妊娠中の夫の行動にイライラ!夫が気をつけるべき妊娠中の行動とは?

 

妊娠中の奥さんは、心身共に不安定な日が続いてしまいます。

 

その為、今までやってきた行動が、いつのまにか妻の癇に障る行動となっている事になってしまい、途端に怒られたり、ムスッとされたりすることも少なくないそうです。

 

夫としてはなぜこんな事で怒られなければならないのか?と思ったりもしますが、妊娠中の妻の事を考えてみると納得できることも増えてくると思います。

 

それに、妊娠中のストレスは母子共に悪い影響を与えてしまうので、なるべくであれば、夫側の方もよく考えて行動し、妻のストレスを軽減させてあげたいものです。

 

では、どんな行動が妻にとってストレスを与えてしまうのでしょうか。

 

とういことで、今回は妊娠中の妻がイライラしてしまう夫の行動について調べてみました。

 


 

妊娠中はイライラしやすい

 

妊娠中というのはホルモンバランスが崩れやすい状態です。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうと、イライラしやすくなったり、鬱になりやすくなったりします。

 

なので、妊娠中通常よりも、デリケートな期間と言えるわけです。

 

また、ホルモンバランス以外にも、つわりやお腹が大きくなる事によって生じる行動の制限等も重なり、さらにストレスも溜まりやすくなるわけです。

 

こうした状態であるので、今まで特になにも言われてなかった事も、癇に障ってしまう事も多いにある為、夫の方は行動に注意が必要になってきます。

 

夫としてやってはいけない行動

 

妊娠中はイライラしやすいのはわかりましたが、具体的にはどんな事を気をつければいいでしょうか。

 

以下の事が考えられます。

 

家事や育児を手伝わない

 

自分は毎日仕事して、お金を稼いできているので、家事は奥さんにまかせっきりという人も少なくないと思います。

 

しかし、妊娠中は体調も崩しやすく、行動も制限される為、思った以上に家事しにくくなってしまいます。

 

それに、すでに小さいお子さんがいる場合は、その子の面倒もみなくてはならないので、さらにストレスが溜まっていきます。

 

そうした状態で家事や育児をまかせっきりだと、さすがに辛すぎますので、夫としても家事や育児を手伝い、少しでもストレスを軽減させてあげる必要があります。

 

仕事で疲れているのもわかりますが、ストレスは母子共に悪影響を与えてしまうものですので、できる限り家事や育児を手伝ってあげましょう。

 

自分の行動を制限しない

 

妊娠中の妻というのは、行動が強制的に制限されることが多いものです。

 

それなのに、友人や同僚とよく飲みに行ったり、休日は趣味に没頭したり、好きなものを食べたり飲んだりしたり等して、自分の行動は制限せずにいると、妻のストレスはどんどん溜まっていきます。

 

逆の立場で考えてみれば、自分はやりたくてもできないことを目の前でされれば、誰だってムカつくものです。

 

それに、妊娠中は一人でいることも多く、一緒にいてほしいという時にいないとなると、奥さんも不満が溜まる一方でしょう。

 

なので、妊娠中の妻の気持ちを汲み取り、夫側もある程度行動に制限した方がいいでしょう。

 

仕事で毎日疲れているのに、さらに行動の制限までしなければいけないの?と思うかもしれませんが、妊娠中は大事な時期なので、少しでも妻の傍にいてやり、様々な面でできる限りサポートしてあげましょう。

 

タバコに関して

 

行動の制限において、最も優先的に行なったほうがよいのが禁煙です。

 

タバコは妊婦が吸っていなくても、タバコの副流煙によって害を及ぼすこともありますし、身体についたタバコの臭いで、つわりがひどくなるという事もあるので、タバコ自体が良いものではありません。

 

今まで吸ってきたタバコをやめるのはかなりキツイかと思いますが、子供や妻の事を考えるのであれば、タバコはやめたほうがいいでしょう。

 

言動に思いやりやデリカシーがない

 

つわりで苦しい思いをしているのに対してそれは大げさだと言ったり、妊娠中に太った?と言ったり、つわりが辛くて横になる事が多いときにいっぱい休めていいねと言ったりと、妊娠中の妻に冗談のつもりで言った言葉が妻の心を傷つけてしまいます。

 

妊娠というのは男が体験することができないので、いまいち気持ちがわからないという人が多いと思いますが、気持ちがわからないからと言って何を言ってもいいわけではありません。

 

いくら今まで冗談を言っても大丈夫だったとしても、妊娠中は前述したとおり、ストレスを溜めやすいものなので、言動にはしっかりと注意していきましょう。

 

気を使いすぎる

 

いくら妊娠中の妻が心配だからと言って、気を使いすぎるのも逆にストレスになってしまいます

 

例えば、日々の徹底した栄養管理、服装のチェック、1日の行動スケジュール等々、母子共に健康になるために、事細かに決めていくと流石にやりすぎになってしまいます。

 

心配してくれるのはうれしいものですが、心配されすぎると信用されてないと思われて、逆にイライラしてしまうので程々にしてください。

 

よかれと思ってというのが、案外一番よくなかったりするのですよ。

 


 

男性に生まれた以上は、妊娠する機会は皆無なわけなので、妊娠する人の気持ちというのはわからない事だらけだと思います。

 

しかし、わからないからと言って、わかろうとする努力を怠るのはまた違う気がします。

 

せっかく夫婦になれたのですから、お互いに助け合って行くのが、いいものなんではないかな?と私は考えます。

 

なので、夫の方は妻の妊娠中の辛さを少しでも理解しようとし、行動にうつしてあげてください。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ