ADHDにもメリットはある!ADHD特有の素敵な才能!

ADHDによって悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

 

普段から物忘れが多かったり、ちょっとしたミスがたくさんあったり、集中できなかったりで、仕事だけでなく、普段の生活にも支障をきたす可能性があるADHD。

 

しかし、ADHDにも悪い事ばかりではなく、いい事もたくさんあります。

 

ADHDの特徴を自身の「個性」と考え、その個性に合った仕事を選ぶと、普通の人以上に力を発揮することもあるのです。

 

ではADHDのメリットってなんでしょうか?

 

今回はこのADHDのメリットについてご紹介したいと思います!

 


 

ADHDであることのメリット

 

ADHDはマイナスなイメージを抱きがちですが、メリットもたくさんあるのです。

 

そのメリットに自身で気づき、どう活かしていくかによって、人生は大きく変わります。

 

行動力が高く、活動的

 

多動性の強い方はじっとできず、落ち着いていられないということになりますが、考え方を変えれば行動力が高く、エネルギッシュで活動的ともとらえれます。

 

新しい発見を求めて積極的に行動するため、 自分の考えで突き進む行動力のあるリーダーに向いているそうです。

 

しかし、猪突猛進なところもあり、失敗しやすいので、サポート役は必須ですが。。。

 

 

物怖じせずに、未開の地へ踏み入り、先の見えないゴールを突き進むような探検家たちはADHDの傾向があったことでしょう。

 

行動力というのは、生きていく上で大きな武器となります。

 

何事も行動しなければ、なにも起きないわけですからね。

 

今も昔もそれは変わりません。

 

行動力においてADHDの人は一歩先に進んでいるわけです。

 

これは、かなりの長所と言っていいでしょう。

 

新しいことに敏感

 

集中力に欠け、飽きっぽい傾向にあるADHDですが、活動的な点あってか新しい事には敏感です。

 

飽きやすい特徴の為、常に刺激を求め、新しい事にチャレンジしたり、冒険したりします。

 

新しいスポットを開拓する、自分の知らない道を歩いてみる、やったことない事をしてみる等、なににハマるかは人それぞれになりますが、幅広く知識や経験を手に入れるので、情報通になったりもします。

 

知識と経験というのは財産です。

 

この量が多い程、役立つ事が増えるので、周りから重宝されやすかったりします。

 

コミュニケーション能力が高い

 

これも、多動性・衝動性が優位な人に多いと思います。

 

ADHDの人はついつい話すぎてしまう傾向にあるのですが、どんな人でも積極的に気さくに話すことができます。

 

しかし、衝動性のせいか、うっかり失言したりもあるので、十分に注意も必要です。。。

 

なので、積極的に色んな人とコミュニケーションをとって場数を踏み、経験を積むと、人と人を繋ぐことのできる重要なキーマンに化けたりもします。

 

そうなると、周りから重宝されまくりです。

 

アイデア豊富な創造性

 

ADHDはクリエイティブな面において、創造性に優れているそうです。

 

理由としては、ADHDは集中力が乏しく、飽きっぽいので、色々な事を考えています。

 

一つの事に集中できない変わりに様々な事を思いめぐらせては連想してを繰り返して、他の人が考えつかないことを考えることができるだそうです。

 

常に妄想してる感じですかね。

 

しかし、ただ考えを巡らせるだけでは、ただ雑念がぐるぐる回っているだけで、なんの役にも立たないので、創造性に役立つ知識や材料を手に入れる事により、初めて役に立つのです。

 

好きな事にはとことん集中できる

 

集中力はないとあれほど言っていますが、好きな事に関しては違います。

 

興味のある事、好きな事に関しては常人以上に集中できます。

 

場合によっては、寝るのも食べるのも忘れるぐらいです。

 

芸術であればものすごい大作ができたり、学問であれば新しい発見や、新薬の完成なんかも成し遂げる可能性も十分あります。

 

しかし、これは有害でないものにハマればいいのですが、ハマったものがギャンブルや麻薬、タバコ、異性だったりすると、没頭し過ぎるがゆえに破滅する可能性もあります。

 

ともすると諸刃の剣ともいえる特徴ではありますが、ハマる方向性を間違えなければ、その分野で大成することだって難しくありません。

 

 

頭の回転が早い

 

これも衝動性から来る特徴です。

 

ADHDの人はおしゃべりで早口で、ひたすらしゃべる傾向あります。

 

自分の考えを次々とひたすら話すことができるのは、人一倍頭の回転が早く、次々に思い浮かぶからなのです。

 

なので、ADHDは話がコロコロ変わってしまいますし、失言も少なくありません。

 

話がコロコロ変わったり、失言したりは自ら意識し訓練すればうまく制御することも可能です。

 

また、この頭の回転の早さと行動力を活かせば、グループのリーダーとして最大限に力を発揮することができるのです。

 

強い感受性からくる共感力

 

ADHDの人は衝動性や不注意のせいで、コミュニケーションにおいて失敗が通常の人より多いです。

 

その困難や失敗を多く経験することにより、感受性が強くなり、人の言葉や感情に敏感になる人もいます。

 

人の感情に敏感ということは、相手が何を思っているのかを気づきやすいので柔軟な対応がしやすくなります。

 

 

そうした柔軟な対応をすることにより、相手との共感が生まれやすくなるので、コミュニケーションもスムーズにいきやすくなるでしょう。

 

また、強い感受性というのは芸術において大きな力を発揮しやすいのです。

 

特に音楽、演劇、小説など様々な表現を必要とする分野で活躍が期待できます。

 


 

今回紹介したADHDのメリットについては全てのADHDの人が当てはまるわけではありません。

 

ADHDのタイプによってどれが当てはまるかが変わってくるかと思います。

 

自分はこれに当てはまるかも?と思ったならそれを長所として、どんどん伸ばしていきましょう。

 

そうすると人生において何かヒントを得られるかもしれません。

 

ADHDは考え方によっては毒にも薬にもなります。

 

なので、このADHDというものを理解し、どううまく活用してやろうか?といった発想はとても重要になってきます。

 

 

ミスが多くて、物忘れが多くて、集中力がなくて、落ち着きがないから、自分はダメな人間なんだと思っている方は、今日でその考えを捨てましょう。

 

人生前向きに考えた方が、色々楽ですよ。

 

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ