意外と厄介な五月病!その原因と対策を知って五月病を乗り切ろう!

 

4月から入社した、新入社員も続々と研修を終え、5月あたりから新しい部署に配属される所が多いかと思います。

 

また、学生さんは新しい生活にも徐々になれていき、新しい友達も増えだす頃。

 

これからの事で期待や不安等、様々な想いがあるかと思います。

 

しかし、この5月ごろにやってくる病気があります。

 

それは「五月病」

 

名前ぐらいは聞いた事があるかと思いますが、実際の所どういう病気なのでしょうか?

 

今回はこの五月病についてご紹介したいと思います。

 


 

五月病ってなに?

 

五月病とは、新しい環境への期待があり、やる気はあるものの、環境に適していないとうつ病と似た症状が起こります。

 

主にゴールデンウィーク明けに起こるとされている為、五月病と呼ばれています。

 

医学的に五月病という病気の名前はなく、主に診断される病名は「適応障害」や「うつ病」と診断されます。

 

また、5月だけでなく、6月に出る場合もある事から六月病なんて言われたりします。

 

これは、6月から新人が本格的に仕事を始める場合がある為です。

 

ちなみに5・6月以外にも五月病に似た症状を起こす場合もあるので、季節限定の病気ではありません。

 

五月病の症状は?

 

症状としては、以下が挙げられます。

 

  1. 抑うつ
  2. 無気力
  3. 不安感・焦り
  4. 不眠
  5. 疲労感・めまい
  6. 食欲不振
  7. やる気が出ない
  8. 人と関わるのが億劫

 

五月病の原因は?

 

主な原因としては、新しい環境の変化についていけず、そのせいでストレスを溜めて行くとなりやすい病気です。

 

例えば・・・

 

  1. 初めての一人暮らしで、新しい変化についていけない。
  2. 新しい人間関係をうまく構築できない
  3. 入社・入試という大きな目標を達成した解放感のせいで、次の目標をうまく作れなかったり、混乱する。
  4. 新しい生活が想像していたものとのギャップが違い、ついていけない。

 

等が挙げられます。

 

五月病の対策は?

 

主な原因が新しい環境に適応できないストレスということになるので、このストレスをなんとかする必要があります。

 

要はストレスを発散しろってことですね。

 

 

特に、運動をするのがおすすめです。

 

体を動かすことにより、ストレスを発散するだけでなく、体も鍛えられますので、一石二鳥です。

 

他にも好きな音楽を聴いたり、好きな映画を見たり、現状の悩みを誰かに話したり、等々色々あります。

 

ただ、好きな事だからといって、好きなものを食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりすると、逆に体に危険が及ぶので、そういった事に関しては注意が必要です。

 


 

この五月病は大体の人が経験している事かと思います。

 

しかし、この五月病を乗り越えれば、仕事や勉強、プライベートが充実した生活が待っているかもしれないので、今が踏ん張り時です。

 

少しでも不安を感じる事があるなら、一人で抱え込まずに相談したり、少し運動してストレス発散したり等して、不安を取り除いていきましょう。

 

そうすれば、五月病になんてかからずに済みますよ。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ