お歳暮はいつまで?忙しくなる前に知っておきたいお歳暮の基礎知識

 

年末に近づくにつれて、一年でお世話になった人へお歳暮を贈る準備をする人が増えるかと思います。

 

このお歳暮についてですが、私恥ずかしながらよくわかっておらず、いつまでに贈ればいいのか?どんなものを贈るのか?どんなマナーがあるのか?等あまり把握していない部分があります。

 

やはり社会人としては、こういった事はしっかり把握しておきたい所。

 

という事で、今回はお歳暮の基礎知識について調べてみました。

 


 

お歳暮とは?

 

お歳暮というのは、「年(歳)の暮れ」のことで、一年の終わりの頃を指します。

 

元々、お正月にご先祖様を祭る為のお供え物を、暮れの間に本家に届ける「歳暮の礼」というものがありました。

 

これがお世話になった人へ贈り物をするという習慣に変わったのがお歳暮の始まりと言われています。

 

ちなみに、お歳暮の歴史はかなり古く、日本でお歳暮のルーツとなるものが始まったのは室町時代だそうです。

 

おこから一般的な風習として広まったのが江戸時代で、現代のようなお歳暮の形になったのは明治30年ごろなんだそうです。

 

お歳暮はいつまでに贈る?

 

お歳暮はその名の通り、「年の暮れ」に送ります。

 

地域によって異なり、基本的には贈る人の地域の時期に合わせて贈ります。

 

地域別のお歳暮の時期は以下になります。

 

  • 関東:12月初旬~12月31日まで
  • 関東以外:12月13日~12月31日まで

 

ただ、最近は年々早まっている傾向にあるようですので、なるべくなら12月20日頃に到着するのが一般的と言われています。

 

お歳暮の時期を過ぎてしまったら?

 

お歳暮の時期である、12月初旬~12月31日の時期を過ぎてしまう場合でも、贈り物をすることは問題ありません。

 

過ぎてしまう場合は「御年賀」もしくは「寒中見舞い」にするといいです。

 

御年賀の時期は1月1日~1月7日までで、1月8日~2月3日(立春)までは寒中見舞いになりますので、届くであろう時期に合わせて変えていけば、相手へ失礼にもなりませんし、感謝の気持ちを伝えれます。

 

お歳暮を過ぎてしまっても、焦らずに臨機応変にいきましょう。

 

お歳暮の相場

 

お歳暮を贈るにあたり、一番気になるのが相場です。

 

とてもお世話になったからと言って、高価な物を渡しても、相手に気を使わせてしまいますので、喜ばせる所か逆に嫌な気分を与えてしまう事もあります。

 

ここは、お世話になった人の度合いや相手との関係性で、予め値段設定しておけば、あまり悩まずにスムーズに選べるかと思います。

 

目安としてはこんな感じ↓

  • 特別お世話になった人:~1万円程
  • 仲人や上司、両親や相手方の義両親:~5000円程
  • 親戚や友人、世話になっている同僚等:~3000円程

 

これはあくまでも目安なので、贈る人の人数や自分のお財布事情と相談して決めてください。

 

ちなみに、去年に贈ったものとの金額の差が大きすぎると、相手が不快な思いをされる事もあります。

 

そうならない為にも、なるべく金額のバラつきが少なくなるように、毎年同じ物を贈った方が無難ではあります。

 

お歳暮の熨斗の種類

 

お歳暮で使う熨斗は紅白蝶結びというものを使用します。

 

 

蝶結びというのは、何度も解いて結びなおせるという所から、何度来てもうれしいお祝い事に使われます。

 

基本的にお歳暮はこの熨斗を使われる事が多いです。

 

基本的には手渡しで

 

お歳暮を贈る際は、基本的に相手方の所まで伺って、直接お渡しした方がいいです。

 

その方が、感謝の気持ちも伝わりやすくなり、相手方もうれしく思うでしょう。

 

ただ、相手も時間の都合もあるかと思いますので、伺う場合は事前にアポイントをとってから、伺うようにしましょう。

 

いきなり行ってサプライズ!は人によっては迷惑になるかもしれないので、やめたほうがいいですよ。

 

配達する時は挨拶状を添えるといい

 

 

基本的には相手の所まで伺うのがいいですが、忙しくて行けなかったり、相手も都合がつかないとなる可能性も出てきます。

 

そんな時は宅急便等で配達してもらっているかと思いますが、その際に一緒に挨拶状も添えるようにしましょう。

 

ただ、友人等に関しては、挨拶状等添えずに、電話等で贈った旨だけ伝えても問題ないですが、特にお世話になっている人に贈る場合は必ず付けたほうがいいです。

 


 

少し前まではお歳暮に関して、あまり気にしてはいなかったのですが、年齢を重ねるとやはりこういった事も気になってきますね。

 

絶対にしなくてはならないというわけではないのでしょうが、やはりせめて日ごろお世話になっている方々にはちゃんと贈っておきたい所ですね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ