身長アップは食生活から!身長を伸ばすのにおすすめな食材!

前回では、身長を伸ばすためのストレッチを紹介しました。

 

しかし、ストレッチだけで身長が伸びるとはいかず、やはり食生活も重要になります。

 

特に成長期の皆さん!好き嫌いしては伸びるものも伸びませんよ!!

 

特にタンパク質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛という栄養素は身長を伸ばす為に、非常に重要な栄養素となっています。

 

ここではその栄養素がたくさん含まれている必要な食品をご紹介します。

 

中には苦手な食材もあるでしょうが、ここは身長を伸ばす為と思って我慢してください(笑)

 

また、身長を伸ばす以外にも体にはプラスな栄養素なので、まず身体的に損はないでしょう!

 

何事もプラス思考ですよ!

 


 

身長を伸ばす為の栄養素その①~タンパク質品~

 

タンパク質は、3大栄養素の1つです。

 

体の組織を作ったり、骨や歯の育成を助けたり等、生命を維持するために大変重要な働きをもっています。

 

身長を伸ばす為に、タンパク質というのは不可欠で、このタンパク質というのは、骨の形成にとても重要な役割があり、骨や筋肉の元となって、骨を大きくさせ、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

 

そのタンパク質が多く含んでいるものがこちら↓

 

・肉類:牛、豚、鶏、ハム等

・魚介類:しらす、いわし、いくら、あじ、たらこ、まぐろ等

・卵類:鶏卵、うずら卵等

・大豆食品:大豆、納豆、豆腐、高野豆腐等

・乳製品:牛乳、ヨーグルト、チーズ等

 

カルシウムを多く含む食品

 

骨の構成をする為に大事な栄養素です。身長の伸びにかかわるだけでなく、体の生理機能を調整し、精神を安定させる効果もあります。

 

・乳製品:牛乳、ヨーグルト、チーズ等

・海産物:ワカメ、しらす干し、うなぎ、桜えび、いかなご、いわし等

・野菜:モロヘイヤ、小松菜、大根の葉、野沢菜、パセリ等

・大豆製品:油揚げ、豆腐・納豆等

・ゴマ

 

また、単独で摂るよりも、ビタミンDやマグネシウムを併せて摂取すると、体内でより吸収されやすくなります。

 

ちなみにビタミンDが多く含む食品は魚介類・きのこ・卵です。

 

普段から意識して摂取するといいでしょう。

 

マグネシウムを多く含む食品

 

マグネシウムは体にとても大事な栄養素で、酵素を助ける働きがあり代謝に深く関係しているのです。

 

この代謝が上手く働かないとなると様々な不調が現れるようになってしまいます。

 

骨や歯を作る上でも大事な栄養素となっているので、マグネシウムが足りない状態が続くと、骨粗しょう症等の原因にもなります。

 

・魚肉類:しらす、なまこ、いわし、ししゃも、くじら、鶏肉(むね肉、ささみ)、牛肉(ヒレ肉、もも肉)、豚肉(ヒレ肉、もも肉)等

・野菜:ほうれん草、枝豆、オクラ、ごぼう、そらまめ等

・果物:バナナ、栗、アボカド、ラズベリー、キンカン、すだち等

 

 

亜鉛を多く含む食品

 

亜鉛は身長を伸ばす為に必要不可欠な栄養素です。

 

この亜鉛というのは、成長ホルモンなどのもとになるたんぱく質や、遺伝子を作る酵素に含まれており、骨の発達に直接関わっています。

 

なので、亜鉛が不足していると、たんぱく質の合成がうまく進まず、骨が伸びなくなってしまうわけです。

 

身長を伸ばしたいと思う方は積極的に摂るようにした方がよさそうですね。

 

・魚介類:牡蠣、するめ、ほや、いわし、いかなご、うなぎ、かに等

・肉類:牛肉(もも肉、肩肉、リブロース)、豚肉(もも肉、豚レバー)

・野菜、キノコ:まいたけ、わらび、ずいき、ぜんまい、しろきくらげ等

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

今回ご紹介した栄養素が含まれる食材で、すべてに当てはまる食材があるのをお気づきでしょうか?

 

それは「いわし」です。

 

色々調べてみて、驚きました!この魚小さい割りにはなんて優秀な魚なんだと・・・。

 

魚へんに弱いなんて弱弱しい名前なんてとんでもない!(弱ばっかw)

 

我々にとってはかなりの恩恵をいただける食材です!

 

こんどは、イワシについても調べてみてもよさそうです。

 

 

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ