、持久力に優れており、さらには疲れやすいという特徴があります。

 

「速筋=チーター・遅筋=マグロ」みたいなイメージです。

 

スロージョギングで使用している筋肉は、ゆっくりと走ることによって遅筋だけが使われるようになります。

 

その為、長い時間走る事ができて、且つ疲れにくいという事になります。

 

スロージョギングのやり方

 

スロージョギングのやり方は基本的には、走ってるけど速度はゆっくりというイメージです。

 

速度にして大体時速4~6kmぐらいの速さぐらいですかね。

 

走る速さを守れば、十分効果がありますが、もう少し効果をあげたいのであれば、以下の方法を試してください。

 

  1. 走る時の歩幅は足の長さの半分ぐらい
  2. 目線は遠くにして、あごは少し上がるぐらいの位置に
  3. 背筋をしっかりと伸ばす
  4. 呼吸や腕の振りは自然に任せる
  5. 時間は30分以上がベスト

 

走る時間は30分以上と書きましたが、慣れていないうちは10分だけでもいいので走ってみましょう。

 

スロージョギングに慣れたらステップアップ

 

スロージョギングだけずっとするのは、別に悪くはないですが、ダイエット目的であるなら、そのうち体重が落ちなくなる事も出てきます。

 

そこまで来たら、徐々にスピードを上げていき、ステップアップするのもいいでしょう。

 

そうやって走る事に慣れていけば、さらなるダイエット効果も出来て、ランニングやジョギングも楽しく感じてくると思います。

 


 

私もスロージョギングを経験したことがありますが、確かにあまり疲れを感じずに、長く走る事ができたので、結構楽しかったです。

 

元々、走るのが嫌いだったのですが、このスロージョギングのおかげで少し走るのが好きになれました。

 

運動が苦手な人や嫌いな人も、一度でいいからやってみてはどうでしょう?

 

もしかしたら、案外ハマってしまうかもしれませんよ?

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ