寂しい?淋しい?この二つの違いとは?

日本語ってのは本当に難しいですよね。

 

日本人ですら、日本語をしっかり話せたり、ちゃんと使いこなせる人は少ないんじゃないでしょうか。

 

正直、私は全く自信はありません。。。

 

将来子供ができたら、ちゃんと教えれるのか心配です。。。

 

といっても、独り身なので、今のところそんな心配する必要ないのですが。

 

さびしいことです。。。。はぁ。。(´・ω・`)

 

さ、さて、今回の内容ですが、先ほど出てきました言葉「さびしい」についてです。

 

これは以前から気になってたのですが、これを漢字で書くとこうなります。

 

●寂しい

●淋しい

 

そう、二つあるんですよ。

 

普通にスマホやPCの変換ででたものを使っていて、深く考えてなかったんですが、二つあるからには使い方あるのでしょう。

 

それは一体なにか?

 

今回はこの「さみしい」について調べてみました!

 


 

「寂しい」「淋しい」この二つの違いは?

 

さびしいの意味

 

さびしいの意味を調べると、こうなります↓

 

①あるはずのもの,あってほしいものが欠けていて,満たされない気持ちだ。物足りない。さみしい。

 

②人恋しく物悲しい。孤独で心細い。さみしい。

 

③人けがなくひっそりしている。心細いほど静かだ。さみしい。

 

ちなみに、どちらの漢字も同じ意味です。

漢字の成り立ち

 

あれ?じゃあ、どっちも意味一緒なんじゃどっちでもいいんじゃ?

 

なんて思ったのですが、二つの漢字を使っているなら、漢字自体に意味があるのではと思い、それぞれの成り立ちを調べてみました。

 

【寂】

宀+叔

「宀」は「屋根・家屋」を表す象形で、

「叔」は「あわれむべき幼い人、いたみあわれむ」を意味することから、

「寂」は屋内がいたましく「さびしい」という意味となります。

 

【淋】

+林

「氵」は流れる水を意味する象形で、「林」は木が並び立ち、絶え間なく続くという意味となりますので、

「絶え間なく、汁がしたたる」という意味となります。

 

漢字の成り立ちはどちらも全く異なっています。

寂の漢字の方が、より「さびしい」のニュアンスに近いみたいですね。

 

「寂しい」「淋しい」の使い方は?

 

こちらの2語ですが、意味も全く同じなので、はっきりとした使い分けはありません。

ですが、一応使い分けみたなのがあるみたいで、「寂しい」は物静かな様子や、景色があれている様子、心細い様子等、客観的なさびしさとして、「淋しい」は悲しいや、泣けてくるような気持ち等、情緒的なさびしさとして、使われている傾向があるようです。

 

▼例えば。。。

○部屋になにもなくて寂しい

○さっきまで人がいたのに、みんなが帰って淋しい

○秋から冬になり、木々の葉がすべて落ちて寂しい

○あの人にずって会えなくて淋しい

 

といった具合です。

 

「さみしい」と「さびしい」

そういえば、読み方も二つあるんでした。。。

 

「さみしい」と「さびしい」

 

読み方まで二つあるとはなんとややこしい。。。

 

やっぱりこの二つの違いがあるんでしょうか?

 

「さびしい」の由来

 

そもそも「さびしい」っていつからあるんでしょうね?

 

とりあえず、由来を調べてみるとこんな感じになりました↓

 

そもそも、「さびしい」という言葉は万葉集の時代までさかのぼり、その時は「さぶし」となっていました。

 

そこから、平安時代になり「さびし」に変化し、さらに江戸時代頃に「さみし」に変化したものも使われるようになり、現代まで、両方残ったみたいですね。

 

この「さぶし」の「さぶ」は「心が荒れすさぶ」「勢いが衰える」「古くなる」といった意味の「さぶ(荒ぶ)」からできたと言われているようです。

 

そして、この「さびしい」が変化したのが「さみしい」となるようです。

 

この「さびしい」から「さみしい」に変化したように「び」の子音の「B」から「み」の子音「M」へ変化、またはその逆に変化した言葉は意外とあります。

 

例えば、

 

けぶり→けむり

 

つむる→つぶる

 

等ですね。

 

目を瞑るの「つむる」、「つぶる」は今でも使いますよね。

 

読み方の使い分け

 

さて、読み方についての使い分けですが、古くからある「さびしい」が標準的な言い方のようです。

 

なので、基本的には「さびしい」を使うようです。

 

では、「さみしい」のほうですが、「淋しい」と同じで、

 

情緒的なものとして使われている事が多いみたいですね。

 

また、内閣告示されている「常用漢字表」では「寂しい」の読み方は「さびしい」となっており、「さみしい」は認められていないようですので「さみしい」と呼んでほしければ、ひらがなで書くことをオススメします。

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

この「寂しい」と「淋しい」ですが、調べると意外と奥が深いですね。

 

漢字については一応はどちらを使ってもいいようなのですが、常用漢字としては「寂しい」が基本的に使われているようなので、ちゃんとした文書を作成する際などは、「寂しい」を使ったほうがいいでしょう。

 

でも、小説や歌詞など感情の表現を重視するものは「淋しい」を使った方がいいんじゃないでしょうか。

 

物語にさらに深みが増すと思います。

 

これは読み方の方も一緒ですね。

 

皆さんもぜひ参考にしてくださいね!

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ