カラオケでもダイエット効果あり?カラオケで楽しく綺麗に痩せよう!

 

会社の仲間や友人等の集まり等にほとんどの人がカラオケで盛り上がっていると思います。

 

音楽というのは気分を盛り上げてくれますので、カラオケはまさに飲み会等には欠かせないものとなっているでしょう。

 

ところで、カラオケで歌っている時によく消費カロリーが表示されていますよね。

 

ただ歌っているだけなのに、カロリーって消費するものなの?と疑問に思う所です。

 

でも、本当にカロリーが減っているのであれば、ダイエットに使えるのではないでしょうか?

 

という事で、今回はカラオケはダイエットに効果的なのかを調べてみました。

 


 

カラオケダイエットの効果は?

 

カラオケというのは、意外と体力を使うもんで、実は結構カロリーを消費しています。

 

では、実際にどれだけのカロリーを消費しているのか?また、カラオケダイエットにはどんな効果があるのか?

 

一つずつ見ていきたいと思います。

カラオケでの消費カロリー

 

カラオケでの消費カロリーは1曲につき大体で7~15kcal程で、1曲に対してのカロリー消費はそこまで多くありません。

 

また、曲によっても大きく左右され、カロリー消費が多いもので20kcalは消費するそうです。

 

1曲の消費カロリーが大体10kcalとして、1時間歌うとします。

 

1曲が大体4~5分ですから、1時間でおよそ11曲ぐらいですかね。

 

そこから消費カロリーを見ると1時間で110kcal程になります。

 

低いですね。。。。

 

ちなみに体重50kgの人が10kg走った時に消費するカロリーは約500kcal。

 

10kgの距離をゆっくり走っても1時間超えるぐらいで到達すると思いますので、走った方が圧倒的に効率的と言えますね。

 

カラオケで腹筋を鍛えれる

 

カラオケを消費カロリーだけでみてしまうと、大したことなさそうですが、歌い方によっては全身の痩身効果が期待できるのだそうです。

 

その歌い方というのは、腹筋を使って歌う方法です。

 

腹式呼吸とか耳にしたことないでしょうか。

 

おそらく、中学校とかで音楽の授業で習うと思うのですが、胸で息を吸うのではなく、お腹で息をする呼吸法です。

 

違いが判らんという人は、大きく息をするときに、お腹を膨らませるイメージで息を吸い、お腹をへこますイメージで息を吐くとわかりやすいかもです。

 

これを応用して、歌う時は腹筋を意識して力を入れると、消費カロリーも上がります。

 

さらに、腹筋を意識することで、普段使わないインナーマッスルが使われ、腹筋を鍛える事できます。

 

筋肉がつけば、太りにくい体になりますので、消費カロリーが低くても、長い目でみればダイエットに繋がる事になります。

 

ストレス解消で過食を防ぐ

 

カラオケはストレス解消にかなりの効果があります。

 

よくストレス解消の為に暴飲暴食をしてしまう人もいるようですが、ストレス解消法をカラオケに変更すれば、ストレス解消も出来てダイエットもできるのです。

 

まさに一石二鳥ですね。
 

カラオケダイエットはメインではなくサブ

 

カラオケは腹筋部分のインナーマッスル強化や、ストレス解消など、メリットはありますが、消費カロリーだけみるとどうしても少ないイメージがある為、メインとしてやるのは難しいかもしれません。

 

ですが、メインで行っているダイエットで、どうしてもうまくいかなくなった時のストレス解消に、カラオケダイエットを用いると、ダイエットの成功率も上がってくると思います。

 

ストレスが溜まるとどうしても過食に陥りがちですが、カラオケならストレス解消+カロリー消費が期待できるので、リバウンドすることなくダイエットをすることができます。

 

カラオケダイエットを効率良くするためには?

 

歌う曲は時間が長い曲を選ぶ

 

短い曲だと、その分カロリー消費も少なくなるので、できるだけ長い時間の歌を選曲するのがオススメです。

 

また、音符の長さが長い歌もカロリー消費が期待できます。

 

例えば、コブクロの「桜」とか、いきものがかりの「ありがとう」とかですかね。

 

MISIAの「Everything」もカラオケダイエットの定番なんだとか。

 

個人的にオススメなのは、ACIDMANの「波、白く」です。

 

サビの部分と大サビは軽く酸欠を起こせます。

 

しかし、カラオケで歌うとカロリー消費が意外と少ない。。。絶対嘘だ!
 

振付けも一緒にしてみる

 

中々ハードルが高いですが、歌うだけでなく、体も一緒に動かすと消費カロリーも上がるので、カロリーをもっと消費したいという方はやってみてもいいでしょう。

 

みんなでやると、カロリー消費だけでなく、盛り上がりも期待できますので、いいかもしれませんね。
 

飲み物と食べ物に気を付ける

 

カラオケにつきものなのが、飲み物と食べ物です。

 

ついついポテトやジュースを頼んでしまいがちですが、ここはグッとこらえて別の物を頼みましょう。

 

飲み物でしたら、水やお茶等の糖質ゼロでノンカロリーなものがオススメです。

 

食べ物は、カラオケは基本糖質満載のメニューが多いので基本は頼まない方がいいです。

 

どうしてもというのであれば、肉系ならタンパク質がとれるので、そちらを注文してください。

 


 

カラオケはみんなでするイメージが強いですが、最近では一人カラオケをする人も増えてきて、一人カラオケ専用のカラオケボックスもあるぐらいです。

 

一人カラオケ専用のカラオケボックスがあるなら、自分のタイミングで行くことができますので、ダイエット中のストレス解消にいいかもしれませんね。

 

私も歌うのは好きなので、今度ダイエット目的で行ってみようかなと思います。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ