VISAやMASTERの違いは?今更聞けないクレジットカードの知識

 

皆さんはクレジットカードは使っていますか?

 

手元にお金がなくても、買い物ができる便利なカードで、私もよく使っていまし、ほとんどの人が一枚はもっているんじゃないかと思います。

 

ところで、私社会人でありながら、クレジットカードについて、よくわかっていない点があります。

 

クレジットカードには必ず「VISA」や「MASTER」や「JCB」といった記載がされているのですが、これの意味が良くわかっていません。

 

私は楽天のカードを使っているのですが、カードには「VISA」となっています。

 

ですが、他の人は「JCB」であったり、「MASTER」であったり、はたまた他のものであったりとバラバラになっています。

 

これは一体どういう事なのでしょうか?

 

という事で、今回はクレジットカードに記載されている「VISA」や「MASTER」等の違いについて調べてみました。

 


 

「VISA」「MASTER」「JCB」ってなに?

 

クレジットカードによく記載されている「VISA」「MASTER」「JCB」等は、店頭やネットショップ等で、買い物をする際に、カードでの支払いの決済機能を提供している会社の事をさします。

 

つまり、「VISA」という記載があれば、「VISA」の会社の決済機能を使用してますよ!という意味になります。

 

「VISA」「MASTER」「JCB」以外にも「AmericanExpress(アメリカンエキスプレス)」「Diners Club(ダイナースクラブ)」があり、これら5つの会社を合わせて5大国際ブランドなんて呼ばれていたりします。

 

この5大国際ブランド以外にも「中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)」、「Discover」という会社も存在しており、この2つの会社も併せて7大国際ブランドと言われているそうです。

 

国際ブランドってなに?

 

国際ブランドというのは、24時間世界中、いつでもどこででも利用が可能な決済システムを提供している会社の事を指します。

 

先ほど述べた、「VISA」「MASTER」「JCB」「AmericanExpress」「Diners Club」の5大国際ブランドに加えて、「中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)」「Discover」がそれにあたるわけですね。

 

また、国際ブランドには多く二つに分けられます。

 

一つは決済機能の利便性をとことん追求した「決済カードブランド」で、「VISA」「MASTER」がこれに当たります。

 

もう一つは、旅行先での保険やサポートデスクなど、会員向けのサービスやサポートを重視した「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」で、「JCB」「AmericanExpress」「Diners Club」がこれに当たります。

 

ちなみに、会員数や加盟店が最も多いのが「VISA」「MASTER」となっていて、国内外問わずに様々な場面で活躍してくれます。

 

「VISA」「MASTER」はクレジットカードを発行していない

 

「VISA」「MASTER」はクレジットカードを発行しておらず、決済システムの提供のみとなっています。

 

しかし、「JCB」「AmericanExpress」「Diners Club」等は決済システムの提供だけでなく、独自にクレジットカードを発行しています。

 

これらのカードを「プロパーカード」と呼ばれており、他のカード等に比べて、社会的ステータスや各社サービス性が高くなっているカードです。

 

特に「Diners Club」のカードが世界で最も高いステータスを持つ国際ブランドで、普通のカードでも、ゴールドカード並の年会費と審査が必要になるんだとか。。。

 

クレジットカードの発行の流れ

 

クレジットカードが発行するときは、基本的に二つの会社が出てきます。

 

一つは発行会社でそのカード自体を発行する会社になります。

 

英語で発行人という意味のイシュアとも言われているそうです。

 

クレジットカードはこの発行会社が決めているので、決済機能を提供している国際ブランドによるサービスの影響は小さくなってしまいます。

 

もう一つは、決済機能を提供している国際ブランドで、「VISA」「MASTER」「JCB」「AmericanExpress」「Diners Club」等のいづれかの国際ブランドのマークが表記される形となります。

 

例えば、発行する会社がセゾンで、国際ブランドが「JCB」の場合は、「提携カード」と呼ばれ、ほとんどのサービスはセゾンが提供する形となります。

 

逆に発行会社が「JCB」等の国際ブランドなら、決済機能もその会社となり、その国際ブランドのサービスを受ける事が可能になります。

 

提携カードとプロパーカードの違い

 

提携カードとプロパーカードの違いはサービスの違いです。

 

プロパーカードはの場合は、保険やサービスがかなり充実しており、社会的ステータスもかなり高いものとなります。

 

提携カードの場合はどちらかと言うと、買い物がお得になるよなサービスが多く、庶民派なカードとなります。

 


 

今まで、普通にクレジットカードを使っていましたが、クレジットカードの基本的知識なんて初めて知りました。

 

結構長い事生きてきましたが、なんか情けないですねww

 

私もいつかはプロパーカードを手に入れたいです。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ