洗濯物を干すときの裏技やコツは?日常で使いたい洗濯物を干す方法

 

洗濯というのは、洗濯機に入れて終わりだけでなく、干す工程も待っています。

 

洗濯物を干す時というのは、洗濯物の形状等に合わせて干し方が変わってきますし、天候や時期によって乾く時間も変わったり、部屋で干さなければならなかったりと、中々苦労する作業です。

 

正直私は、これが一番面倒なものだと思っています。

 

そんな洗濯物を干す為に何かコツとか裏技みたいなものがあれば、家事もスムーズに行くんじゃないかと思います。

 

という事で、今回は洗濯物を干す方法について色々と調べてみました。

 

備忘録としてご覧いただければ幸いです。

 


 

洗濯が終わったらすぐに干す

 

基本的には洗濯が終わったらすぐに干さないといけません。

 

なぜなら、洗濯が終わって後は、脱水したとはいえ、中の湿度はかなり高く、雑菌が繁殖しやすいからです。

 

そうした雑菌が臭いの原因になるので、すぐに干す必要があります。

 

すぐに干せない時は?

 

仕事や用事等の都合でどうしても干す時間がとれず、すぐに干せない時があると思います。

 

そういう場合は洗濯機を回して、脱水せずに水につけておいたままにします。

 

そして干す時間が取れたら、最後に脱水してから干せば、臭いもつかずに済むので、洗濯して脱水した後放置するよりは、この方法をとった方がいいでしょう。

 

一人暮らしなら、夜洗濯して、脱水せずに水につけておき、朝に脱水して干せば、スムーズに事が運びますので、特におすすめです。

 

干すときの間隔は拳一個分が理想

 

ハンガーをかけて干すときは、なるべく間隔を開けて干したほうが風通しもよくなって、早く乾きます。

 

なるべくなら拳一個分開けるようにするといいそうです。

 

ハンガーは出来れば太めのものを

 

干す際のハンガーはなるべく太めのものを選ぶようにしましょう。

 

太めのものだと、中に空気が入りやすく、早く乾燥する為です。

 

Tシャツや襟付きのシャツなんかは特に太めのハンガーを使用した方がいいです。

 

ジーンズやズボンは裏返しで干す

 

ジーンズやズボンは表のままで干すと、裏側のポケットが渇くのに時間がかかってしまいます。

 

なので、表のままでなく、裏返しにして干すようにするとポケットまで乾きやすくなります。

 

また、干すときもピンチハンガーを使って、筒状にして干すと全体に空気が入りやすいので、乾きも早くなります。

 

ピンチハンガーは内側が短いもの

 

ピンチハンガーを使って、タオルや靴下を干すときは、内側が短いもの、外側が長いものというように、アーチ状にしてあげると早く乾燥します。

 

なので、外側がタオルから始まり、内側を靴下にするといった具合に外からだんだん短いものを干していくといいですよ。

 

シーツ等の大きいものは三角にして干す

 

シーツ等の大きいものは、ベランダや物干し竿にそのままかけるより、三角にして干すと、水分が一点に集中して、乾燥も早くなるそうです。

 

三角ではなく、斜めに干しても、水分が一点に集中するので、この方法でもOKです。

 

カーテンはそのままかける

 

カーテンを洗った際は、ベランダに干さずにそのままカーテンレールにかけてしまいましょう。

 

そうする事によって、水分の重みによってシワが取れて、きれいに干せます。

 

部屋干しの気になる臭いの対処法

 

天候によってはどうしても部屋干しなければならない時があります。

 

しかし、部屋干しすると嫌な臭いが残りやすいですよね。

 

そんな時は、洗濯の際に水ではなくぬるま湯を使用します。

 

さらに、ここでお酢(大さじ2杯ぐらい)を使うと、お酢の殺菌効果によって、臭いの元の雑菌を取り除いて、嫌な臭いもなくなり、部屋干しするときに臭いを防いでくれます。

 

ストッキングを干すときの工夫

 

ストッキングを干すときに洗濯バサミ等が引っかかって、電線してしまう事もあるようです。

 

そんな時は、洗濯バサミの挟むところに絆創膏を貼ります。

 

張る時は挟む側に絆創膏のガーゼが来るようにします。

 

そうすると、挟む際に絆創膏のガーゼとなっている部分がクッション替わりになって、引っかかるのを防いでくれます。

 

また、この方法だとクッションのおかげで後が残りにくい利点もあるので、めんどくさくなければ、ピンチハンガーに全部貼ってもいいかもしれませんね。

 


 

干し方も色々な工夫をすることで、随分と違うみたいですね。

 

私は結構適当に干していたのですが、実はあまりよくなかったのかもしれませんね。

 

以降は気を付けていきたいと思います。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ