スマホがあなたを老眼にする!?近年増え続けているスマホ老眼とは?

 

今や一人一台は持っているんじゃないかと思う程、スマートフォンの普及率が高くなっていっています。

 

子供から大人まで、あらゆる層の人達が所有し、生活を便利且つ豊かにしてくれているスマホ。

 

しかし、このスマホが原因で、老眼が増えているのをご存知でしょうか?

 

老眼と聞けば、年齢が高い人がなるイメージですが、このスマホのせいで、若い人も老眼になってしまっているそうです。

 

若い内から老眼って恐ろしいですね。。。

 

しかし、なぜスマホが原因で老眼になるのか?

 

今回は近年問題になっている、スマホ老眼について調べてみました。

 


スマホでなぜ老眼に?

 

老眼というのは、目のピント調節をしてくれる水晶体が、年齢と共にかたくなって、水晶体の厚さの変化ができなくなり、近くのもののピント調節ができなくなってしまう事です。

 

本来なら、40歳前後から始まると言われ、このぐらいの年になると老眼鏡を付け始めていきます。

 

つまり、目が老化していってしまう事を老眼といいます。

 

しかし、スマホの普及により、この老眼に似た症状の人が増えていっているとのことです。

 

スマホによって老眼になってしまう原因は、以下の原因が考えられます。

 

スマホによる老眼の原因① ~ 目と画面の位置が近い ~

 

よく「テレビを見るときは部屋を明るくして離れて見てね」なんて事をよく言われていますが、スマホを操作する際は離れて見るなんてできません。

 

スマホを操作するときは、目との距離は大体30cm前後なので、テレビやパソコンのモニターと同じぐらいの距離を話してみる人なんて、あまりいないでしょう。

 

つまり、日常でテレビやモニターを近距離でずっと見ている為、目が必要以上に酷使され、老眼と似た症状に陥ってしまうというわけです。

 

それに、小さい画面の中の細々とした動きをずっと目でおっている形になりますので、スマホはより一層目を疲れさせ、老眼に近づけるものとなります。

 

スマホによる老眼の原因② ~ 長時間の使用 ~

 

スマホはどこでも持ち運べる便利なアイテムです。

 

通学や通勤の電車はもちろん、仕事等の休憩中、帰りの電車、帰宅後、就寝前等、空いている時間はほぼスマホを操作しているでしょう。

 

これでは、ほぼ近い物を見続けていることになり、ピント調節もうまくいかなくなってしまいます。

 

スマホによる老眼の原因③ ~ ブルーライト ~

 

スマホや液晶テレビ、パソコンのモニター等、LEDを使用しているものは、「ブルーライト」と言われるとても強くて青い光を放ちます。

 

このブルーライトというものは波長が短く、紫外線と同じぐらいの強いエネルギーをもつ光です。

 

なので、老眼には直接的な原因はありませんが、目には悪影響を及ぼす為、老眼に拍車をかける可能性があります。

 

スマホ老眼を防ぐには?

 

スマホは20代から30代の若い世代でよく使われていますが、若い内から老眼って嫌ですよね。

 

じゃあ、「老眼になりたくなかったら、スマホやめればいいじゃない。電話とメールさえできれば、ガラケーでいいでしょ!」と言えばそれまでなんですが、現代ではスマホはもはやなくてはならないものとなっており、スマホを持たないというのはかなり厳しいでしょう。

 

「スマホを利用しつつも、老眼にならないようにする。」

 

これが、現代の人向けの、スマホ老眼の対策だと思います。

 

というこで、スマホ老眼を防ぐためにどうすればいいのか?を調べてみました。

 

スマホ老眼を防ぐ方法① ~ 40~50cmは離してみる ~

 

近距離で細々した動きを見続けるのは、想像以上に目に負担となります。

 

なので、「1m離して見ろ!」とまではいきませんが、50cm程は離して使用したいところです。

 

50cmというのは、2Lや1.5Lのペットボトルの高さが大体30cm程で、500mlが大体20cmなので、この二つが重なったぐらい離すのがいいでしょう。(あくまで目安です)

 

さすがにそこまではという方は、40cm(500mlのペット2個分ぐらい)は頑張っていただきたい所です。

 

スマホ老眼を防ぐ方法② ~ 長時間の使用は極力しない ~

 

授業中、仕事中等以外はほぼスマホを触っている状態なので、スマホの利用時間は結構なものです。

 

おおよそではありますが、一日平均6時間は使用しているのだとか。

 

人によっては15時間以上は触っているのだそうです。

 

さすがにここまで長いと目の負担もかなりのものなので、長時間は使用しないのが一番いいでしょう。

 

せめて通勤・通学の電車や、帰りの電車等はスマホの画面が近くなり気味になるので、この間だけでも使用しない方がいいかもしれません。

 

スマホ老眼を防ぐ方法③ ~ 目を休ませる ~

 

どうしても長時間使用してしまう!なんて人は、適度に目を休ませる為の休憩を挟むようにしましょう。

 

休憩中にスマホいじって休憩させるというのは、これいかに・・・・

 

話は戻って・・・。目安としては、1時間に一回は目を休めるようにしましょう。

 

その際に目を温めてあげたり、10分程ぼーっと遠くを見たり、10分程目を瞑る等してあげるといいですよ。

 

スマホ老眼を防ぐ方法④ ~ ブルーライトカットのメガネやフィルムを使う ~

 

ブルーライトは人間に色々と悪影響を及ぼすそうですが、このブルーライトをある程度カットしてくれるアイテムが色々と発売されています。

 

代表的な物でいえば、メガネであったり、画面につけるフィルムであったりですね。

 

ただ、カット率は高ければ高いほど、画面が暗くなる印象がありますので、人によっては少々普段より見にくいなんて人も出てくると思います。

 

私は仕事中はELECOMのブルーライト50%カット(だったはず)のメガネを使用していますが、結構景色が暗く感じます。

 

ただ、目の疲れはこのメガネを使う前から、少なく感じましたので、目の疲れが気になる方は、使った方がいいですよ。

 


 

「何かを得ようとするには何かを犠牲にしなければならない」なんてよく聞きますが、文明の利器を得た事により、人間の一部をささげなければならないとは、なんとも皮肉なもんですね。

 

まあ、詩人的な意見はさておき、、、今や電車の中はスマホ&スマホアーンドスマホです。

 

ちょっと前までは、本を読んでいた人が多かったのが、スマホばかりになってしまいました。

 

しかも、みんなかなり近い距離で見ています。(私もです。。。)

 

こりゃ老眼が増えるの仕方ありませんね。

 

しかし、若い内から老眼なんてあまりいいものではありませんので、普段から目をいたわってあげないとダメですね。

 

私も気を付けたいと思います。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ