冬になるとうつになる?季節限定で発症する冬季うつ病の原因と対策

 

うつ病にも、色々と種類がありますが、ある季節だけ発症するうつ病も存在します。

 

それは、「冬季うつ病」です。

 

冬季うつ病とは、その名の通り、冬の期間だけうつ病の症状を発症するものです。

 

また、この症状は普段うつ病の症状のない人もなる可能性もあるものだそうです。

 

しかし、なぜ冬だけうつ病になってしまうのか?疑問に思いますよね。

 

ということで、今回は冬季うつ病について調べてみました。

 


 

冬季うつ病とは?

 

冬季うつ病とは、普通のうつ病のように年中発症しているものではなく、冬限定で憂鬱な気分になってしまう季節性情動障害の一つです。

 

冬限定といっても、冬になっていきなりなるわけでなく、秋から冬にかけて少しずつ発症していきます。

 

そして、春から夏にかけて症状が回復していく形となります。

 

秋から冬というと、10月~3月ぐらい期間があるので、一年のうち半分はうつ病になる可能性があるというわけです。

 

冬季うつ病の症状は?

 

基本的には普通のうつ病と似た傾向にあります。

 

代表的なもので言うと、

 

  • 虚無感に包まれる。
  • 自己否定に陥る。
  • 無気力感に襲われる。
  • 睡眠時間を多くとっても、日中眠い
  • 物事に対してや人付き合い等が面倒になる。
  • 外出が辛くなる。
  • 集中力なくなり、注意散漫になる。
  • 糖質を多く取ってしまう。

 

等が挙げられます。

 

冬季うつ病の原因は?

 

日光浴びる機会が少ないのでセロトニンが不足してしまう

 

冬季うつ病の主な原因は、日照不足です。

 

日光を浴びることで、脳内神経伝達物質のひとつである「セロトニン」分泌させます。

 

このセロトニンというのは、精神を安定させる働きをしているので、セロトニンが不足してしまうと、精神が不安定になりやすく、うつ病の原因になったりします。

 

冬は、日照時間が一年を通して一番短くなっているため、日光を浴びる機会が少なくなってしまいます。

 

そうなると、自然とセロトニンが不足していってしまうわけです。

 

ちなみに、曇りの日なんかも、日光を浴びることができなくなり、セロトニンが不足していってしまいます。

 

日照時間が短いせいで、体内時計が狂ってしまう

 

日照時間が短いと、それだけ日光を浴びる機会も少なくなり、目に入る光の量も少なくなってしまいます。

 

そうなると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌のタイミングがおかしくなって、体内時計も狂ってしまいます。

 

体内時計が狂うと、夜眠る為のホルモンであるメラトニンが朝にまだ分泌されていたりして、たくさん寝たのに日中眠くなるといった症状が出てきます。

 

冬季うつになりやすい人

 

20〜30代の女性

 

うつ病自体、女性の方がなりやすい傾向にあり、男女比で1:2なんだそうです。

 

ところが、冬になるとこの割合が2倍近く跳ね上がり、男女比で1:4にもなるんだそうです。

 

雪がよく降る地域に住んでいる

 

冬季うつになりやすい人は、雪国などに住んでいる人も当てはまります。

 

よく雪の降る地域では、日照時間が短いだけでなく、雪のせいで日光を浴びれなくなるので、冬の間日光を浴びるのも、かなり少なくなってしまいます。

 

もしかしたら、両手で数えれる程かもしれません。

 

日本で言えば、北海道や東北、北陸、信州、北関東など、スキー場の多い所ですね。

 

冬季うつ病の対策は?

 

日光を浴びる

 

ほとんどの原因は日光不足にありますので、日光を浴びる事が対策となります。

 

外は寒くて出たくないのはわかりますが、ここは我慢して外にでて太陽を浴びるようにしましょう。

 

日光を浴びることにより、セロトニンを分泌してくれ、精神を安定させるのに役立ってくれます。

 

朝シャワーを浴びて、体を温める

 

冬季うつになると、体内時計が狂っているせいで、朝目覚めるのが困難になってきます。

 

そんな体を目覚めさせるために、朝起きたら、すぐに暖かいシャワーを浴びて体を起こしてあげましょう。

 

そうすることにより、うつ症状をある程度緩和する事ができます。

 

ただ、シャワーを浴びたらすぐに体を拭くようにしないと、風邪を引くので気を付けてください。

 

リズム運動をする。

 

リズム運動をすると、セロトニン分泌量が増えて、うつ症状を抑えてくれます。

 

一定のリズムで行なう運動ならなんでもOKです。

 

ジョギングやウォーキングなども対象ですが、外は寒いので少々辛いかもしれません。

 

そういった運動がちょっと。。。という場合は、家の中でできる、踏み台昇降やエアロビクス等がいいでしょう。

 

ついでにダイエットもできるので、一石二鳥です。

 


 

そういえば、冬になると確かに気分が晴れないというか、なんとなく鬱々とした日が多くなる気がしないでもないですね。

 

寒くて、空も曇っているとなると、余計にそう感じてしまいます。

 

冬季うつ病の期間は秋から冬となっており、もしなってしまえば、半年以上もうつに悩まされることになります。

 

うつになってしまうと、仕事や私生活にもかなり影響が出てきます。

 

寒くて辛いのもわかりますが、そうならないように気を付けましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ