友達や同僚がうつ病になった時どうすればいい?うつ病の人に対しての対応方法

 

社会問題にもなっているうつ病は日に日に患者数を増やし、いつあなたの家族や友達や同僚がなってもおかしくない世の中になっています。

 

もしそうなったとき、どんな対応をすればいいでしょうか。

 

うつ病の人はとてもデリケートな病気なので、対応の仕方を間違えると大変な事になってしまいます。

 

という事で、今回はうつ病の人に対しての対応方法について調べてみました。

 


 

うつ病の人への対応

 

あなたの身近な友人や同僚、家族が過度のストレス等により、うつ病になってしまうというのは、とても心苦しいものです。

 

そんな状態になった友人や同僚、家族をなんとかして助けてあげたいと思うかもしれません。

 

しかし、ほとんどの人は落ち込んでいる姿をみて、励ましやアドバイス、叱咤激励等を行うかと思いますが、これは返って逆効果になります。

 

まずは、相手がうつ病という事を理解し、適切な対応をする必要があります。

 

具体的な対応としては、以下が挙げられます。

 

うつ病という病気を理解し、受け入れる

 

まずは、「うつ病とは病気なのだ」と理解する必要があります。

 

うつ病は、通常の人から見たら、「怠け者」だとか「甘えてる」等と思ってしまいますが、これは間違いです。

 

もし仮に、あなたが見た目では見えない膝の関節を痛めていて、歩く事が困難であり、誰かに助けを求めなければならないという時、それを「甘えている」や「本当は怠けたいだけじゃないの?」等と思われていたらどうでしょうか?

 

恐らくいい思いをしないはずです。

 

それにうつ病の人は精神が不安定な状態なので、普通の人とは違い精神の落ち込みが激しいので、言葉でそういう否定的な言葉や突き放す言葉を発したり、態度で示されたりすると、うつ病がさらに悪化する可能性があります。

 

なので、相手がうつ病という病気という事を理解し、受け入れてあげる事が大事となります。

 

励ましやアドバイス等はせず、聞き役に徹する

 

落ち込んでいる人に相談を持ち掛けられた時に、「頑張れ!」や「こんなもんに負けるな!」等の励ましや、「次はこうすればいい」等のアドバイスをかけるのがよくある光景です。

 

しかし、うつ病の人にそういった言葉を返って逆効果となり、うつ病を悪化させる可能性があります。

 

相手がうつ病の人の場合は、まずは相手の話を最後まで聞く事です。

 

話を聞いている際も、こちらから話を割り込まず、急かさせず、相手のペースを守って、落ち着いて聞いてあげましょう。

 

そして、「辛かったね」や「苦しい思いをしているんだね」と相手の状態に理解を示してあげましょう。

 

男の人に多いと思いますが、相談を持ち掛けられた時に、まずは相手の為に解決策を提示してあげようとしますが、うつ病の人との場合は解決策よりも、相手への理解を示してあげる方が効果的と言えます。

 

話す時は優しいトーンの声で話し、否定的な言葉や態度は出さない

 

うつ病の人はとてもデリケートなので、神経が過敏になっている人がほとんどです。

 

大きな声で元気よく話すと、普通はよさそうですが、大きな声は時に威圧的に聞こえますので、うつ病の人と話す時は避けたほうがいいです。

 

話すときは、なるべく優しいトーンで、大きすぎない声で、ゆっくりと話すのがいいでしょう。

 

これは、声だけでなく、態度もそうです。

 

人間は感情が表に出やすい人もいますので、感情をコントロールし、相手の事を考えて接してあげる事も大切です。

 

また、話しているうちに、「それはおかしい」や「違う」といった事を思う時もありますが、こういった否定的な言葉は避けましょう。

 

前述したとおり、神経過敏になっているので、ちょっとした否定的な言葉でも、相手の心をえぐる可能性もあります。

 

相手の短所の改善よりも長所を褒めてあげる

 

人間褒めてもらって嫌な風に思う人は少ないでしょう。

 

これはうつ病の人も一緒で、褒めてあげるという事は、それだけ認められているという感覚になり、うつ病の症状も和らいでいきます。

 

褒める長所がないなんて思う人もいるでしょうが、人間褒めるとこなんて山ほどあります。

 

「あなたは今病気で苦しんでいるのに、ちゃんと仕事(学校)に来るのはすごい!」とかでも、言われたらうれしいものなのです。

 

また、褒めるだけでなく、「○○してくれてありがとう」等の感謝の気持ちを伝えてあげるのも効果的です。

 

一緒に外出する

 

外に出て、一緒に散歩してあげるのも、うつ病の改善に効果的です。

 

特に太陽の光を浴びると、幸福感を感じやすくなるセロトニンという物質が分泌されますので、うつ症状の軽減にもつながります。

 

しかし、うつ病の人は外に散歩すればいいとわかっていても、できない人が多いのです。

 

そんなことしても、自分は治らない等とネガティブな感情に支配されやすいからです。

 

なので、こちらから誘い、一緒に外に散歩してあげるのがいいでしょう。

 

また、時間は数分でも構いません。

 

まずは外に出る事から始めるのが先決です。

 

そして、一緒に外に出て散歩したら、一緒に出てくれたという感謝の気持ち伝えるのと、うつ病なのに外に出れたと褒めてあげるとなおいいでしょう。

 

うつ病は早期改善が難しいので、気長に治るのを待つ

 

うつ病はすぐに治るようなものではなく、治るのにかなりの時間を要します。

 

こちらが必死になって改善させようとしても、向こうにもプレッシャーとなって余計悪化しますし、こちらも疲弊してしまいます。

 

相手を治そうとしているのに、共倒れしていたら元も子もないですからね。

 

なので、「相手のうつ病は早く治さなければ!」という考えは捨てて、「ゆっくりと少しずつ治していこう」という気持ちを相手に伝え、気楽に気長に待った方が、結果的に早く治ったりするのです。

 

急がば回れと言うことですね。

 


 

私ももしかしたら、周りにうつ病の人がいたら、腫物を触るような扱いをしてしまうかもしれません。

 

しかし、今回色々と調べていて、そんなことをしてしまえば、相手をさらに悪化させてしまうと気づきました。

 

今後私の周りにもうつ病の人が出てくるかもしれないし、自分がなる可能性だってあります。

 

そうなったときの為に、適切な対応きちんととれるように、うつ病について理解を深めなければなりませんね。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ