ジムに行くなら公営がいいの?安くて通いやすい公営ジムの魅力とデメリット

 

日ごろの運動不足の解消や、自分を鍛えたい等、運動に関して様々なニーズに応えるスポーツジム。

 

普段できない運動器具やプール施設等、色々と揃っているので体を鍛えたいと思う方は特に行きたいと思う事でしょう。

 

しかし、スポーツジムというのは、なんだかんだで高いんですよね。

 

年会費に1万程、それで月に7000円~10000円程と、結構お金がかかってしまいます。

 

最近では、一昔前よりも安くなってきたとはいえ、やはりまだ高いイメージがあるので、中々スポーツジムには通いづらい所でもあります。

 

しかし、世の中には民営だけでなく、都道府県や市が運営しているスポーツジムが存在します。

 

都道府県や市が運営していても、スポーツ施設って結構高いんじゃないの?と思うかもしれませんが、全然そんなことありません。

 

値段に関して言えば、圧倒的に公営のスポーツジムの方が安いのです。

 

でも、値段ゆえに、普通のスポーツジムよりも劣るんじゃないの?と気になる部分もあります。

 

ということで、今回は都道府県や市が運営しているスポーツ施設の魅力やデメリットについてご紹介します

 


 

公営スポーツジムの魅力

 

公営のスポーツジムは基本的に市や都道府県が管理している体育館やプール施設に併設されている場合が多く、筋力トレーニング用の器具を使用したり、ルームランナーを使用したりする以外に、体育館でスポーツしたり、プールで泳いだりもすることが可能です。

 

場所によっては剣道場や柔道場も併設されていたりします。

 

そんな公営のスポーツジムの魅力はなんなのか?一つずつご紹介したいと思います。

 

料金が安い

 

公営のスポーツジムは基本的に年会費等はなく、当日利用券か、何枚かセットで売っている回数券、月毎の定期券を買って、利用する形となります。

 

施設の利用料金も一日600円~700円程で利用する事が可能です。

 

定期券の場合だと、場所によって変わってきますが、月5000円程で済む事が多いです。

 

民営のスポーツジムと、公営のスポーツジムの定期券を買った場合の1年間の料金を比較すると以下のような形になります。

 

民営のスポーツジム

年会費約10000円+月約7000円×12=94000円

 

公営のスポーツジム

月約5000円×12=60000円

 

民営の年会費や月会費等は、場所や選ぶコースによって大きく異なってきます。

 

今回は割りと休めのスポーツジムで計算しましたが、おおよそで計算しても年間30000円の差が出てきます。

 

なので、値段の面で行くと、断然公営のスポーツジムの方がお得になります。

利用制限がない

 

民営のスポーツジムだと、選ぶコースによっては利用制限があり、決められた日数しか通えない場合があります。

 

もちろん、自由に通えるコースもありますが、その分値段も跳ね上がります。

 

しかし、公営のスポーツジムだと、一日の利用券を買って利用するので、利用制限自体がそもそもありません。

 

定期券も買った日の翌月まで自由に利用する事が可能できますので、自由に通う事が可能です。

 

月に~7日程度でいいのなら、一日利用券を買って利用し、それ以上の回数行くなら、定期券を買う等していくと、お得に利用する事ができます。

 

公営スポーツジムのデメリット

 

公営スポーツジムは値段の安さ故に、やはりデメリットも存在しています。

 

民営と比べてどんなデメリットがあるのか?ひとつずつ見ていきたいと思います。

人が多い

 

利用料金が民営のジムより安い為、その分人も多くなってきます。

 

特に休日や平日の夕方以降になると、集中して人が増えてくる為、器具を使用したくても順番待ちになる事も少なくはありません。

 

ただ、休日といっても一日中人がいるわけではありません。

 

朝早くや。昼食時や夕食時等、あまり活動しなさそうな時間を狙ったりすると、結構人はすいてくる事もあるので、そうした時間を狙っていくといいです。

 

施設が充実していない事もある

 

民営とは違って、値段が安い為か、民営よりも施設が充実していない事もあります。

 

また、バーベルやダンベル器具等は、数が少ない所が多いので、予約制だったりもします。

 

なので、使いたい器具を自由に使えないという事もしばしばあるようです。

 

トレーナーがいない

 

民営のスポーツジムの強みというのは、トレーナーです。

 

トレーナーの存在によって、正しいトレーニング方法等を教えてもらえるので、トレーニングがより向上していきます。

 

しかし、公営の場合はそういう人はほぼいない(監視員等はいるにはいる)ので、トレーニングの向上に関しては、民営よりも劣ってくるでしょう。

 

客層が悪い場合もある

 

公営スポーツジムの場所によっては、客層が悪い場合もあります。

 

もちろん、すべての公営スポーツジムの客層が悪いわけではないのですが、その地域の治安や土地柄等によって変わってきます。

 

効果を求めたいなら公営はおすすめしない

 

公営スポーツジムは圧倒的に値段が安いので、通いやすいですが、施設面やサポート面では民営に劣ってしまう為、効果に差が出てきてしまいます。

 

トレーニングに関して、様々な知識を持っている人なら別ですが、特に知識はないけれど、確実に効果が欲しい人はあまりオススメはできないでしょう。

 

気軽に行きたいなら公営がおすすめ

 

公営スポーツジムはその値段ゆえに通いやすいのが大きなメリットです。

 

なので、とりあえずジムに行ってみたい人なんかは、まず公営のジムに行ってみて雰囲気等を味わうのもいいかもしれません。

 

また、公営の場合はスポーツジムだけでなく、ヨガやエアロビクス、体操等のプログラムも格安で行っていたりするので、そういったものを目的として行くのもいいですよ。

 


 

公営のスポーツジムは圧倒的安いので、通いやすい反面、トレーニング効果は民営と比べて劣ってしまいますね。

 

まあ、なんとなく通いたいという人なんかは、値段も安いので気軽に行けそうですね。

 

ちなみに、私も公営のスポーツジムでプールを利用していましたが、たまに人が多い以外は特に気になる事はありませんでした。

 

なんだかんだで、一番料金がネックになってくると思うので、迷ったらまずは公営のスポーツジムに行ってみるといいですよ。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ