美のホルモンで女子力アップ!エストロゲンを増やして魅力的な女性へ

男性にとって重要なホルモンもあるように、女性にとってももちろん重要なホルモンはあります。

 

美のホルモンと言われる「エストロゲン」です。

 

女性ホルモンの重要性については一度ご紹介しました。

 

エストロゲンの効果は女性らしさを維持する様々な効果があり、アンチエイジング、肌・髪の美容、女性らしい体つきの維持、おっぱいが大きくなる(うひょーw)、等があげられます。

 

また、美容関係だけでなく、生理痛の改善、記憶力・集中力の向上、自律神経を整える等もあります。

 

こんな素敵なホルモン、増やしたくないわけないですよね~。

 

エストロゲンに分泌に効果的な栄養素については一度ご紹介していますが、まだまだ増やし方はあります!

 

今回はエストロゲンの増やし方についてご紹介します!

 


 

エストロゲンの増やし方その① 骨盤周りのストレッチ

 

 

 

エストロゲンも含め女性ホルモンは冷えやストレスが大敵です。

 

なので、ストレッチで血流をよくして、内臓の働きをよくしてやる事が重要になるわけです。

 

また、女性ホルモンが分泌されるのは卵巣なので、卵巣がある骨盤周りの筋肉、関節を重点的にストレッチして刺激してあげると、卵巣の活動も活発化し、結果的に分泌が増えるというわけです。

 

この点では男性ホルモンの増やし方も一緒ですね。

 

ストレッチは柔軟性をあげるだけでなく、ストレスも緩和してくれます。

 

ぜひ、日々の週間に取り入れましょう!

 

エストロゲンの増やし方その② 体を温める

 

先ほど、紹介したストレッチの内容にも出てきましたが、エストロゲンの大敵の一つは冷えです!

 

服装とかちょっと薄着気味になってたりしませんか?(目の保養にはなりますが。。。ぐへへ)

 

女性は男性よりも平均体温が低く冷え性になりやすいので注意が必要です。

 

特に骨盤周りを冷やすのは良くないので、意識的に温める事を心がけてください。

 

自分の体は大切にしてくださいね。

 

エストロゲンの増やし方その③ 十分な睡眠をとる

 

こちらも基本的なことであり、とっっっっっっっっっても重要なことです。

 

女性ホルモンの分泌は脳からの指令により、卵巣から分泌されるというな流れになります。

 

睡眠は脳の疲れをとってくれるのですが、睡眠不足が続くと脳の疲れをうまくとることができず、疲れが溜まってしまいます。

 

そうなると、脳が正常指令を下すことができず、ホルモンのコントロールが出来なくなり、結果的にエストロゲンの分泌が減少してしまいます。

 

なので、睡眠は大事にしてください!!!!

 

また、睡眠は体温を下げた状態の方が質の良い睡眠につながるので、入浴後3時間経ってからがおすすめです。

 

寝る子は育つ!

 

エストロゲンの増やし方その④ 恋をする

 

え!?恋で!?って思う方も多いでしょうが、これも効果的です。

 

恋愛している時のドキドキ感はドーパミンが分泌されたもので、その影響を受けてエストロゲンも分泌が増えるそうです。

 

恋する女性は美しいなんて聞いた事ありますが、これはあながち間違いじゃないのです。

 

これは疑似恋愛でもOKなようで、憧れの俳優、アイドル、スポーツ選手、芸能人等を応援するのもいいそうです。

 

関連してなのですが、これは愛のあるセックスも同じです。

 

愛のあるってのがポイントでただセックスすりゃいいってわけではないのです。

 

重要なのは、満ち足りたドキドキ感ということです。

 

なので、この感覚を感じることができるなら、趣味に没頭するなども該当するんじゃないでしょうか?

 

みなさん、恋してますか?

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

途中セクハラっぽい発言をしましたが、これはご愛敬ということで。(気分を害された方、本当にすみません。)

 

さて、今回は女性ホルモンの増やし方も色々あります。

 

こうしてみると、大好きな(←これ重要)彼氏や夫に抱きしめて温めてもらいながら、ストレッチを手伝ってもらうのが最強なんですかね?

 

きっとエストロゲンドバドバです。(リア充め。。。)

 

 

真面目な話にもどりますが、このエストロゲンも日々の生活習慣によって大きく左右されてしまいます。

 

特に、ストレスと冷え!

 

この二つは女性ホルモンの大敵です。

 

なので、この二つは常に意識していただきたいですね!

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ