「焼く」と「炒める」調理法の違いは?

皆さんは得意な料理はありますか?

 

煮物や炒め物、焼き物に揚げ物に蒸し物など、色々な調理法によりたくさんの料理ができるわけです。

 

さて、調理法についてふと思ったことがあります。

 

「焼く」と「炒める」

 

これって違いがあるのでしょうか?

 

他の煮るであったり、揚げる、蒸す等は目に見えて違いがわかるのですが、この二つは似てる部分が多いですよね。

 

そこで、今回はこの「焼く」と「炒める」の違いについて少し調べたいと思います。

 


 

「焼く」と「炒める」の違い

 

「焼く」

 

人類が初めて火を発見したときから行われた、最古の調理法です。

 

これは他の「煮る」「揚げる」「炒める」「蒸す」なんかとは段違いに古いです。

 

超古株さんです。逆らえません。

 

直火焼き・炭火焼き・鉄板焼き・炙り焼きなど色々な焼き方があるのですが、基本的には炎などの熱源の放射熱や、空気を媒体としての熱の対流を利用して、食材を加熱する方法になります。

 

なので、炎を直接素材にあてるだけでなく、炭火から発生する遠赤外線による加熱も焼きに入ります。

 

「炒める」

 

フライパン等の調理器具を使い、野菜や肉等を少量の油でいりつけて料理する調理法です。

 

「焼く」との大きな違いは油を使って、素材をかき混ぜながら調理することです。

 

かき混ぜるという部分が決定的な差と言えるんじゃないでしょうか。

 

「炒める」の基本料理としては野菜炒めやチャーハン、焼きそばなんかが当てはまります。

 

これは「焼く」?「炒める」?

 

ムニエル

 

フランス料理でお馴染みのムニエル。

 

この料理の調理法としてはフライパンに油をひいて、魚などを加熱するのですが、これは「焼く」に入ります。

 

炒めるの定義として、油を使ってフライパンで料理するということなのですが、かき混ぜて料理していないので、一応は「焼く」に分類されます。

 

焼きそば

 

これは「炒める」に入ります。

 

料理法も鉄板に油をひいて麺や野菜を混ぜて料理しているので、定義したものでいくなら「炒める」に入ります。

 

じゃあなんで「焼き」なんて言葉入っているんでしょう?

 

実は、日本に「炒める」がなかった

 

日本料理は基本「焼く」か「煮る」か「揚げる」ぐらいで、「炒める」という調理法が来たのは明治頃と言われています。

 

明治に入るまでは、「炒める」という概念がなかった為、炒める行為を焼きものと認識していたのではないでしょうか。

 

なので、炒飯(炒める飯)が焼き飯になったと推測されます。

 

ちなみに、先ほど紹介した焼きそばですが中国語で炒麺となります。

 

また、炒麺は日本の焼きそばと違い、塩味や醤油味のものがおおいです。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

基本的には、中までじっくり火を通す調理法は「焼く」、食材をかき混ぜながら加熱する料理法は「炒める」って感じですかね?。

 

こうしてみると、「焼く」に関しては明確にわかりやすいのですが、「炒める」に関してはどうも曖昧ですね。

 

恐らくこれは日本だけのような気がします。(いや、もっと調べれば色々でるかもしれない。。。)

 

それは、前述したように、もともと日本に「炒める」という調理方がなく、「炒める」=「焼く」となった為、現在になって曖昧になってきたのでしょう。

 

歴史をみて考えてみると結構面白いです。

 

また、色々調べてみたいと思います。

 

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ