厄年の男性がしてはいけない事はなに?厄年の男性が注意すべき点

 

男女共に、人生に何回かは厄年がやってきます。

 

毎年毎年、自分が厄年なのかびくびくしながら、神社で確認している人は少なからずいるんじゃないでしょうか。

 

しかし、厄年になったからと言って、実際どのように過ごせばいいのか?特に、何をしてはいけないのかが気になる所ですね。

 

ということで、今回は男性が厄年の時にやってはいけない事について調べてみました。

 


 

男性の厄年は人生で3回来る

 

男性の厄年は人生のうちに3回訪れ、25歳、42歳、61歳に訪れると言われています。

 

女性は厄年は4回来るのに対し、男性の場合は3回となっており、少々女性の方が可愛そうな気もしますね。

 

また、女性も男性も大厄という、厄年の中で一番気を付けなければならない厄年があります。

 

男性の場合の大厄は42歳となっているので、42歳の前後3年間(41〜43歳)のうちは、人生の中で一番気を付けなければなりません。

 

男性が厄年の時にしてはいけないこと

 

厄年というのは、男女共に、基本的に新しい事をしてはいかないとされています。

 

特に、転職・引っ越し・家を建てたり、家のリフォーム・結婚等は控えておいた方がいいでしょう。

 

上記の事柄について、女性は厄年が30代に集中しており、30代といえば人生の軌道に乗り始める頃なので、難しいかもしれませんが、男性の場合は働き盛りの27~40歳までは、厄年はやってこないので、比較的上記の項目については問題なさそうですね。

 

ですが、男性は一家の稼ぎ頭となる人なので、結婚して、子供もある程度育って、さあこれからというときに大厄がやってくるので、上記項目以外に、以下事柄について気を付けていただきたいです。

 

無理をせず、休める時に休む

 

男性は一家の稼ぎ頭である人も多く、体調を崩してしまうとそれだけで、家族を養えない可能性が出てきます。

 

特に42歳の大厄の時に、今までの仕事や生活で積み重なってきたものが、一気に来たりして、大きな病気になる可能性もでてきますので、なるべく無理をせず、休息をとれる時にしっかりと休みましょう。

 

ストレスを溜めない

 

男性で25歳と言えば、新入社員から少しずつ仕事に慣れて、責任ある仕事を任され出す時です。

 

初めて責任ある仕事を任されるのは、人によってはプレッシャーを感じてしまい、かなりのストレスが来ると思います。

 

また、大厄である42歳は、部下の責任を背負う立場の人も多く、責任ある仕事も若手よりかなりあると思います。

 

それに加え、家族の問題も抱えてくるので、ストレスはかなりのものです。

 

ストレスは、最悪鬱になる原因にもなりますので、ストレスを感じてもため込まないのが一番いいです。

 

なので、休みの日はしっかり休み、仕事の合間や帰宅後にでも、ストレス解消法があるなら、ちょくちょく行って、ストレスを溜めない工夫をしていきましょう。

 

男性の大厄は身内の不幸が起きやすい?

 

男性の大厄は42歳です。

 

この年齢というのは、親や親戚の人が高齢になってきていますので、自分自身の災難よりも、周りの人に起こる事が多く思います。

 

これは、あくまで私の見解ですが、私の知り合いの人で、大厄の方はほとんどの人が親や親戚の人を寿命や病気で亡くされています。

 

なので、自分自身ではなく、親や親戚の人で高齢の方がいらっしゃるなら、気にかけておいた方がいいんじゃないでしょうか?

 

家を出て、そこまで親御さんにお会いされていないようでしたら、なるべく会っておいた方がいいかもしれませんよ。

 

厄年だからといって、ビクビクしない。

 

一番ダメなのは厄年だからといって、怯えてしまって、何もしなくなることです。

 

厄年はあくまでも、悪い事が起きやすいという事であり、必ずしも災厄が起こるというわけではありません。

 

「厄年だから何もできない」ではなく、「厄年だから、慎重にやって行こう」という前向きさが大事です。

 

不安があるなら厄払いがオススメ

 

どうしても不安だというならば、神社やお寺で厄払いをしてもらえるので、厄払いを受けるのもいいでしょう。

 

厄払いの期間は基本的に年始から節分の日の前日までとなっており、この間にしておくのが一般的です。

 

ですが、年中やってる所もあるので、一度問い合わせてみてください。

 

また、料金は大体3,000円〜10,000円が相場となっています。

 

ただ、値段設定がない所もあり、一度聞いてみて「お気持ちで」と言われたら、5,000円ぐらい支払えば失礼に当たらないので、大丈夫です。

 


 

厄年なんて所詮迷信と思う人もいるかもしれませんが、年齢設定は割と納得できる年なので、気を付けるに越したことはないでしょう。

 

男性は特に家族を引っ張っていかなければならない事が多く、病気や怪我等を起こせば元も子もないので、特に注意すべきかもしれませんね。

 

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ