健康診断のASTとALTの数値ってなに?これが高いとどうなる?

 

つい先日、会社で健康診断に行って参りまして、その結果を見たところ2つの項目で基準値以上のものを発見しました。

 

それが、ALT(GPT)とAST(GOT)。

 

この2つは肝機能に関してのものなのですが、基準値よりはるかに上回っている為、精密検査をしなければならないと警告を受けてしまいました。。。

 

お酒は結構飲んで、食べる量も結構あるし、且つ太っているので、なんとなく肝臓あたり悪いかなと予想していましたが、いざ予想通り、いや予想以上の結果を見ると地味につらいです。

 

しかし、このALTとASTって一体なんでしょうかね?

 

実際この数値が高いとどうなるのか?私はよくわかってはいません。

 

そこで、今回は精密検査を行う前に予備知識として、このALTとASTについて調べてみました。

 


 

ALTとASTって?

 

ALTとASTというものは、どちらも人体に重要に必要なアミノ酸の生成に関与している酵素です。

 

この酵素は逸脱酵素とよばれ、存在している組織に何等かの障害が起こると、血液に流れでてしまう特性を持っています。

 

基本的には肝細胞の中に存在するのですが、肝細胞に何らかの異常が発生し、肝細胞が破壊されると、血液に流れ出てしまいます。

 

この流れ出てしまった2つの数値のいずれかが高いということは、それだけ臓器を破壊されていおり、なんらかの障害を受けている可能性が高いという事になります。

 

AST

 

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼといい、肝臓に多く存在していますが、他にも心臓の筋肉や骨格筋等にも存在しています。

 

その為、AST値が高い場合は、肝臓の病気以外にも心筋梗塞、筋ジストロフィー、多発性筋炎等も考えられます。

 

なので、AST値だけでは肝機能の障害の有無の判断が難しいので、基本的にALT値とセットで判断をします。

 

ちなみに、ASTは骨格筋にも存在しているので、激しい運動なので、逸脱して血液に流れてしまうので、運動後すぐに検査すると、値が高くなる事もあります。

 

AST値が高い場合

 

AST値が高い場合に考えられる病気は以下となっています。

  1. 肝炎
  2. 肝硬変
  3. 肝がん
  4. 脂肪肝
  5. 心筋梗塞
  6. 筋ジストロフィー
  7. 多発性筋炎

 

ALT

 

ALTはアラニンアミノトランスフェラーゼといい、腎臓や肝臓に多く存在しており、特に肝臓に障害を受けてしまうと、高い数値を出してしまいます。

 

また、ASTと比べて肝臓に対しての高い臓器特異性をもっているので、肝機能の指標に用いられています。

 

ASTは肝臓以外にも存在しているので、AST値だけが高い場合は肝機能以外の疾患が考えられますが、ALTは肝臓の機能の指標に使われるので、このALTも高い場合は高確率で肝臓になんらかの障害を受けているということになります。

 

ALTが高い場合

 

ALT値が高い場合に考えられる病気は以下となっています。

 

  1. 肝炎
  2. 肝硬変
  3. 肝がん
  4. 脂肪肝

 

 

この数値が上がる原因は?

 

前述していますが、AST、ALTは存在している臓器(主に肝細胞)や骨格(ASTのみ)等に何らかの異常が発生すると血液中に流れ出るものなので、この数値が高いとそれだけ、存在している組織が破壊されている可能性が高いのです。

 

では、なぜその存在している組織が破壊されるのか?

 

原因としては、以下が挙げられます。

 

食生活

 

原因の一つとしては、食生活です。

 

肝臓というのは、食事によって摂取した栄養を体内で使えるように生成したり、アルコール等の毒素を解毒したりしてくれる、とても重要な役割をしています。

 

例えるなら、超優秀なリサイクル工場みたいなものですかね。

 

しかし、食べ過ぎや、脂っこいものや糖質の多いものの食事、飲み過ぎ等による供給過多を起こしてしまうと、肝臓も負担がかかり過ぎてしまい、結果肝細胞が破壊されてしまうのです。

 

喫煙

 

喫煙で肺に負担がかかるのはわかるけど、なぜ肝臓?とお思いでしょうが、タバコもしっかりと原因の一つに数えられます。

 

というのも、タバコに含まれるニコチンというのは血液の流れをわるくさせる性質を持っています。

 

肝臓も自動車と一緒で、機能するためにガソリンがないと維持できなくなります。

 

血液の流れが悪くなると、肝臓に運ばれるはずの栄養素が届きにくくなり、肝臓が機能を持続することができなくなり、機能不全に陥ってしまうのです。

 

これが、長く続き慢性的になってしまうと、肝臓に異常が発生してしまうわけです。

運動不足

 

食事から摂取した栄養は、エネルギーの予備として中性脂肪に変換し、肝臓に貯蔵しておくことができます。

 

このエネルギーは運動をすることにより消費されるのですが、運動不足だと、消費するエネルギーも減っていくので、肝臓にどんどん脂肪がたまっていきます。

 

結果、肝臓にためすぎたぎた脂肪が、肝臓の機能を阻害することになり、機能を低下させるということになります。

 

 

この数値を下げるには?

 

この2つの数値が高かった場合は、どうやって数値を下げればいいのでしょうか?

 

以下の方法が考えられます。

 

食生活

 

一番の治し方はゆっくり時間をかけて、食生活の改善が最も効果的です。

 

食生活において、食べ過ぎや早食い、油っこいものをよく食べる、炭水化物や糖質の多いものをよく食べる等は肝臓に負担をかけてしまいます。

 

まずは肝臓に負担をかけない食生活に切り替えていく事が大事になっていきます。

 

簡単に言うと、野菜中心の生活をし、炭水化物等の糖質、油っこいものはなるべく避けるようにし、食事のはよく噛んでゆっくりと食べるようにします。

 

また、アルコールの飲み過ぎも肝臓にとって大きく負担をかけてしまいます。

 

アルコールに含まれる、アセトアルデヒドという物質が肝細胞を死滅させてしまうので、実はお酒は結構危険なのです。

 

どうしても飲みたいという方は。。。。仕方ありません。。。我慢してください。

 

というのも、一杯だけといって、自制が効く人ならいいですが、そのまま歯止めが効かなくなる可能性だってあります。

 

というか、自制が効くんだったら、そもそも数値が上がってませんからね。

 

まあ、でも1ヶ月に1日だけというのは、もしかしたら、ありかもしれませんが。。。いや、ダメですね。。

 

とにかく、食生活の改善、アルコールを控えるという事柄を実施していきましょう。

 

適度な運動

 

数値を下げなければならない人は大体の人が運動不足です。

 

肝臓は脂肪を蓄えてしまうという特性をもっているので、運動によるカロリー消費によって、この脂肪を減らす事で肝臓にもよい変化をもたらします。

 

オススメの運動は有酸素運動です。

 

ジョギングやウォーキング、水泳や自転車等ですね。

 

ただ、激しい運動は逆に肝臓に負担をかける可能性もありますので、やり過ぎない事も重要です。

 

例えばジョギングなんかは早くなり過ぎず、ゆっくりめのスペースで、時間をかけて行うのがいいでしょう。

 

運動をする時間がとれないという人は、出勤時少し早起きして、一駅歩いたり、帰りの時に一駅前で降りてそこから歩いて帰る等、工夫するといいですよ。

 


 

自ら書いていて、なんか耳が痛いというか目が痛いというか、なんとも情けない思いです。

 

まだ、再検査は行っていないのですが、ともあれ食生活やアルコールに関しては本当によく考えなければならないなと思いました。

 

とりあえず、運動は一応してはいるのですが、食生活ですね。。。直さないと。。

 

みなさんも気をつけてください。。。。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ