ADHDには運動が効果的!運動でADHDを改善しよう!

 

昨今では社会問題にもなりつつある発達障害であるADHD。

 

そんなADHDを改善する為に、薬物療法や認知行動療法等、様々な療法がありますが、数あるなか療法の中で、最もやりやすい療法があるのをご存知でしょうか?

 

それは運動です。

 

運動は薬物療法のような副作用もなく、行動療法のような意識し続けて、周りの力を借りるといったこともないので、最も行いやすい方法です。

 

では、どんな運動が効果的なんでしょうか?

 

ということで、今回はADHDの改善に効果的な運動について調べてみました。

 


 

ADHDに運動が効果的なのはなぜか?

 

ADHDの改善において運動が効果的である事については、今のところ定かではありません。

 

ですが、様々な機関による研究や実験により、かなりの人が改善に向かっているという事が研究結果として出ているようです。

 

参照元↓

米大学が研究 大人のADHD、重度でも1日20分で改善可能に?

注意欠如・多動症(ADHD)の症状を和らげる良薬は「運動」であるという研究報告

 

ではなぜ運動によって、ADHDの効果があるのかは、以下の事が考えられます。

 

ドーパミンやアドレナリンによる脳の活性化

 

ADHDは脳のシステムが上手く機能していない状態です。

 

脳の機能を調整してくれるのは「ドーパミン」と「アドレナリン」という神経伝達物質です。

 

この二つの物質は運動する事により、増やすことが可能になり、脳を活性化させることになります。

 

脳が活性化されると、注意力や認知能力が高まり、ADHDの症状である注意力や認知能力の低下を改善できるのではないかと言われています。

 

セロトニン分泌による、脳の働きの調整

 

また、一定のリズムで行う運動には「セロトニン」という物質を分泌させます。

 

セロトニンは、ドーパミンやアドレナリンが分泌しすぎて、暴走してしまうのを抑えたりしてくれ、情緒を安定させてくれます。

 

ADHDの人はドーパミンの働きが不安定なだけでなく、セロトニンも不足している為、セロトニン分泌に役立つ運動は、ADHDの人に効果があるのではないかと言われています。

 

ADHDの人にオススメする運動

 

基本的にオススメしたいのは、有酸素運動です。

 

 

オススメしたい理由としては、有酸素運動は基本的に難しく考えるものではなく、単純な運動なものが多いのでADHDの人にはやりやすいものと考えられるからです。

 

また、有酸素運動のほとんどが一定のリズムとペースを守って続けるものが多いので、リズム運動によって分泌されるセロトニンを増やすには最適と言えるでしょう。

 

それに、有酸素運動は基本一人で行い、スポーツ特有のルールがないに等しいので、ADHDの人には続けやすいのではないでしょうか。

 

具体的には以下の運動をオススメしたいです。

 

ジョギング

 

ジョギングは自分のペースで一定のリズムで進めれるものなので、ADHDの人にはオススメの運動です。

 

ペースについては、早ければいいのではなく、とにかく一定のリズムをもって続ける事が大事となります。

 

もし、体力に自信がないという事であれば、早歩きぐらいの速さで走るスロージョギングに切り替えても問題ありません。

 

ちなみに、走るコースは決めずに、自分で適当に決めるのがいいですよ。

 

衝動性が優位なADHDの人なんかは特にその方がやりやすいかと思います。

 

自由に走りましょう。

 

踏み台昇降

 

こちらも、一定のリズムをもって進めれる運動です。

 

それに、踏み台昇降の場合は、段差さえあれば外に出なくてもいいので、外にでるのが億劫という方に是非オススメしたいです。

 

家でやるなら、人目を気にせずにできるますしね。

 

サイクリング

 

こちらはジョギングと違って、景色が早く切り替わるので、ADHDの人には続けやすい運動かと思います。

 

自転車は本格的なスポーツバイクであれ、ママチャリであれなんでも構いません。

 

鍛えるのが目的ではなく、あくまでADHDの改善の為であるので、ママチャリでその辺をブラブラと走るだけでも効果は期待できます。

 

もちろん、本格的にしたいんや!という人は本格的なロードバイクやクロスバイクに乗ってサイクリングを楽しむのもいいでしょう。

 

ただ、自転車というのは事故をおこしやすいものでもあります。

 

特に注意欠陥が優位な人は、なるべく人どおりの少ない所に行ったり、速度は抑えたり、サイクリングコースを走るようにしたりするなど、工夫が必要となります。

 

水泳

 

こちらも基本的には一人でできて、且つ自分のペースでできるので、オススメです。

 

ただ、こちらはプール等の施設や川や海等、泳げる環境でないと成り立たないので、場合によっては難しいかもしれません。

 

ちなみに、各都道府県や市町村が管理している公営のスポーツ施設なら、ジムに通うよりも格安で利用することができるので、泳ぎたい人はそういった施設を使うといいでしょう。

 


 

運動でADHDを改善というのは、今のところ確証はないようですが、改善の期待度はかなり高いと私は思っています。

 

また、運動はADHDの改善だけでなく、肉体的にも精神的にも鍛える事ができるので、無駄な事ではないことだと思います。

 

もし、薬や行動療法が難しいと思った方は、まず運動から初めてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ