シーサーと狛犬の違いはなに?似ているようで少し違うシーサーと狛犬

 

神社やお寺に行ったときに、大体は入り口付近に狛犬が配置されています。

 

まるで神社や寺を守る門番のようにたたずむ姿は、いつみても凛々しい姿をしています。

 

日本全国の神社仏閣には大体この狛犬が存在していますが、これに似たもので沖縄にシーサーというものが存在しています。

 

姿かたちは狛犬とそっくりで、家の屋根等によく見かけます。

 

この二つ姿かたちがそっくりなのですが、どうやら微妙に違う部分があるらしいのです。

 

その違いというのは一体どういうものなのでしょうか?

 

ということで、今回はシーサーと狛犬の違いについて調べてみました。

 


 

狛犬とは?

 

狛犬とは、獅子や犬に似た想像上の動物で、神社仏閣の入り口、または本殿や本堂の正面左右などに像として一対で設置されています。

 

起源としては、古代インドの仏像の両脇に守護象としておかれていた、ライオンの像が起源とされており、ここから中国に伝わり、獅子という名前になって日本に伝わりました。

 

日本に伝わった時は飛鳥時代だったのですが、当時この獅子を犬と勘違いしていたそうで、朝鮮半島から伝わってきたので、「高麗犬」と呼ばれていたそうです。

 

「こまいぬ」という呼び方はいくつか諸説があるようですが、一つの説として、当時はこの伝わってきた獅子は邪気を食べるとされていたそうなので、この獅子を魔除けとして用いることにしました。

 

そこから、魔を拒絶する犬として、「拒魔(こま)犬」と呼ばれるようになったと言われています。

 

当時は、左右どちらも同じ像が設置されていたのですが、平安時代に入ると、片方は違うものを設置する事になり、角があり口を閉じているものを狛犬、角がなく口が開いているのを獅子として置くようになっていきます。

 

本来なら、どちらも違う動物になるのですが、今日までは両方を併せて狛犬と呼ばれることが多いそうです。

 

また、狛犬は元々は天皇の玉座を守る守護獣とされていたのですが、そこから天皇に由緒ある神社に配置されていくようになり、時を経て一般的な神社やお寺にも配置されるようになります。

 

シーサーとは?

 

シーサーとは沖縄県等に見られる、想像上の動物で、建物の門や屋根、高台などに備え付けれらています。

 

災いを追い払い、福を呼び込むとされているので、魔除けや守り神としての役割を持っています。

 

こちらも起源は古代インドの仏像両脇に置かれていた、ライオンの像で、これが中国を経て、中国から伝わったものとされています。

 

名前の由来は獅子の名前を沖縄語で発音したものとされており、一部の地域ではシィーシィーやシーシーと読んだりしているそうです。

 

シーサーは一体で置かれたり、一対で置かれることもあります。

 

一対で置かれる場合は、狛犬と同様に片方が口を閉じていて、片方が口が開いている状態になります。

 

ちなみに、シーサーには性別があるようで、口を閉じているほうがオス、口が開いている方がメスなんだそうです。

 

また、役割も別々になっており、口を閉じているオスが魔を祓う魔除け、口が開いている方メスが福を呼び込む守り神とされています。

 

狛犬とシーサーの違い

 

狛犬とシーサーは起源はどちらも古代インドのライオン象とされており、役割も魔除けとしてどちらも使用されているので、根本的な部分は一緒になります。

 

ただ、全く一緒というワケではなく、少し違う部分もあります。

 

例えば、狛犬が配置される場所は基本的に神社やお寺などですが、シーサーは配置する場所は様々で、家の屋根や門、村の高台等に設置されています。

 

また、役割もシーサーは魔除けだけでなく、福を呼び込むという役割も持っているのもまた、狛犬と大きな違いがあります。

 

ちなみに、沖縄にある寺や神社にはシーサーではなく狛犬を設置されていますので、シーサーは家や人を守る神様、狛犬は神様を守る門番的な意味合いが強いのではないかと考えられます。

 


 

狛犬って片方は獅子だったんですね。

 

今まで、何度か神社やお寺で見ていましたが、どちらも狛犬なんだと思っていました。

 

まあ、実際に一対で狛犬と呼ぶのが一般的だそうなので、間違ってはいなかったんでしょうが。

 

しかし、シーサーも狛犬も似てるなぁと思っていましたが、やっぱり根本はどちらも一緒だったんですね。

 

役割も似た部分が多いので、伝わってきた場所は違っても、考えることは一緒だったという事ですね。

 

また、一つ勉強になりました。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ