痛い日焼けの治し方は?うっかり日焼けしてしまった時の対処法!

 

日焼けというのは、だれもが通った道だと思いますが、あれってクソ痛いですよね。

 

海に行った時の帰りはまだいいですが、家でのシャワーなんて地獄ですよね。

 

変なうめき声をあげながらシャワー浴びた記憶がありますよ。。。

 

今は、日焼け対策のグッズや対処法がたくさんありますが、うっかり日焼けしてしまう時ってありますよね。

 

そんな時は一体どうすればいいのでしょうか?

 

そこで、今回は日焼けになってしまった時の対処法について、調べてみました。

 


 

日焼けはなぜ起こるのか?

 

そもそも日焼けはなぜ起こるのか?というとこから始めたいと思います。

日焼けの原因は二つの紫外線

 

日焼けの原因は太陽光に混ざっている「紫外線」の影響です。

 

 

紫外線には3種類の波長があり、波長の長い「A波(UVA)」、中間の「B波(UVB)」、波長の短い「C波(UVC)」となっています。

 

この中で、最も日焼けに影響する波長がA波(UVA)とB波(UVB)となります。

 

日焼けした直後に肌が赤くなって炎症を起こした状態になるかと思います。

 

この状態を「サンバーン」といい、B波(UVB)の影響によるものとなります。

 

B波(UVB)はエネルギーがとても強い為、肌の表面を傷つけたり、炎症を起こしたりするので、皮膚癌やシミの原因にもなったりします。

 

ちなみに、B波(UVB)はガラスや雲を通り抜ける事ができないので、屋内や曇りの日はあまり影響は受けません。

 

しかし、もう一つの波長A波(UVA)は、B波(UVB)よりもエネルギーは弱いのですが、浸透力が高く、ガラスや雲も通り抜ける波長なのです。

 

その為、肌のさらに奥まで浸透する事ができます。

 

このA波(UVA)も体に影響を及ぼすものであり、体内のコラーゲンやたんぱく質を変化させて、シミやたるみの原因になります。

 

日焼けで黒くなるのはA波(UVA)の作用

 

日焼けした後、肌が黒くなるのはこのA波(UVA)によるもので、肌が黒くなった状態を「サンタン」といいます。

 

A波(UVA)が肌を通って、四つの層に分かれている表皮の最下層(基底層)まで達し、この層にある「メラノサイト」という場所まで到達すると、メラノサイトが活動を始め、「チロシナーゼ活性酵素」というものを生成します。

 

これが、「チロシン」と混ざるとメラニン色素を作り出し、このメラニン色素が肌を黒くさせるのです。

 

この反応は紫外線を浴びた12~24時間後になるとされています。

 

表皮は最下層から徐々に一番上の層へあがる働きをしており、常に循環しています。

 

これを「ターンオーバー」といい、この働きによって、黒くなった基底層がやがて一番上の層へ到達し、肌が黒くなるというわけです。

 

肌が黒くなっているのは紫外線から身体を守っている

 

紫外線によって黒くなった肌は健康によくないじゃないか?と思いがちですが、実はそんな事はありません。

 

このメラニン色素は紫外線を反射する作用を持っているため、体内に紫外線を入らないようにしてくれるのです。

 

紫外線を浴びない事に越したことはないですが、日焼けが必ずしも悪いというわけではないようですね。

 

日焼けしてしまったらどうすればいい?

 

何となく、日焼けのメカニズムはわかりましたが、外に出る以上は完璧に日焼けを防ぐことはできません。

 

しっかり、日焼け止めを塗っていても、日焼けしてヒリヒリするなんて経験のある方もいるでしょう。

 

では、もし日焼けしてしまったらどうすればいいのでしょうか?

 

日焼け後の対処法について、調べてみたいと思います。

 

日焼け後の対処法① ~ 冷やす ~

 

普通に火傷したときも、冷やしたりしていますが、日焼けも一緒です。

 

日焼けして炎症を起こしている部分を冷たいタオルやシャワー、氷嚢(ひょうのう)等を当てて冷やしましょう。

 

水風呂なんかも一応冷やす事はできますが、全身つかるので、体内も冷やしてしまうので、あまりオススメできません。

 

日焼け後の対処法② ~ 化粧水やワセリン等で保湿する ~

 

日焼けした後の肌はとても乾燥しやすくなっており、皮が向けたり、水ぶくれになったりして、皮膚に損傷を与えやすくします。

 

そうなる前に、低刺激の化粧水やワセリン等で保湿すると、日焼けが治りやすくなります。

 

特に、肌がヒリヒリしてかなり痛い状態の場合はワセリンを使用し、その上からラップを巻いて、冷やすと治りが早くなりますよ。

 

ちなみに、日焼けしている状態で、美白化粧品を使うと、刺激が強い為か、逆効果になってしまうので、痛みや痒みが収まるまで、使用はやめたほうがいいですよ。

 

日焼け後の対処法③ ~ 水分をしっかり摂る ~

 

日焼けしている状態は、乾燥しやすい状態にあり、水分が不足していると肌にまで水分が行き渡らず、治りにくくなります。

 

水分をしっかり摂る事により、日焼けの治りを早くしてくれますので、日焼けした時は多めに水分を摂るようにしましょう。

 

日焼け後の対処法④ ~ ビタミンをしっかり摂る ~

 

肌の栄養素として、最も摂りたいのが、ビタミンA、C、Eです。

 

肌も栄養が足りていないとうまく機能することができず、その分治りも悪くなります。

 

なので、しっかりと栄養を摂っておく必要があるのです。

 

それぞれの栄養素が含まれている食べ物は以下となります。

 

ビタミンA

  1. レバー
  2. ウナギ
  3. アナゴ
  4. モロヘイヤ
  5. ニンジン
  6. パセリ

等々・・・

 

ビタミンC

  1. レモン
  2. ゆず
  3. 赤ピーマン
  4. モロヘイヤ
  5. パセリ
  6. アセロラ

等々・・・

 

ビタミンE

  1. アーモンド
  2. めんたいこ
  3. モロヘイヤ
  4. すじこ
  5. 赤ピーマン
  6. うなぎ

等々・・・

 

モロヘイヤ優秀すぎですね。。。

 

日焼けしたら、モロヘイヤを食べる事をオススメします。

 

日焼け後の対処法⑤ ~ 睡眠をしっかり摂る ~

 

肌の層を循環する作用である、ターンオーバーは睡眠が大きく影響します。

 

より質の良い睡眠をすることにより、ターンオーバーを早める事になり、日焼けの治りを早くしますので、しっかりと睡眠を摂りましょう。

 

ただ、肌がヒリヒリして眠れないという人は、先ほど記述したワセリンとラップの方法である程度はマシにはなるので、お試しください。

 

日焼け後の対処法⑥ ~ あまりにひどい場合は皮膚科へ ~

 

日焼けでも、強い紫外線を浴び続けたせいで、水ぶくれができてしまった場合は、早めに病院に行きましょう。

 

これは、対処を間違って水ぶくれが破裂したりすると、雑菌が入りやすくなり、さらに悪化する危険がある為です。

 


 

日焼けはならないに越したことはないですが、野外イベントが多い時期は、どうしてもうっかりなっちゃう時ってありますよね。

 

 

もし、うっかり日焼けしてしまった際は、今回ご紹介した方法を試してみてはいかがでしょう。

 

早く治して、また次のイベントに行きましょう!

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ