春に体調を崩す春バテとは?春になると起こる体調不良の原因と対策

 

寒くて厳しい冬が続いていると、春という暖かい季節が待ち遠しくなりますよね。

 

ところが、寒い冬からようやく開放されると春を迎えた矢先に、頭痛や倦怠感、気分の落ち込みや眠気等々と、体調を崩してしまう人が多いです。

 

せっかく暖かくなったのに、調子が悪くなるとか、本当にやな感じですよね。

 

こうして春になって体調を崩してしまう事を「春バテ」なんて言ったりもするようですが、なぜ、暖かくて過ごしやすくなったのにも関わらず、体調を崩してしまうのでしょうか?

 

暖かくなったら、むしろ体調がよくなるような気もするのですが、一体どういう理由で体調を崩してしまうのでしょうか?

 

ということで、今回は春バテになってしまうの原因について調べてみました。

 


 

春バテとは?

 

春バテとは、3月~4月頃に起こりやすいもので、頭痛や眠気、倦怠感、精神不安など、身体的・精神的になにかしらの不調に陥ってしまう病気の事です。

 

一般的に夏バテを耳にする人は多いですが、季節の変わり目はこうした症状に陥りやすく、他にも「秋バテ」や「冬バテ」等の名前があったりします。

 

春バテの原因

 

冬から春になると、過ごしやすくなる反面、体調を崩してしまう、所謂「春バテ」する人が増えてきます。

 

暖かくて過ごしやすいなら、むしろ体調がよくなるのでは?と考えそうですが、実際は春のほうが体調を崩しやすくなります。

 

では、なぜ春は体調を崩しやすくなるのか?ということなのですが、原因の一つとして以下の事が考えられます。

 

激しい寒暖差

 

春という季節は、天気が崩れやすく、昼と夜との寒暖差が最も激しい季節です。

 

寒暖差が激しいと、身体の機能を調整する自律神経である、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなって、身体の機能をうまく調節できなくなってしまいます。

 

身体の機能を調整できなくなると、眠気や頭痛などの症状が出てくるようになります。

 

また、春になると服装も薄着になり、身体を冷やしがちになってしまうため、身体の冷えによって血行不良になりますので、こちらも春バテの要因となっています。
 

激しい気圧変化

 

春は低気圧と高気圧の入れ替わりが激しい季節でもあります。

 

こうした気圧変化も、自律神経に影響を与えてしまい、体調を崩してしまう原因となります。

 

また、低気圧のときは、血中の酸素濃度が下がってしまうので、身体がだるくなったり、眠くなったりしてしまいます。

 

天気の悪い日に調子が悪いのはこれが原因だったりします。

 

日照時間の変化

 

冬の間は夜の時間が長い状態が続きますが、春になると今度は昼の時間が長くなり、夜は短くなります。

 

冬のリズムのまま、春を迎えてしまうと、自律神経の切り替えが、春の日照時間に合せられず、生活リズムがうまく調整できない形になります。

 

そうなると朝が起きれなくなったり、夜に眠れなくなったりして、睡眠の質が落ちてしまい、体調を崩してしまう事になります。

 

新生活の環境によるストレス

 

春というのは、新生活がスタートし、新しい環境で生活していく人が多いです。

 

新しい環境で楽しみながら生活している人もいると思いますが、その反面新しい環境にうまく適応できずに悩んでいる人も多いものです。

 

そうした新しい環境にうまく馴染めずにストレスを溜めてしまうと、自律神経も乱れてしまい、精神不安定になったり、体調不良に陥ったりします。

 

 

春バテの症状

 

春バテはどういう症状が出てくるのか気になるところです。

 

具体的には以下の症状が現れると考えられます。

 

  • 情緒不安定
  • 気分の落ち込み
  • 不安感
  • 憂鬱
  • 肩こり
  • 手足の冷え
  • 倦怠感
  • 眠気
  • 疲労感
  • 下痢・便秘
  • 頭痛
  • 不眠
  • 朝起きれない
  • 肌荒れ
  • むくみ
  • めまい
  • ほてり

 

等々・・・・

 

春バテを予防するには?

 

春バテの一番の原因は自律神経の乱れにありますので、この自律神経をいかに乱さないようにするかがポイントになります。

 

では具体的にどのようにすればよいか?ということなのですが、以下の方法が考えられます。

 

生活リズムを整える

 

朝起きる時間と夜眠る時間をしっかりと決めて、体内時計を整えておくことで、自律神経の切り替えをうまくできるようになり、急な気圧変化や温度変化にも対応しやすくなります。

 

ただ、1日2日程度では、身体に覚えさせるのは難しいので、普段からこうした生活リズムを整える必要があります。

 

今現在の多忙な世の中では一番難しい方法かもしれませんが、春バテのような体調不良を予防するには、一番効果のある方法です。

 

夜の冷え込み用に上着を用意しておく

 

春は暖かい気候なので、薄着のままで過ごしがちですが、夜になると急に温度が下がり寒くなります。

 

なので、薄着のままだと体が冷えてしまい、体調を崩してしまいます。

 

そうならない為にも、夜の冷え込みに備えて、カーディガンやストール等用意しておき、しっかりと温度調節をしておくようにしましょう。

 

湯船につかる

 

普段はシャワーで済ます人も多いと思いますが、シャワーだけでは体をしっかりと温めることができません。

 

体が温まっていないと、副交感神経が優位に立てず、質の良い睡眠がとることができないので、なるべく湯船にゆっくりとつかるようにしましょう。

 

また、湯船につかる際は、38℃~40℃ぐらいのぬるま湯にしておき、20分程かけてゆっくりつかると、体の芯から温まるのでおすすめです。

 

適度な運動

 

適度に体を動かすと、血の巡りもよくなり、ストレス解消にもなります。

 

とくに、朝起きて軽い有酸素運動やストレッチ等をすると、副交感神経から交感神経へスムーズに切り替えができるので、スッキリとした一日を迎える事ができます。

 

また、適度に運動をすることにより、体の免疫力の向上にもなりますので、時間を見つけてはストレッチをしたり、ウォーキング等するといいですよ。

 


 

確かに、春はとても暖かくてとても気持ちいのですが、基本調子がよくない日が多い気がします。

 

私は毎年春の陽気のせいかな?と思っていたのですが、どちらかというと寒暖差や気圧変化が原因なんですね。

 

こうした自然の変化に急に合わせられるのも、正直難しいと思うのですが、規則正しい生活をしておけばなりにくいそうです。

 

やっぱり、不摂生な生活というのはよくないものなんですね。

 

今の世の中、規則正しい生活というのは、最高に難しいと思うのですが、自分でできる範囲でやっていこうと思います。

 

皆さんもなるべく無理せずに、できるところからやっていきましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ