クレジットカードはVISA?MASTER?何を選ぶのがいいの?

 

クレジットカードを発行するときに、決済機能を選ぶ項目として、「VISA」や「MASTER」といったものがあります。

 

「VISA」や「MASTER」というのは当ブログでもご紹介していますが、国際ブランドと呼ばれており、24時間世界中どこでも利用可能な決済システムを提供している会社です。

 

大体は「VISA」「MASTER」「JCB」のどれにするかを選択しますが、正直どこがいいかわからない所があります。

 

という事で、「VISA」「MASTER」等の各会社の特徴とおすすめの会社を調べてみました。

 


 

7大国際ブランド

 

国際ブランドは「VISA」「MASTER」「JCB」「AmericanExpress」「Diners Club」の5つ存在しており、これらの会社を5大国際ブランドと言われています。

 

さらに、上記以外にも「中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)」「Discover」という会社も存在しており、この二つも加えて7大国際ブランドと言われています。

 

 

国際ブランドのそれぞれの特徴

 

すべて決済システムを取り扱っている会社ではありますが、それぞれ違った特徴をもっており、サービス等も各社様々なになっています。

 

では、それぞれどんな特徴をもっているのか、簡単にご紹介したいと思います。

 

VISA

 

「VISA」はなによりも利便性を重視しており、国際ブランドの中で一番使いやすいと言われています。

 

理由としては、使える国や地域の多さ、加盟店の多さが挙げられ、その他の国際ブランドの中でも群を抜いています。

 

国内外問わず、様々な場面で使えるのはかなりのメリットだと思います。

 

ちなみに、国際ブランドの中で、独自でクレジットカードを発行(プロパーカード)をしている所がありますが、VISAに至っては、自社のクレジットカードは発行しておらず、決済システムのみ提供しています。

 

MASTER

 

こちらも「VISA」同様に利便性を重視しており、「VISA」の次に使いやすいと言われているそうです。

 

元々「Euro Card」と提携していたので、昔からヨーロッパを中心に加盟店や利用できる所が多く、ヨーロッパでショッピングしたり、旅行したりするのなら、「MASTER」が無難と言われていました。

 

ただ、今となっては世界中で使える所が多いので、「VISA」と同様に決済においてはかなり使いやすいカードです。

 

また、こちらも「VISA」同様に自社でのクレジットカードは発行しておらず、決済システムのみ提供しいます。

 

JCB

 

「JCB」は日本の国際ブランドです。

 

日本での国際ブランドだけあってか、日本での加盟店、ポイントの還元率は一番高いそうです。

 

しかし、国外だと、加盟店や使える国や地域も少なくなってきますので、海外旅行での利用は不向きです。

 

ただ、日本人が良く訪れるといった場所等は使える所が多くなってきます。

 

アジア(特に韓国、中国、台湾、シンガポール)やハワイ、グアムなんかは日本人観光客も多いので、「JCB」が使える所も多いです。

 

また、「JCB」は自社でもクレジットカードを発行しています。

 

これをプロパーカードと言います。

 

自社での発行となると、カード会社等の中間マージンがなくなり、自社直接利益がでるので、その分利用者へのサービスがかなり手厚くなっています。

 

さらには、プロパーカードを持っていると社会的ステータスが高いと言われてるのですが、カードを発行する為の審査が厳しかったりするので、だれでも持てるわけではありません。

 

また、JCBはポイントやマイルが通常のクレジットカードよりも貯まりやすいかったり、受けられる保証も多かったりするので、ステータスより、サービスでのメリットが高いとされています。

 

AmericanExpress

 

アメックス等の呼び方で、知られる「AmericanExpress」はステータスの高さがトップクラスのカードとなっています。

 

「AmericanExpress」も「JCB」と同様にプロパーカードを発行しているのですが、「AmericanExpress」はランクによっては審査が厳しく、年会費が通常のクレジットカードより高くなっています。

 

この年会費が高いが故に「ステータスの高いクレジットカード」と認知されているので、社会的地位に特に興味のない方は、あまり縁のないカードかもしれません。

 

ちなみに一番高いランクであるブラックは年会費32万もするんだとか。。。

 

その高い年会費のせいか、噂では、ブラックカードで戦車が買えるそうですよ。

 

それだけ、ブラックカードを持つ人というのは、「AmericanExpress」からかなりの信用を得ているという事になります。

 

Diners Club

 

「Diners Club」は世界で最もステータスの高いカードと言われており、「AmericanExpress」をも凌ぐものなんだとか。

 

なぜ、そんなにステータスが高いのかと言うと、一番下のランクでも普通のクレジットカードのゴールドカード並に年会費が必要となっており、加えて審査もゴールドカード並に高いんだそうです。

 

その審査の高さと年会費の高さ故に持てる人は多くなく、持てる人はそれだけ社会的地位の高い人になるというわけですね。

 

「Diners Club」は「JCB」と提携しているので、「JCB」が使える店舗ならどこでも利用できます。

 

なので、日本では結構使いやすいカードとなっています。

 

また、アメリカやカナダでは、「MASTER」と提携しているそうなので、「JCB」同様に「MASTER」を利用できる店舗なら使う事が可能です。

 

銀聯(ぎんれん)

 

こちらは中国発の国際ブランドで、中国で特によく使えるカードです。

 

「中国銀聯」はクレジットカードというより、デビットカードとなっており、銀行口座に入金されている分だけ使えるようになっています。

 

中国では他の国際ブランドよりも、圧倒的に使いやすくなっていますので、中国への旅行や留学するときに利用すると便利です。

 

Discover

 

「Discover」はアメリカの百貨店「シアーズ」が誕生させたブランドで、主にアメリカで使われています。

 

シアーズが作っただけあって、シアーズでのショッピングはポイント・マイルの還元率は非常に高いです。

 

ですが、日本にシアーズはなく、買い物しようにも現地までいかないといけません。

 

なので、我々日本人にとっては使える場面が圧倒的に少ないので、日本人が持つメリットはないに等しいです。

 

普通にクレジットカードを持つなら、VISAかMASTER

 

特にステータスやサービスが欲しいわけでもないなら、「VISA」や「MASTER」にするのがおすすめです。

 

「VISA」や「MASTER」は圧倒的に使える所が多く、いざ海外旅行に行くとなっても使える可能性がかなり高いので、「VISA」や「MASTER」で困ることはまずないんじゃないでしょうか。

 

ちなみに私は「VISA」を使っています。

 


 

クレジットカードの国際ブランドも各社で色々特徴がありますね。

 

もし、決済システムをどれに悩んでいるなら、一度参考にしてみてください。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ