冬の運動でダイエットを成功させるには?冬こそ運動して理想の体を!

 

冬は一年の内で一番代謝の上がる時期で、実は最もダイエットに適している季節です。

 

冬にしっかり運動して脂肪をどんどん燃焼していけば、夏を迎える頃には、肌を露出しても問題ないぐらいの体を手に入れれるはず!

 

しかし、冬には大きな問題があります。

 

それは「寒さ」

 

寒いというのは、それだけでやる気をそがれるもので、他の季節と比べて一気に活動的でなくなります。

 

冬に運動不足が起こってしまう所以ですね。。

 

でも、ここで頑張っておかないと、春・夏を迎えるころには、後悔するかもしれません。

 

とういうことで、今回は冬の運動でダイエットを成功するにはどうすればいいのか調べてみました!

 


 

冬の運動が一番効率がいい

 

冬の季節は気温が一年の内で一番低い季節です。

 

人間は体が冷え切ってしまうと死んでしまうので、普段よりも体内で熱を発生させるようにします。

 

この熱を発生させるエネルギーとなるのは、体内に溜まっている脂肪や、糖質等ですので、体内に溜まっている脂肪を燃やすのにちょうどいい季節と言えます。

 

なので、これに加えて運動もして、エネルギーを消費してあげると、体を温めるのと体を動かすエネルギーを余計に必要としますので、冬に行う運動が最もダイエットに向いていると言えます。

 

有酸素運動がオススメ

 

有酸素運動というのは、ジョギングやサイクリング、長距離の水泳等、持続的に体を動かす運動の事ですね。

 

人間の体は、外気温が10度以下になると、体内の内臓を冷やさない為に温めようとするので、有酸素運動も一緒に行えば、余計に脂肪や糖質等のエネルギーを消費しようとします。

 

ただ、外は寒いので、それなりに準備をして行った方がいいでしょう。

 

準備というのは、具体的に以下が挙げられます。

 

ウォーミングアップは入念に

 

冬の時期は寒いので、体をしっかりと温めておかないと、怪我をする可能性が上がってしまいます。

 

これは室内の運動でも一緒です。

 

なので、まずはストレッチ等をして、しっかり体をほぐして体を温めてから行うようにしましょう。

 

ストレッチと併せて、筋肉トレーニングも一緒に行うと、有酸素運動の効果も上がりますので、オススメですよ。

 

気温に合わせた格好をする

 

後で温まるからと言って、薄着でジョギングやウォーキングを行うと、体を冷やして、風邪を引くことも考えられます。

 

なので、その日の気温に合わせて、重ね着したりなど、調節していきましょう。

 

雪も降るぐらい寒くなる場合は、安全も考えて辞めておいた方がいいです。

 

冬の運動を継続させるには

 

冬というのは寒くて、あまり動きたくないもので、いざ運動するぞ!となっても寒くて、億劫になりますよね。

 

できれば、暖かい部屋でぬくぬくと過ごしていたいところ。

 

なんとか、寒いのを我慢して初めてみても、すぐに色々と言い訳をつけて辞めてしまう。。。

 

そんな風に中々続けるのが難しい人の為に、継続させる方法についていくつかご紹介したいと思います。

 

実践できそうなものがあれば、初めてみてください。

 

10分続けてみる

 

よく有酸素運動は30分以上続けなけれえばならないといいますが、辛ければ、短い時間でも構いません。

 

10分走ったり、歩いたりすることでも、一応効果はありますので、最低でも10分の運動を毎日行うようにしましょう。

 

続ける事で、体も徐々に慣れていき、長い時間走ったり、歩いたりできますので、まずは10分から続けるようにしてみてください。

 

ちなみに、食後に10分だけでも歩いたり、走ったり等の有酸素運動を行うと、体に糖質や脂質を溜めにくくしてくれますので、食後がオススメです。

 

自分の体を写真に撮る

 

運動する前に、まず自分の体を写真に撮ります。

 

特に自分の気になる所を撮るようにして、その写真をよく見るようにしてください。

 

写真で見る事で、自分の事を客観的にとらえる事ができますので、自然となんとかしなくてはと思えると思います。

 

ただ、これは意識の問題になってきますので、写真を見て、なんとも思わないのであれば、効果はありません。

 

寒くて外に出たくなければ室内で

 

どうしても、外は寒くて出たくないのであれば、室内で運動するといいです。

 

室内でできるものと言えば、段差と使った踏み台昇降や、エアロバイク、エアロビクス等ですね。

 

室内なら、外よりは暖かいので、運動しやすいと思います。

 

また、室内でやるなら、暖房は消しておいた方がいいでしょう。

 

脂肪燃焼の効率が上がるのでオススメです。

 

運動した日はカレンダー等に印を

 

人間というのは、目に見えた成果の方が続きやすいものです。

 

運動した日をカレンダーや手帳に印をしていくと、自分は運動したという証拠が残り続けますので、達成感もあり、続けやすくなります。

 

1ヶ月ぐらいやって、印で埋まるのを見ると中々爽快ですよ。

 

体をブルブル震わせる

 

人間は体が冷えると活動的でなくなり、あまり動こうとしなくなります。

 

逆に言えば、体が温まっていると、活動的になりやすいです。

 

体を温めるのに一番簡単で手軽なのが、体をぶるぶると震わせることです。

 

特に作法とかは関係なく、無心で体をぶるぶる震わせてみてください。

 

そうすると、体がポカポカしていき、やる気も出てくると思います。

 

なんだったら、運動をこのブルブルで済ませても問題ないです。

 

これは、冗談ではなく、割と真面目に効くと思っています。

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ