若い世代に起こりやすい「新型うつ病」とは?うつ病との違いはなに?

 

ストレス社会である現代では、精神的な苦痛に悩んでいる人が数多くいらっしゃいます。

 

その中で代表的なものといえば「うつ病」

 

うつ病患者は現在100万人以上(うつ病、躁うつ病含む)に達しており、社会問題の一つにもなるといっても過言ではないでしょう。

 

さて、そんなうつ病ですが、最近になって、うつ病っぽいのですがちょっと違う、似て非なるものが出てきました。

 

それは「新型うつ病」です。

 

この「新型うつ病」とは一体なんなのでしょうか。

 

今回はこの新型うつ病についてご紹介したいと思います。

 


 

新型うつ病ってなに?

 

新型うつ病とは2007年頃ぐらいから出てきた精神疾患のことで、20代から30代の若い世代に対して多く発祥しています。

 

この新型うつ病という名前の病気は実際に存在せず、うつ病の一種として認識されています。

 

うつ病には症状やそれに至る過程により、大きく4つに分けられています。

 

分類としては「メランコリー型うつ病」「双極性障害」「非定型うつ病」「気分変調症」とがあり、この新型うつ病は「非定型うつ病」に分類されます。

 

新型うつ病の特徴

 

新型うつ病の症状としては、以下が挙げられます。

 

自分の好きな仕事や趣味等の時だけ元気になる

 

新型うつ病は仕事の時だけ憂鬱な状態になるのですが、自分の得意な仕事や趣味をしている時だけ元気になります。

 

この特徴が新型うつ病の代表的な特徴です。

 

うつ病の場合は好きな趣味をしていても憂鬱が続いているのですが、新型うつ病はそれがなく、好きな事をするときはとても元気です。

 

好き嫌いがはっきりしているんですね。

 

うつ病をよく公言する

 

うつ病の人の場合自分がうつ病であるという事をなるべく隠す傾向があるのですが、新型うつ病の場合はうつ病の人と違い、自分がうつ病であるとアピールするように公言するようです。

 

中には、うつを理由に長期的に仕事を休むなどをしたるする人もいるそうです。

 

また、治療に協力的ではあるのですが、うつ病という病気に依存し、結果的に治そうとしない人もいます。

 

情緒不安定

 

新型うつ病の人は感情の浮き沈みが激しく、情緒不安定になります。

 

何でもかんでもネガティブに捉えがちになるので、周りのちょっとした事でも、自分は避けられている、嫌われている、煙たがられている、と思い込んでしまい、傷ついてしまいます。

 

また、逆に攻撃的になり、相手に対して激しく反応してしまう事もあります。

 

その為、急に泣き出したり、わめきだしたり等、しばしば起こるようです。

 

倦怠感、疲労感に伴い、過眠・過食に陥りやすくなる

 

仕事に行く前の朝など、倦怠感、疲労感がひどく、仕事に行きたくないという思いが強く出るせいで、いくら寝ても寝たりないくらい過眠に陥りやすくなるそうです。

 

また、過食の傾向もあり、甘いものやポテトチップス等のお菓子を食べ過ぎてしまう事もあります。

 

その他の症状

 

  1. イライラして気分が落ち着かない。
  2. 社会不安(対人恐怖)の傾向がある
  3. 周りの顔色や評価が気になる為、他人の意見で自己評価が変わる
  4. 慢性的抑うつ状態が続く。(軽度な症状)
  5. 衝動的な自傷行為や自殺未遂をする場合がある
  6. ルールに対して否定的で、協調性があまりない為、社会生活でストレスを感じやすい

 

どんな人がなりやすい?

 

新型うつ病になりやすい人は以下の傾向があります。

 

ストレスに弱い

 

うつ病もそうですが、ストレスに弱いとなりやすい傾向にあります。

 

ちょっとしたことで叱られた時に、全人格を否定されたと思ってしまう方は要注意です。

性格

 

性格によっても新型うつ病になりやすいかが決まってきます。

 

なりやすい傾向の性格は以下が例として挙げられます。

  1. 自己中心的
  2. 自己愛が強い
  3. 他人に対しての欲求が強い
  4. 自信がない
  5. 周りの目が気になる
  6. 自己主張がない
  7. 責任転嫁をよくする
  8. プライドが高い

 

女性

 

新型うつ病は女性がなりやすい傾向にあるようです。

 

ちなみにうつ病に関しても女性の方がなりやすい傾向にあり、男性に比べ2倍近く差が出てきています。

 

10代~30代の若い世代

 

新型うつ病は10代~30代ぐらいまでの若い世代になりやすく、特に10代~20代前半がなりやすい傾向にあります。

 

新型うつ病を防ぐには?

 

新型うつ病は普段の生活により、防ぐ事が可能です。

 

方法としては以下が挙げられます。

 

栄養をしっかり摂る

 

栄養が足りてないと身体的な不調だけでなく、精神的な不調も起きやすくなります。

 

特にアミノ酸、ビタミンB類、ビタミンC、ミネラルは脳の感情物質の素になる栄養素なので、積極的に摂りましょう。

 

食事で難しそうなら、サプリメントもいいですよ。

 

小さな事でもいいので目標を作る

 

目標を達成しなければならないと自分自身で自覚を持つことで、精神の覚醒を促し、生活リズムを整えるのに役立ちます。

 

目標は小さな事で構いません。

 

「今日はしっかり会社に行く」とか「いつも避けてる仕事を10分だけやる」とか。

 

むしろ小さな目標をたくさん作って、どんどん達成していきましょう。

 

その達成感によって、日常の楽しみも増え、安定した毎日が送れるでしょう。

油ものジュースは避ける

 

スーパーやファーストフードの揚げ物やポテトチップス等のお菓子は新型うつ病を悪化させる傾向にあります。

 

これらは酸化した油なのですが、この酸化した油は脳の感情物質を幻覚物質に変えてしまう為、危険です。

 

またジュースは大量の糖を使っているのがほとんどで、糖を分解する為に感情物質の栄養素であるビタミンB類が大量に失われる為、脳の動きが悪くなってしまうのです。

 

以上のことから、油ものやジュースは避けた方がいいでしょう。

 

ちなみに、油ものはその日に揚げてすぐ食べるものであれば問題ありません。

 

問題なのは時間が経って酸化している油ものなのです。

 

適度に運動をする

 

適度に運動をする事により、精神を安定する物質セロトニンが分泌されるので、気持ちが楽になります。

 

また、汗をかくことで、リフレッシュとリラックス効果も得られるので、脳にもいい影響を与えてくれます。

 

軽いウォーキングでも構わないので、なるべく運動するようにしましょう。

 


 

新型うつ病は一見すると、ワガママでずるい人間として見られ、誤解される人がほとんどです。

 

 

新型うつ病にかかったままでいると、周りからの信用を失くし、見放される可能性が高くなってしまいます。

 

もし、新型うつ病の傾向が自分にもあると思ったなら、普段の生活を見直し、治していくようにしていきましょう。

 

また、一人で難しいなら、医師と相談して治療するためにがんばりましょう。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ