出産後に嫁に嫌われるのはなぜ?離婚もありえる産後クライシス問題

 

出産し、子供が誕生することは、とても喜ばしいもので、生まれた子供のこれからの成長の期待感と、自分が親になったのだという実感で、充実した気持ちになるのだと思います。

 

しかし、出産後というのは、母親の精神状態が大きく変わるようで、夫に対して冷たくあしらったり、ののしったりする等、夫に対して嫌悪感を抱きやすくなるそうです。

 

こんなことが続けば、夫側も嫌われたと思って、愛情を失ってしまい、最悪離婚というのも少なくないそうです。

 

こうした事を近年では「産後クライシス」と呼ばれており、出産後の夫婦の大きな問題となっています。

 

せっかく、子供が生まれたのに、夫婦仲が悪くなるなんてとても悲しいことですよね。

 

しかし、なぜこの産後クライシスというものが起こってしまうのでしょうか。

 

そして、この産後クライシスに夫側はどういう対応をすればいいのか?今後の為に知っておきたいところです。

 

今回はこの産後クライシスについて調べてみました。

 


 

産後クライシスとは?

 

産後クライシスとは、出産後に起こる、夫婦間の関係悪化する現象の事です。

 

産後クライシスのような現象は、古くから起こっていたもので、言葉として提唱したのが、2012年のNHKが最初になります。

 

この産後クライシスによって、夫婦間だけでなく、双方の親、親類等、周囲の関係も悪化してまうこともあるそうで、最悪の場合、離婚や別居に至るケースも珍しくないそうです。

 

場合によっては、何十年も引きずって、子供が成長しきった後に、熟年離婚なんてこともあるのだとか。

 

産後うつとの違い

 

産後クライシスは産後うつと間違われやすいそうなのですが、産後うつは産後に精神的に不調に陥ったものになります。

 

対して、産後クライシスは産後2年以内の夫婦仲が悪化する現象を指します。

 

ちなみに、この産後うつが原因で、産後クライシスに発展するということもあり、違いはありますが、関係性は深いものになります。

 

 

産後クライシスの原因

 

産後クライシスはなにが原因で起こってしまうのでしょうか?

 

考えられるものとして、以下のケースが考えられます。

 

ホルモンバランスの乱れ

 

女性は、妊娠から出産までの過程でホルモンバランスが大きく変化するもので、妊娠中はお腹の赤ちゃんを育てるためのホルモンがたくさん分泌されるのですが、出産後はそれが不要になる為、一気にホルモンが減少してしまいます。

 

ホルモンは心身を安定させるためのバランサー的な存在なので、これが一気に減ってしまうと、心身ともに不調を感じてしまいます。

 

そうなると、イライラしやすくなって、攻撃的になってしまうので、夫に当たってしまったりしてしまうそうです。

24時間子育てにつきっきり

 

会社や学校は休憩があったり、休みがあったりと、身体を休める時間がありますが、子育てはそうはいかないもので、24時間つきっきりで子育てしなければなりません。

 

そんな状態を毎日続けていたら、もちろん心身共に不調に陥ってしまいますので、精神的にも不安定になり、攻撃的になりやすくなります。

 

子育てに対する認識の相違

 

妻は子育てだけでなく、料理、掃除、洗濯などの家事も行なう必要もあるので、想像以上に大変なものです。

 

それで、夫は仕事しかしていない上に、付き合いで遊びに行っているとなったら、不満も抱きやすくなっていきます。

 

これで、子育てや家事は女がするもんだ!と言われた日にはさすがに不満も爆発するもんです。

 

また、なるべく妻の手伝いをする人もいますが、家事や子育てに対して不慣れな事が多く、妻のようにうまくできないことが多々あるので、妻としては「こんなこともできないのか」と余計にイライラさせてしまうこともあり、手伝う事も逆効果だったりもします。

 

産後うつ

 

出産を機に仕事を辞める人も少なくないと思いますが、その際に自分が社会に取り残されてしまったと感じたり、今まで付き合っていた未婚の友達との会話や価値観が合わなくなったりして、今までの自分とはまったく違う生活になっていくことで、精神的な不安を感じるようになります。

 

また、子育てに対するプレッシャーや精神的不安も重なって、精神的にはかなり疲れを感じるようになり、うつ状態に陥りやすくなります。

 

うつ状態になると、精神的不安定になり、イライラしやすくなるので、身近にいる夫に対して、攻撃的になりやすくなるそうです。

 

コミュニケーションの減少

 

子供が生まれる前は、それなりに仲の良かった夫婦でも、出産後は子育て優先になっていくので、コミュニケーションが減っていき、夫婦間のすれ違いが多くなっていきます。

 

そうしたことが積み重なっていくと、お互いの溝が少しずつ深まっていき、互いに不満や悩み等を溜め込んでいく形になり、夫婦仲も悪化していく形となるようです。

 

夫側の産後クライシスの対処法は?

 

出産後の妻側は子育てに家事と、想像以上に心身の負担が大きいものですので、夫側もなんとか妻のサポートをしてあげたいものです。

 

では、夫側の産後クライシスの対処法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

以下の対処法が考えられます。

 

妻の産後の変化を理解し、割り切る

 

出産後はホルモンバランスが大きく崩れて、心身共に不安定になっていきます。

 

なので、急に豹変したり、激しく八つ当たりされたりして、理不尽な事を受けることも少なくないと思います。

 

しかし、これはホルモンバランスが原因である可能性が高いので、妻のイライラをそのまま真に受けたりせず、これはホルモンバランスが原因なんだと理解し、割り切ることが大事になります。

 

育児・家事を分担して行なう

 

子育てと家事を両方行なうのは、かなりの負担ですので、少しでも奥さんの負担を減らす為にも、子育てや家事を分担して行ないましょう。

 

そうすることで、子育てや家事に対する負担が分散されますので、全て行なうよりも、かなり負担が軽減されることになります。

 

出産する前に、事前に育児・家事の分担や、イレギュラー時の対応など、しっかり決めておいて、出産前から予行練習しておくのもいいかもしれませんね。

 

コミュニケーションはしっかりとる

 

妻は妻で、家事や育児に追われ、夫も夫で、仕事に追われと、お互いのコミュニケーションが出産によって、減少するのもよくあることです。

 

こうした、すれ違いが続くことにより、産後クライシスに繋がることも少なくありません。

 

なので、こうしたすれ違いによる産後クライシスを避ける為にも、積極的にコミュニケーションをとるべきだと思います。

 

妻は1日中家事に育児とやることがいっぱいですが、それをこなしたからといって、別段だれかに褒められることはそうあるものではありません。

 

それに、誰かになにか話したいのに、子供につきっきりの状態なので、誰かと話す事も難しいもの。

 

頑張っても認められないというのは、本当に辛いものですし、誰かと話したいのに話せないのも辛いものです。

 

こういった時にこそ、夫がしっかりと話を聞いてやり、共感し、労ってあげるべきかと思います。

 

仕事で忙しいのもわかりますが、なるべく時間を作って、話を聞いたりして、積極的にコミュニケーションをとりましょう。

言い方に気をつける

 

夫の何気ない一言で、妻を余計イラつかせるというのは、よく知られていると思います。

 

ましてや、産後のイライラしやすい時期に、何も考えずにデリカシーのない発言してしまうのは、自分で地雷原に足を突っ込むようなものです。

 

なので、発言には十分に注意していかなければなりません。

 

とはいえ、どんな事が癪に障ってしまうのかは、実際の所わからない部分も多いと思います。

 

そんな場合は、自分の母親や相手の母親、知り合いのママさんなどに、事前にどんな発言がダメなのか?どんな言い方がいいのか?など調査しておくのもいいと思います。

 


 

出産した後は、妊娠中よりももっと大変なものなんですね。

 

子供が生まれたからと安心して、子供に注力するだけでなく、妻のフォローもしっかりと行わないと最悪離婚になってしまいます。

 

こうならない為にも、しっかりとお互いに話し合い、助け合いを心掛けたいものですね。

 

私も今は独り身ですが、いつか結婚し、子供が生まれるのであれば、注意していきたいと思います。

 

以上、ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ