厄年は男女で違う?厄払いしなきゃだめなの?今更聞けない厄年の色々

 

毎年初詣に行く為に、神社によく厄年の張り紙が張られているのをよく見ると思います。

 

ある年齢に達すると不幸や災難が起こるとして、設定されていますが、自分が厄年だった時は結構へこむところではあります。

 

ちなみに、皆さんは厄年がいつかはちゃんと把握していますでしょうか?

 

厄年の年齢をしっかり把握していれば、ある程度の心構えができて、慎重になれますので、大きな被害がなくて済みます。

 

ということで、今回は厄年について調べてみました。

 


 

厄年とは?

 

厄年というのは、ある年齢に達する事によって、不幸や災難が降りかかる歳で、陰陽道に基づいて平安時代から始まった風習です。

 

この厄年にあたる年齢に達すると、体調面や精神面、社会生活等になにかしらの影響を及ぼす年となり、注意が必要と言われています。

 

まら、厄年は「前厄」「本厄」「後厄」と三つ存在しています。

 

それぞれの意味としては

  1. 厄年の前の年が前厄で、厄の前兆が現れる
  2. 厄年に当たる年が本厄で、様々な災難や不幸が訪れる
  3. 厄年の次の年が後厄、前年の厄が少しずつ薄まっていく

 

とされており、厄年の前後合わせて3年間は警戒しなければならないとされています。

 

また、厄年の中でも大厄という厄の最上級みたいなものが存在しており、男女共に人生で1回はやってきます。

 

厄年はいつ?

 

厄年は男女で違っており、女性に至っては人生で4回も訪れます。

 

男女での厄年はそれぞれ以下のような年齢になっています。

 

  • 男性:25歳・42歳・61歳
  • 女性:19歳・33歳・37歳・61歳

 

また、厄年の数え方は数え年で数えます。

 

一般的に生まれた時0歳で数えるのですが、数え年は生まれた時は1歳と数えるので、自分の現在の年齢+1歳で数えます。

 

なので、0歳スタートで考えると、

  • 男性:24歳・41歳・60歳
  • 女性:18歳・32歳・36歳・60歳

 

となります。

 

ちなみに、大厄は男性で42歳、女性で32歳とされています。

 

また早生まれの人は、年齢ではなく、自分の生まれを目安にして考えてください。

 

なので、4〜12月生まれの人と、1〜3月生まれの人では、生まれた年が違うので、同学年であっても早生まれの人は1年ずれることになります。

 

大厄って?

 

大厄とは厄年の中でも、最も気をつけなければならない年の事です。

 

男性の場合は42歳で、女性の場合は33歳の年にやってきます。

 

なぜこの年なのかというと、昔から言われてきたのが、

 

  • 42歳→「死に」
  • 33歳→「散々」

 

とかけらるから何だそうです。

 

なんか、適当に考えてそうな感じはしますが、それ以外でこの年齢設定は根拠があるようです。

 

男性で42歳というと仕事で社会的責任が大きくなる立場になる人が多く、それに対する多大なストレスや、肉体的疲労もピークに達する年といえます。

 

女性で33歳というのは子育てに忙しい時期がこの年齢という人が多く、男性の大厄同様に精神的にも肉体的にも疲弊していく年といえます。

 

科学的根拠はまったくありませんが、なんとなく納得できる年齢設定ですね。

 

厄払いのタイミング

 

厄年の厄を払うために、神社などで厄払いを行なっています。

 

厄払いは基本的に、年始から立春(2月4日頃)までに行なうのがいいとされています。

 

ただ、この時期を過ぎたからといって、もう厄は払えないというわけではなく、神社仏閣によっては年中厄払いをしてくれる所もあるので、どうしてもこの時期にいけなければ、自分のタイミングで行くのもいいでしょう。

 

また、厄払いは前厄・本厄・後厄のそれぞれに行った方がいいとされており、厄年が終わったあとも、厄払いした所にお礼参りするのが言いとされています。

 

神様にお願いだけして、お礼もしないのは神様もいい気分はしないですもんね。

 

厄払いの相場

 

厄払いの相場は3000円〜10000円程とされています。

 

神社によっては金額が掲示されてるところが多いので、それに合わせた金額を払うといいでしょう。

 

また、金額が掲示されておらず、問い合わせても「お気持ちで」といわれる場合もあります。

 

そういう場合は5000円程であれば、失礼にならないです。

 


 

厄年は若干迷信じみたところもありますが、実際厄年の時にあまりいいことがないという人が多く、私も結構信じています。

 

厄年だからといって、必ずしも悪いことが起きるわけではないですが、念には念を入れて、気をつけておいた方がいいですよ

 

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ