雛人形の名前全部言えますか?意外と知らない雛人形の名前と意味

 

雛祭りの日になると、女の子のいる家庭では、雛人形を飾って娘の健やかなる成長を祈り、その日を祝います。

 

雛人形といえば、ひな壇のそれぞれの段に色々な種類の人形を飾っているのが良く知られています。

 

ところで、皆さんはそれぞれの人形の名前はご存知ですか?

 

それに、色々な種類の雛人形をおいて、何か意味があるのでしょうか?

 

と言うことで、今回は雛人形の名前とその意味について調べてみました。

 


 

雛人形とは?

 

雛人形とは、3月3日の雛祭りの日に、娘の健やかなる成長と、娘に降りかかる災厄から守る意味を込めて飾る人形の事です。

 

また、雛人形は一番上に天皇と皇后を模した人形が飾っており、天皇と皇后の結婚式を表しているので、娘の良縁を願う意味も込められています。

 

雛人形の種類は基本的に5種類あり、それぞれ役割をもって飾られています。

 

雛人形の名前

 

内裏雛

 

一番上に飾られる男女の雛人形です。

 

内裏というのは天皇の住んでいる場所のことなので、この男女はそれぞれ天皇と皇后、または親王と内親王を現しています。

 

内裏雛は男(男雛)と女(女雛)2人で一対を現すものなので、よく言われるお内裏様とお雛様という呼び方は間違いなのだそうです。

 

天皇と皇后というのは、理想の夫婦というイメージがあるので、皇后様のように良縁に恵まれるようにという意味が込められています。

 

また、天皇の妻というのは、社会的ステータスの上位に当たるもので、あわよくば天皇の妻になって、玉の輿に乗れるようにという親の願いも込められているんだとか。

 

少々黒いお話ですね(笑)

 

三人官女

 

上から2段目に飾られる、3人の女性を模した人形です。

 

この三人官女というのは、女雛の食事や教育等の身の回りの世話をする役目を持っており、女雛の質を決めるとても重要な役割を担っています。

 

その為、この官女たちは歌や楽器、漢文など様々な分野で秀でており、かなり優秀な人達なんだそうです。

 

ちなみに、この3人はそれぞれ違う持ち物をもっているのですが、それ以外にも違いがあります。

 

真ん中に座っている官女がいるのですが、この女性は実は既婚者。

 

その証拠に既婚女性の証である、眉を剃ってお歯黒をしています。

 

この既婚女性は身の回りの世話だけでなく、女雛の結婚後のレクチャーをを担う役割も持っているのだそうです。

 

おそらく、この既婚女性が官女たちとリーダー的存在だったのではないかと考えられます。

 

他の2人は歯も白く、眉も剃っていないので、未婚の女性となっています。

 

五人囃子

 

上から3段目に飾られる、5人の楽人を模した人形です。

 

雛人形は天皇と皇后の結婚式を表していますから、そのおめでたい席を盛り上げる役目を持っています。

 

右から「謡(うたい)」「笛」「小鼓」「大鼓」「太鼓」と順に大きい楽器になっています。

 

また、彼らはみな元服前の男の子で、幼い頃から稽古してきた楽器を披露する場でもあるそうです。

 

随身

 

上から4段目に飾られる、2人の人形です。

 

随身というのは、天皇を守る為に存在する、いわばSPやボディーガードの役割を持っているので、三人官女や五人囃子とは違って、弓や太刀等の武器を持っています。

 

実は彼らは三人官女や五人囃子よりも地位が高く、本来なら三人官女や五人囃子より下の段にいるのはありえないのですが、ボディガードという意味合いが強い為、三人官女や五人囃子よりも下の段にいると言われています。

 

若い方が右大臣、年配の方が左大臣とも呼ばれたりするのですが、彼らは武官なので、本来なら「右近衛少将(うこんのえしょうしょう)」「左近衛中将(さこんのえちゅうしょう)」と呼ぶのが正しいんだそうです。

 

仕丁

 

上から5段目に飾られる、3人の男の人形です。

 

彼らは庶民出身の従者で、主に身分の高い人の雑事をこなす役割があり、位は最も低い立場にあります。

 

3人はそれぞれ違う表情をしており、右から「怒った顔」「泣いた顔」「笑った顔」になっています。

 

なぜ、表情がみな違うのかというと、これは仕丁という立場は怒ったり泣いたりするような辛いことばかりだけども、時には笑うようないいこともあるという事を現しています。

 

雛人形の中で唯一表情のある彼らですが、これは子供が表情豊かに育つようにという願いも込められているとされています。

 

仕丁のみ表情をつけたのも、庶民出という親近感からくるものなのでしょうかね。

 


 

雛人形については縁がないものだと思っていましたが、いざ調べてみると色々と背景や役割があって面白いですね。

 

今回は五種類の人形を紹介しましたが、家庭によっては三人官女までだったり、内裏雛のみだったりと、すべての人形を飾るのは少ないようですね。

 

たしかにこういった人形は値段も張りますし、場所もとりますから、全て飾るのは難しいのでしょうね。

 

でも、雛人形は子供のこれからの成長や健康を祈る素敵なものなので、女の子のいる方は内裏雛だけでも飾ってあげたいものですね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ