こどもの日にこいのぼりをなぜ掲げる?知っておきたいこいのぼりの事

 

こどもの日になると、各家庭でこいのぼりを飾ったり、掲げている人が多いと思います。

 

地域によっては、町ぐるみでお祭りをしたりして、一般のこいのぼりとは比べ物にならないぐらい大きいこいのぼりを掲げたりしていますね。

 

まるで、大空を優雅に泳いでいるこいのぼりの家族は、こどもだけでなく、家族全体が健やかに過ごせるように祈っているようにも見えて、とても和やかな気持ちになります。

 

ところで、このこいのぼりですが、なぜこどもの日に掲げるのでしょうか?

 

こどもと鯉というのはなにか関係があるのでしょうか?

 

ということで、今回はこどもの日になぜこいのぼりを掲げるかについて調べてみました。

 


 

こいのぼりとは?

 

こいのぼりというのは、鯉の形をした幟(のぼり)の事で、5月5日のこどもの日にこどもの成長と祝い、これからも健やかで立派に育つように願いを込めて、掲げられます。

 

幟(のぼり)と聞くといまいちピンとこないかもしれませんが、幟というのは、旗の形式の一種のひとつなので、要は鯉の形をした旗という事になります。

 

幟は元々平安時代以降に武士が、敵と味方を区別する為に利用したり、自分たちの勢力を見せ付けるために使用したりしており、形状も一枚の布の端にくくりつけ風が吹くとなびくような形になっています。

 

ただ、この幟(のぼり)とこいのぼりでは形状が変わっており、筒状にした布を紐と棒でつなぎ、風が吹くとその筒状の中に風が通るようになっています。

 

こいのぼりの由来

 

なぜ「鯉」?

 

中国の故事で、流れの激しい滝を登りきった鯉が龍になって天に昇ったという伝説(登竜門)があります。

 

鯉の滝登りと聞くと知っている方もいるのではないでしょうか。

 

龍というのは中国では皇帝の象徴とされていたので、鯉から龍へ変化するということは、華々しく出世したものと考えられるわけです。

 

つまりは、鯉というのは立身出世の象徴と言えるわけですね。

 

また、鯉は非常に生命力が高く、鯉の住めない場所はないと言われる程の生命力です。

 

余談ですが、鯉を陸にあげて濡れた新聞紙にくるんだ状態で放置したところ、3時間以上は生きていけるものもいるみたいです。(個体差はあるかと思いますが。)

 

なので、鯉はどんな環境にでも負けずに力強く育つという意味も持っているわけです。

 

この中国の故事と鯉の生命力を考えると、鯉は親が子供の将来を願う要素がたくさん含まれているので、鯉になったのではないかと考えられます。

 

なぜ「のぼり」?

 

江戸時代に武士の家計に跡取りとなる男の子が生まれると、玄関にのぼりを掲げる習慣がありました。

 

これには、男の子が生まれた事を神様に感謝するものと、これからの健やかな成長を願う意味が込められています。

 

この習慣がいつしか、庶民にも広がっていき、先程前述した鯉と合わさって、「こいのぼり」になっていったと考えられます。

 

こいのぼりはなぜ端午の節句に掲げるのか?

 

端午の節句というのは、節分と同様に元々厄払いの行事で、厄を祓うために、門に菖蒲をさしたり、菖蒲を漬けたお酒を飲んだりします。

 

菖蒲というと日本では、武道や軍事を大切にする武士という意味の「尚武」と読み方が一緒で、且つ勝負の葉が剣のように見えるので、男の子成長を祝うという意味で行なわれていました。

 

今も昔も、親が男の子に願うのは、将来立派に出世し、健やかに育ってほしいという事です。

 

このことから、立身出世と力強い生命力の象徴であるこいのぼりが掲げられるようになったと考えられます。

 

こいのぼりの種類

 

こいのぼりでよく見るのが、黒と赤と青、そして鯉の形のしていないいくつかの色があるものの4つの種類があります。

 

それぞれの名前と意味は以下のようになります。

 

真鯉

 

黒色の鯉で、一家の大黒柱の象徴である父親を表しています。

緋鯉

 

赤色の鯉で、生命力を担っている母親を表しています。

 

子鯉

 

青色の鯉で、これから成長していく子供を表しています。

 

一般的に青が多いですが、近年では緑色や紫色といった色も存在しています。

 

ものによっては、子鯉が3つ以上なんてのも結構ありますね。

 

吹流し

 

こちらは鯉の形をしておらず、五色の筒状のもので、ヒラヒラとしているものです。

 

基本的に一番上に設置されており、色は赤、青、黄、白、黒となっています。

 

これは古代中国の「五行説」から来ており、それぞれ「木・火・土・金・水」の意味を持っています。

 

この吹流しは魔除けの意味が込められており、こどもを災厄から守ってくれるために設置されています。

 

こいのぼりの上にある車輪のはようなものはなに?

 

こいのぼりを掲げるさいに、掲げた棒の先に丸いものと、車輪のようなものが着いていると思います。

 

一番上にある丸いものは、「天球」といい神様に自分の子供の存在を気づいてもらうようにする為につけています。

 

車輪のようなものは、「矢車」といいどこから「魔」がきてもそれを射抜く為にあります。

 

昔はこいのぼりは真鯉のみ

 

こいのぼりには色々と種類がありますが、こいのぼりがでた当初は黒の真鯉のみとなっていました。

 

これはこいのぼりが始まった江戸時代、元々和紙で作られていたのですが、これを染色する染料が限られていた為、他の色を使うことが出来なかった為です。

 

次第に、染料技術が発展してき、和紙から布へ変わっていくと、使える染料も増えていった為、色々な色のこいのぼりが増えていきました。

 


 

今まで、こいのぼりについて、よくわかっていませんでしたが、子供成長を祝う為の深い意味が込められていたんですね。

 

また、鯉の滝登りの話は知っていましたが、こいのぼりとも関係があるとは知りませんでした。

 

鯉は結構どこにでもいるイメージがありますが、意外に崇高なイメージがあるんですね。

 

これで、こどもの日にいざ、子供に聞かれても大丈夫なんじゃないでしょうか?

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ