熱中症対策を万全にして、夏を乗り切ろう!知っておくべき熱中症対策

 

年々気温が上昇していく中で、熱中症の危険性が上がってきており、熱中症に対して関心を持つ人が増えてきました。

 

熱中症は最悪死に至る病気ですから、関心を持つ人が増えるのも当然の事でしょうね。

 

しかし、まだ熱中症に対して軽視している人が多く、特に高齢者は気づきにくい人が多いので、熱中症患者は年々増えていくばかりです。

 

そこで、今回は熱中症対策について、調べてみました。

 

熱中症は事前に対策することで、防げるものなので、しっかりと対策して夏を乗り切りましょう!

 


 

熱中症対策の前に熱中症って?

 

当ブログでも一度取り上げていますが、おさらいです。

 

熱中症は高温の環境下において発生しやすい病気です。

 

体温が上昇している体を冷ます為に汗をかきますが、この汗をかきすぎて、身体を冷やすことができないので、内臓のいたるところに不具合が発生するというわけです。

 

要は汗をかき過ぎるのが原因ということです。

 

熱中症の症状としては、高熱や痙攣、めまい、失神、吐き気等が見られます。

 

知っておきたい熱中症対策 ~ 行動編 ~

 

まずは熱中症対策の為の行動についてです。

 

熱中症にならないために事前にどのような行動をするかやどのような生活習慣を送るかによって変わってきます。

 

熱中症にならない為の行動としては、以下が挙げられます。

 

こまめに水分補給をする

 

まずは定番の水分補給です。

 

ちなみに喉が渇いてから水分補給するというのは間違いで、喉が渇いていなくても汗をかいて水分は失っています。

 

 

なので、水分補給は意識してこまめに摂るようにしましょう。

 

ちなみに、スポーツドリンク等の塩分や糖分も入っているものなら、水分をスムーズに補給でき、塩分不足も防げるのでオススメです。

 

 

塩分を程よくとる。

 

熱中症対策において、塩分は非常に大事です。

 

汗は水分だけでなく、塩分も排出しますからね。

 

ちなみに、塩分を摂らずに水分だけとると、熱痙攣という痙攣を起こし、体の筋肉が塩分不足によって痙攣をおこしてしまいます。

 

なので、毎日の食事等で塩分を摂る必要があります。

 

また、事前に大量の汗をかくであろうとわかっている場合は、水分だけでなく、塩分も気にするといいですよ。

 

バランスの良い食事を摂る。

 

何事においても、まずは食生活からです。

 

普段からバランスの良い食事をとり、丈夫な体作りをしていると、体に不具合を起こしにくいものです。

 

これは熱中症も然りなのです。

 

特に、夏の時期はそうめんで済ましたり、暑さによって食欲がないという人も多いです。

 

これでは、熱中症に拍車がかかる可能性が高いですし、他の病気にもなりかねないので、意識して栄養を摂るようにして、熱中症に負けない体づくりをしていきましょう。

 

睡眠をしっかりと摂る。

睡眠不足は体調の不具合を引き起こしやすく、結果的に熱中症にもなりやすくなってしまいます。

 

この暑い時期は夜も暑く眠りにくい日が続きます。

 

なるべく部屋をクーラーで冷やしたり、扇風機等で通気性をよくしたり等の環境を整え、しっかりと睡眠ができるようにしましょう。

 

知っておきたい熱中症対策 ~ 環境編 ~

 

 

行動の次は環境です。

 

今後自分が行動する環境を事前に知ることによって、熱中症の対策も立てやすいですし、その分リスクも減ります。

 

気温や湿度を知る

 

毎朝ニュースで天気予報を見て、気温や湿度を知ることは結構大事です。

 

天気予報士さんは天気だけでなく、その日の熱中症のリスクを教えてくれたりもします。

 

事前にこういった情報が入ることで、対策も立てやすいので、朝のニュースの天気予報は本当にありがたいです。

 

屋外で作業する人は特に意識していただきたいです。

 

部屋を涼しくする

 

よく「これぐらいの暑さなら大丈夫」や「節電の為に」といって、エアコンを付けなかったりしますが、こういった事で気づかない内に熱中症なんて多々あります。

 

なるべくエアコンをつけるようにして、部屋の環境を涼しくするようにするようにしましょう。

 

まずは体を第一に考えてください。

 

知っておきたい熱中症対策 ~ 服装編 ~

 

外出時の服装を工夫する事でも、熱中症の対策になります。

 

対策としては、以下が挙げられます。

 

日よけの為に、帽子や日傘を使う

 

日差しをよける事で、体温の上昇をある程度防ぐ事ができます。

 

なので、なるべく日陰を通って行動するのがおすすめです。

 

ただ、常に日陰なんて中々難しいものですから、そんな時の為に帽子や日傘が大活躍します。

 

熱中症だけでなく、日焼けも防止してくれるので、夏には欠かせないアイテムですね。

 

通気性のいい服と速乾性を着たり、吸水性の高い下着を穿く

 

通気性のいい服は熱を籠りにくくしてくれますので、暑い時期にはオススメです。

 

通気性のいい服というと、生地が麻や綿を使っているものが挙げられます。

 

また、下着には速乾性の優れたものや、吸水性の優れたものを穿くと、涼しく過ごせてこちらもオススメです。

 


 

自らがどのような行動をするかによって、起こり得るリスクは変わってきます。

 

これは熱中症も然りで、事前に対策するのは本当に大事です。

 

特に、熱中症になりやすい小さいお子さんをもった方や、高齢者はしっかりと対策する必要があります。

 

しっかりと対策をして、この夏は楽しく乗り越えたいものですね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ