「臭い」?「匂い」?この二つの違いは?使い方はどうすればいいの?

 

突然ですが、皆さんは「におい」を漢字で書けますか?

 

ちなみに漢字に直すと「臭い」と「匂い」となります。

 

そんなの簡単だよ!舐めんじゃねー!とお思いでしょうが、皆さんはこの2種類の「におい」の違いってわかりますか?

 

最近この漢字を見て、そういえば違いってなんだろうと思いました。

 

「臭い」は「くさい」と読むが、なぜ「におい」とも読むんでしょう?

 

なので、今回はこの「匂い」と「臭い」の違いについて調べてみました。

 

実用できる内容ではないですが、話題のネタにはなるかも?


 

「臭い」と「匂い」の漢字のそれぞれのもつ意味

 

では、まず「臭い」と「匂い」の漢字の成り立ちから調べてみます。

「臭い」の漢字の成り立ち

 

◆成り立ち

 

臭いは二文字以上の漢字の形及び意味を組み合わせてできる会意漢字です。

 

その二つの文字というのが、「自」と「犬」です。

 

この「自」というのは自分といった意味ではなく、「鼻」を表しており、鼻が優れている犬を意味しているのだそうです。

 

「匂い」の漢字の成り立ち

 

◆成り立ち

 

象形文字から変形した文字で、日本で生まれた漢字になります。

 

元になった象形文字は弦楽器の調律器の形をしており、調律器は音の高さを整えるという事から、「整える」や「整う」という意味となっていました。

 

それから、平安時代頃の日本で「におい」の意味として使い、この象形文字の一部を「ニホヒ」の「ヒ」に変えて「匂い」という字が生まれました。

 

当時の使われ方として、整ったいいにおいという意味で「匂い」と使われていました。

 

なので「匂い」は「臭い」よりも後にできた漢字ということになります。若手ですね。

 

「臭い」と「匂い」の違いは?

 

漢字の成り立ちからしても、意味合いが結構違う、この二つの漢字ですが、使い方にどういう違いがあるのでしょうか?

 

一つ一つ調べていきたいと思います。

 

「臭い」はマイナスイメージで使われる

 

「臭い」という感じは「くさい」と呼ぶ事もあってか、マイナスなイメージで使われる事が多く、主に嗅覚で感じ取った「におい」が不快に感じ取られた時に使います。

 

例えば、「ゴミの臭い」であったり、「不快な臭い」であったりですね。

 

他にも、嗅覚で感じたものだけでなく、いい雰囲気でない場面や、よくない印象、疑わしくおもうような場面でも使われます。

 

嗅覚というよりは、感じ方とか予感という感じでしょうか?

 

「事件の臭いがする」とか「あれが(あやしいから)臭う」とかですね。

 

「匂い」はプラスイメージで使われる

 

さて、「臭い」とは対照的、「匂い」はプラスイメージで使われる事がほとんどです。

 

嗅覚で感じた、一般的に好まれるにおいは全て「匂い」と表します。

 

他にも、その人の良さや、色の美しさ、芸術や文芸などで、いい意味での表現の仕方として使われます。

 

「あの人は気品の匂いが漂う美しい女性だ」とか「この美しい街並みは芸術の匂いで溢れている」とかですかね。

 

ちなみに皆さんがしっている「いろは歌」の「いろはにほへと」は「色は匂えど」となっています。

 

平安時代の「整う」という意味として使われていた象形文字を使ってので、いい意味での使い方が多いのではないでしょうか。

 

「匂い」はいいイメージでなくても使う

 

「におい」という言葉はそもそも、良くも悪くも鼻で感じた事を全てさします。

 

そこから、いい意味のにおい「匂い」、悪い意味のにおいは「臭い」となっていますが、どちらとも取れないにおいってありますよね。

 

そういう微妙だなと思った時は、「匂い」を使います。

 

これは「くさい」という意味も持つ「臭い」と間違わないようにする為です。

 

基本的にはいい意味→「匂い」悪い意味→「臭い」

 

 

においの漢字の使い方に悩んだら、とりあえずいいイメージのあるものは「匂い」を、悪いイメージがあるものは「臭い」を使いましょう。

 

でも、人によって、臭覚の感じ方はバラバラです。

 

なので、この表現はどっちとも言えないかもしれないと思ったら、とりあえずは「匂い」とするのがいいのではないでしょうか。

 


 

それぞれの「におい」の漢字の使い分けも、色々奥が深いですね。

 

とりあえず、いい意味でのにおいは「匂い」で悪い意味のにおいは「臭い」と覚えておけばよさそうですね。

 

次この言葉を使う時は、気を付けて使っていきたいと思います。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ