なぜ唇が荒れてしまう?知っておきたいカサカサ唇の原因とその対処法

 

乾燥した時期によく起こりがちなのが、唇が荒れてしまう事ですよね。

 

乾燥した時期に限らず、年中なる人もいるようですが、カサカサに荒れてしまった唇は、状態によって裂けて血が出てしまって、地味に痛いんですよね。

 

できれば、唇が荒れないように、対処していきたい所。

 

という事で、今回は唇が荒れる原因と対処法について調べてみました。

 


 

唇はデリケートな部分

 

唇というのは、角質層が薄く、水分を保持する細胞が少なく、皮脂を分泌する為の皮脂腺がない箇所です。

 

そのため、非常にデリケートとなっており、荒れてしまったり、乾燥しやすくなっています。

 

唇が荒れてしまう原因

 

唇が荒れてしまう原因はどうものがあるのか?

 

具体的には以下の原因が考えられます。

 

唇が荒れる原因① ~ 乾燥 ~

 

唇の荒れの原因として、最も多い原因の一つです。

 

唇には、肌と違って水分を保つ細胞が少なかったり、皮脂を分泌する皮脂腺がなかったりするので、乾燥にはめっぽう弱いのです。

 

また、普段から唇をなめていたり、口呼吸をしていたりすると、唇が余計に乾燥しやすくなるので、注意が必要です。

 

肌が荒れる原因② ~ 紫外線 ~

 

肌の場合は紫外線を浴びても、肌の角質層が厚い為、ある程度は影響を抑える事ができるのですが、唇の場合は角質層が薄いです。

 

そのため、紫外線の影響をモロに受けてしまうため、荒れやすくなってしまいます。

 

ちなみに、冬でも紫外線は十分強い為、注意が必要になります。

 

唇が荒れる原因③ ~ 刺激による負担 ~

 

口紅等を落とす為に、強めに唇を拭いて落とそうとされる方もいらっしゃるかと思いますが、この摩擦による刺激のせいで、唇が荒れてしまう事もあります。

 

また他にも、唐辛子等の刺激物でも、唇の荒れを引き起こす原因にもなります。

 

辛いものというのは、基本的に痛覚で感じるものなので、肌に触れるだけでも、敏感な人なら多少の痛みを感じます。

 

それをデリケートな唇に触れるわけですから、肌よりも影響は強くなります。

 

唇が荒れる原因④ ~ 不規則な生活 ~

 

普段から、睡眠不足だったり偏った生活をしていると、ビタミンが不足しやすくなります。

 

ビタミンが不足する事により、唇が荒れてしまう事に繋がりますので、ビタミン不足を防ぐために、規則正しい生活を心がけましょう。

 

唇が荒れる原因⑤ ~ リップクリームや口紅が合っていない ~

 

使用しているリップクリームや口紅の成分によっては、合わない人もおり、それが原因で唇が荒れてしまう事もあります。

 

唇が荒れてしまっていて、心当たりがあまりない時は、まず今使用しているリップクリームや口紅を疑った方がいいかもしれません。

 

唇が荒れるのを防ぐには?

 

唇が荒れる原因は大体わかりましたが、防ぐ方法はどんな方法があるのでしょうか?

 

対処法としては、以下の項目が挙げられます。

 

唇の荒れを防ぐ方法① ~ ビタミンをしっかり摂る ~

 

ビタミンBやビタミンCは肌の健康を維持してくれる、大事な栄養素です。

 

このビタミンが不足してしまうと、唇の荒れだけでなく、肌も荒れる事になりますので、積極的に摂るようにしましょう。

唇の荒れを防ぐ方法② ~ リップパック ~

 

リップパックというのは、リップクリーム等を唇に塗ったあと、ラップ等で唇を覆ってパックしてあげるものです。

 

方法としては、以下のように行います。

  1. 口紅等の唇についているものをしっかりクレンジングで落としておく
  2. 蒸しタオルを用意し、唇に当てて、温める(数分程度)
  3. リップクリーム等を唇に塗る
  4. リップクリーム等を塗ったら、ラップで覆う
  5. 5~10分程おいて、ラップを取り、付着しているリップクリーム等を洗い落とす

 

上記の方法はリップクリーム等を使用していますが、他にもオリーブオイルやはちみつを使用したりします。

 

リップクリームがどうしても合わないというような人は、オリーブオイルやはちみつで試してみてください。

 

唇の荒れを防ぐ方法③ ~ なるべく部屋を乾燥させない ~

 

乾燥は唇の荒れの原因になりますので、加湿器を利用し、なるべく乾燥させないようにしましょう。

 

また、寝る際にマスクをして寝ると、マスクが吐いた息を籠らせて、マスクをした部分だけ湿度が上がりますので、おすすめです。

 

喉の乾燥も防いでくれるので、冬場は是非していただきたいです。

 

唇の荒れを防ぐ方法④ ~ 水分補給をこまめに ~

 

乾燥した時期といのは、喉が渇きにくく、水分が不足しがちになります。

 

体に水分が不足していると、唇も荒れやすくなりますので、喉がかわいていなくても、こまめに水分補給するようにしてください。

 


 

唇が荒れてしまうと、唇が割れたりして、結構痛いですよね。

 

その状態で、食事するときに染みたりするので、食事の度に辛い思いをするのが、しばしばあります。

 

私もよく唇が荒れてしまっているので、なるべく荒れないように対策していこうかと思います。

 

以上、ここまで、読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ