熱中症の原因は一体なに?改めて知っておきたい熱中症のメカニズム

 

夏になると、キャンプや海水浴、フェスやイベント等、野外での活動が増えますよね。

 

そんな炎天下の中で活動する上で、十分に注意したい事があります。

 

皆さんご存知「熱中症」です。

 

熱中症は最悪の場合死に至るもので、特に体力の少ない子供や老人等は十分すぎるぐらいの注意が必要です。

 

しかし、注意といっても、熱中症とはどんな状態をさすのでしょうか?なぜ起こるのでしょうか?

 

熱中症の対策の前に、まずは熱中症について知るべきだ!と思い、今回は熱中症の原因についてと調べてみました。

 

すでに原因を知っている方も、復習と思って見ていただければ幸いです。

 


 

熱中症とは?

 

熱中症とはかなり暑い環境下の時に発生する、身体適応の障害によっておこる状態を指します。

 

人間は自身で体温調節ができる生き物で、体温があがると汗をかいて、身体を冷やし、体温を一定に保つことができます。

 

しかし、炎天下等の高温の状態で長い時間いると、この体温調節のシステムがうまく機能しなくなり、体内に熱がこもったり、急激に汗をかいて、体内の水分や塩分を急激に失ってしまいます。

 

そうなると、身体を冷やすことができなくなるので、体温は上がり続けて、それに伴い内臓の機能もうまく動かなくなったり、体内の水分が少ないが為に、血の巡りが悪くなります。

 

その結果、めまいや頭痛、吐き気、痙攣、湿疹、等の症状が起こります。

 

年々気温が上昇していくに伴って、熱中症患者も増えており、ここ最近では特に意識されている病気でもあります。

 

特に高齢の方や小さなお子さんがかかりやすいとされており、そういった方は十分に注意が必要となります。

 

熱中症の種類

 

熱中症には、実は種類があり、大きく4つに分けられます。

 

熱痙攣

 

この症状は汗を大量にかいた後に、水分補給のみ行うことでなる症状です。

 

汗は水分だけでなく、塩分も排出していますので、塩分を排出したまま、補給していないと、血液中の塩分濃度が低下していきます。

 

この塩分が低下している状態が続くと、足や腹部、腕等に痙攣を起こしてしまいます。

 

症状としては軽い方で、5分程でおさまることが多いそうです。

 

熱疲労

 

大量の汗をかいて、水分、塩分共に大量に失い、重度の脱水症状を起こしている状態です。

 

汗と血は同じものなので、汗を大量にかくとその分血液も減ってしまい、低血圧の状態になります。

 

血の量が少なく、巡りも悪くなっているので、それに伴い、全身の倦怠感、悪心や嘔吐、頭痛、集中力や判断力の低下等の症状が現れます。

 

熱失神

 

暑さで皮膚の血管が広がることによる血圧の低下によってもたらされる状態です。

 

血管が広がるって血圧が下がることにより、脳に送る血液が減ってしまったうので、めまいや一時的な失神、脈が早くなる、顔面蒼白といった症状が見られます。

 

熱射病

 

熱疲労の上級版です。

 

脱水症状が悪化し、体内の温度調整ができない状態になった場合、体温はどんどん上昇しつづけ、しまいには40℃を超えてしまいます。

 

そこまで体温があがると、体内の臓器が致命的なダメ―ジを負うことになり、痙攣や意識障害等が起こります

 

そうなるとかなり危険な状態となります。

 

こうなった場合はすぐに病院に行きましょう。

 

熱中症の原因

 

熱中症の原因は場所だけでなく、体調や行動によっても左右されてしまいます。

 

熱中症の原因として挙げられるのが以下となります。

 

高温の環境下

 

熱中症の原因で最も多いものです。

 

一番パッと思いつくのは、炎天下での作業ですね。

 

他に考えられるのが、高温且つ多湿で、通気性の悪い場所です。

 

湿度が高いと汗をかきやすくなるので、それだけ熱中症の危険性もあがります。

 

日光がさしていなくても、汗をかいてしまう条件さえそろえば、それだけ熱中症になりやすいという事になります。

 

激しい運動や水分補給できない環境

 

学生の部活動や炎天下での長時間での作業や水分補給できない環境も原因の一つです。

 

部活動での激しい運動や、炎天下での長時間作業は、汗を大量にかくことになりますので、熱中症に十分気を付けなくてはなりません。

 

その場にいる現場監督や先生はこまめに水分補給を摂らせる等して、水分補給できない環境を作らない工夫をしなければなりません。

 

熱中症になりやすい人

 

熱中症は人によって発症しやすいかどうかがあり、熱中症になりやすい人は以下の人が考えられます。

 

乳幼児や子供

 

乳幼児や子供は熱中症になりやすく、注意が必要です。

 

乳幼児や子供というのは、体温調節がうまくできず、体温が高いままになりやすいので、熱中症になる確率が大人よりもはるかに高いのです。

 

また、子供は大人より背が低いので、地面から近い位置にいます。

 

温度というのは、低い位置が高くなり、高い位置が低くなるので、子供は大人より温度の高い位置にいる事になります。

 

なので、大人よりも暑い場所にいる子供はそれだけ熱中症にかかりやすくなるということになります。

 

外出時は、子供が喉が乾いていないと言っていても、こまめに水分補給させたり、なるべく日陰に入るようにするなどして、気遣ってあげてください。

 

高齢者

 

熱中症患者の5割は高齢者という程、高齢者は熱中症の危険性が高いです。

 

高齢者は体温調節の機能や発汗機能が低下してしまう為、汗をかいている事や汗をかいていない事、体温が上がっていることに気づきにくくなるのです。

 

なので、症状が出たときは時すでに遅しという状況がほとんどなんだそうです。

 

高齢者の方は、気温が高いとわかっているのであれば、自分がそう感じていなくても、こまめに水分補給をするようにしましょう。

 

また、ご家族の方も、気にするようにしてあげましょう。

 

肥満の人

 

脂肪というのは、熱を伝えないので、皮下脂肪が多い肥満の人は、脂肪によりうまく放熱することができず、体内に熱をため込みやすくなります。

 

その為、体温が上昇していき、結果的に熱中症になりやすくなってしまいます。

 

肥満の方はまずダイエット!と言いたいところですが、すぐには痩せないものなので、現状はこまめに水分補給をするか、温度が高い環境下にいないようにしましょう。

 

我慢強い人

 

頑張り屋さんや頑固な人等の我慢強い人というのは、水分補給も忘れて、自分自身を追い込み、熱心に作業します。

 

しかし、その間は汗は出っ放しで、補給もされないので、結果熱中症になって倒れたりしてしまいます。

 

こういった方は、周りの人間がサポートしてあげるのが一番いいので、なるべく声をかけて水分補給させるように促しましょう。

 

また、当の本人もアドバイスをしっかりと受けて、言うことをちゃんと聞くようにしましょう。

 

 


 

熱中症というのはとてもなりやすく、とても危険な症状です。

 

自分は体力があるし、強いから大丈夫という方はその慢心が大変な事を呼び起こすかもしれませんよ?

 

いくら自分が大丈夫だからといって、熱中症にならない保証はないですからね。

 

自分も肥満体なので、熱中症には十分気を付けたいと思います。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ