お花見の起源はいつ?なぜ桜なの?意外と知らないお花見の起源や歴史

 

日本の春の定番のイベントといえばお花見ですよね。

 

桜が美しいピンクに咲き乱れるころに、お酒やおいしい料理に舌鼓を打ちながら、優雅で綺麗な桜を満喫している。

 

こうした春の楽しみ方は日本人ならではのものですよね。

 

お花見のシーズンでは、どこの公園もたくさんの人であふれますが、ああいう春の陽気と桜に浮かれている感じも悪くないなぁと思ったりします。

 

まあ、花見よりも宴会メインの人も多いと思いますが。

 

ところで、このお花見というものについてですが、一体いつから始まったのでしょうか?

 

なんとなく、昔からあるイベントという認識なのですが、そもそもいつから始まったのか私はわかっていません。

 

それに、なぜお花見の対象が桜なのでしょうか?

 

ということで、今回はお花見の起源や歴史について色々と調べてみました。

 


 

初めは桜じゃなく梅だった

 

お花見は歴史が長く、奈良時代の貴族の行事として行っていたものが起源として考えられています。

 

当時は桜ではなく、中国から伝わってきた梅を観賞していました。

 

また、この時は今のお花見のような、宴会を催すものではなく、神事としての意味合いが強かったので、みんなが楽しむようなものではなかったようです。

 

その後平安時代になり、812年頃に嵯峨天皇が梅の代わりに桜を観賞する「花宴の節(かえんのせち)」催し、観賞する花が梅から桜へ切り替わっていきました。

 

この「花宴の節」が今も行われている、桜を愛でるのお花見の原点となっています。

 

それから、831年以降は天皇主催の定例行事となっていき、桜の季節になると、貴族たちの間で宴が催されます。

 

といっても、今のようなお花見のように、みんなでワイワイとどんちゃん騒ぎするようなものではなく、あくまでも貴族たちの宴なので、桜を愛でながら歌を詠んだりして楽しんでいたようです。

 

ちなみに、この嵯峨天皇というのは、桜を大変気に入っており、地主神社から毎年献上させていた程なんだそうです。

 

この嵯峨天皇の桜好きが、日本人の桜好きの原点とも言われているそうです。

 

鎌倉時代から貴族以外の階級へ浸透していく

 

時を経て、鎌倉時代に入ると、貴族の間だけに催されていたお花見が、武士階級の人達にも浸透していきます。

 

この時ぐらいから、お花見のスタイルが変化していき、貴族の宴とは対照的に、桜を愛でながら酒を飲んでみんなでワイワイと楽しんでいました。

 

安土桃山時代には豊臣秀吉が開いた「吉野の花見」大規模なお花見がありました。

 

この花見のスケールは凄まじく、桜を1000本植えて、5000人にものの人を招いて宴会を開いたそうです。

 

この5000人の中には徳川家康や伊達政宗、前田利家等、数多くの有力な武将も参加していたとのことです。

 

庶民にお花見を広めたのが徳川吉宗

 

江戸時代に入ると、ようやく庶民にもお花見が浸透していきます。

 

1720年、8代将軍徳川吉宗が、大規模な桜の植樹を初め、庶民でもお花見を楽しめるようにしようとしたのがきっかけです。

 

当時は生類憐みの令により、禁止されていた鷹狩を復興させていましたが、鷹狩が農民の田畑を荒らしてしまうという事が多発していました。

 

田畑が荒れては農民が作物が育てられず、収入を得ることができないので、鷹狩の場に桜を植えて、花見客達が農民に料金を払わせる等して、農民にも利があるように策を打っていたようです。

 

単に庶民にお花見を浸透させたいだけではなく、こうした背景もあったわけですね。

 

この時には、桜の品種改良も行われており、かの有名なソメイヨシノが生まれたのもこの時期とされています。

 

なぜ桜になったのか?

 

お花見が梅から桜になったのは、嵯峨天皇が桜が好きだったからというのもありますが、他にも理由が考えられます。

 

桜自体は元々日本古来からあった花で、昔から桜には神様が宿っていると考えられていました。

 

サクラの言葉の語源は、山や田の神である「サ神」が神が鎮まる座という意味の「クラ」を付け足したものであり、「サ神が鎮座する木」という意味で「サクラ」と呼ばれるようになりました。

 

つまり、桜が咲くというのは、山や田の神だる「サ神」が山から降りてきたと考えられており、桜の開花に合わせて、田植えを始めて行ったりしました。

 

このように、桜は神の宿る木として、古くから信仰されていおり、大切に扱われていました。

 

こうした背景もあってか、中国からやってきた梅よりも、桜の方が浸透しやすかったのではないかと考えられます。

 


 

お花見の起源というのは、元々梅を観賞していたんですね。

 

しかも、今のような宴会というよりは、貴族専用の高尚な遊びという感じだったんですね。

 

今の現代では恐らく考えられないのでしょうが、それぞれの時代でお花見の楽しみ方があったんですね。

 

今回の事で、お花見を違った形で楽しめそうです。

 

とはいえ、ここ何年かお花見なんて行ってないですが。。。

 

今年は一人ぶらりと行ってみようかな?

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ