春に襲ってくる眠気はどうすれば?春にやってくる眠気の原因と対策

 

春という季節は、気候が穏やかで暖かく、とても過ごしやすい季節ですよね。

 

しかし、その過ごしやすい季節というのが原因なのか、この季節はとても眠くなりやすい季節でもあります。

 

春の暖かい日差しは、仕事や勉強に集中しなければならないにも関わらず、私たちに眠りへと誘ってくれるのは、あまりうれしいものではありません。

 

過ごしやすいのはいいですが、こうも眠くなると仕事や勉強に支障が出てきます。

 

それに、春は新生活がスタートする季節なので、これから頑張っていかなければならないところで、眠気がやってくるのは本当に厄介なので、なんとかしたいところです。

 

しかし、なぜあんなにも春という季節は眠くなってしまうのでしょうか?

 

他の季節はそれほどでもないのに、春は眠くなりやすいのは不思議ですよね。

 

ということで、今回は春の眠気の原因とその対策について調べてみました。

 


 

春はなぜ眠いのか?

 

春になるとなぜあんなにも眠くなるのでしょうか?

 

これは、春特有の気候や冬から春に変わる際の寒暖差等の原因がいくつか挙げられます。

 

自律神経の乱れ

 

人間には自律神経という、体温や血圧、消化や内臓の動きなどを調整する神経がります。

 

自律神経には、活動中や緊張している時に働いている交感神経と、リラックスしている時等に働く副交感神経があり、この切り替えをうまくバランスとりながら、人間は生活しています。

 

なので、本来なら、朝起きたときに交感神経へ切り替わって、夜帰ってきて就寝前ぐらいから、副交感神経に切り替わって、1日を終えるということになります。

 

しかし、気温による刺激によって、自律神経はくずれやすく、このうまく切り替えができなくなります。

 

気温の低い冬といのは、寒さによる刺激で交感神経が優位に立ちやすくなるので、活動的になり、休みにくくなる状態が続きやすいのですが、そこから急に温かい春がやってくると、今度は副交感神経が優位になってしまします。

 

副交感神経が優位になってしまうと、リラックスした状態になるので、睡眠が促されやすくなります。

 

つまり、春の眠気の原因の一つとして、急な寒暖差によって自律神経が乱れ、副交感神経が優位な状態が続いてまうという事が考えられます。

 

脳へ送る血液量が減る

 

気温が上がると、皮膚の表面の血液の量が増えて、血圧が低下します。

 

そうなると、脳に血がめぐりにくくなり、血液を通して送られるはずだった酸素が不足してしまいます。

 

脳は酸素が不足してしまうと、眠くなってしまいますので、暖かい気候によって、脳へ送る血液量が減ることも原因の一つです。

 

メラトニンの分泌量の影響

 

睡眠を促すホルモンであるメラトニンは、夜等の暗さによって分泌されるものです。

 

冬は夜の時間が長く、春は夜の時間が冬より短くなるため、春と冬ではメラトニンの分泌量も変わってきます。

 

その為、冬のメラトニンの分泌量のまま、春を迎えてしまうと、日が昇っている状態でもメラトニンが体内に残っている状態がある為、日中も眠くなる事があります。

 

消費エネルギーの増加

 

暖かくなってくると、身体の各器官が活発に活動するようになるので、各器官を動かす為に、エネルギーの消費が激しくなっていきます。

 

特にビタミンB群は、そのエネルギーの素となる栄養素になるので、ビタミンB群の消費は特に激しくなります。

 

エネルギーの消費が多くなり、エネルギーが足りなくなると、身体が疲労し、眠くなってきますので、こうした栄養不足が眠気の原因となります。

 

春に向けての眠気対策

 

春の眠気の原因がわかったところで、次に気になるのが、対策法です。

 

考えられる対策法ごして、以下の方法が挙げられます。

 

朝にしっかりと日光を浴びる

 

日光を浴びると覚醒を促すホルモンである、セロトニンが分泌されるようになります。

 

このセロトニンによって、体内全体に「朝だ!」というメッセージを送り、体全体が覚醒していき、活動状態になって、目が覚めていきます。

 

なので、朝起きたらすぐにカーテンを開けて日光を浴びるようにしましょう。

 

ただ、間取りによっては日光が入らない場合もありますので、そういう場合は、朝起きてすぐに電気を付けたりして、光を浴びるようにするといいでしょう。

 

熱いシャワーを浴びる

 

熱いシャワーを浴びると、血行が良くなって、脳にも血がよくめぐるようになります。

 

そうなると、酸素が脳にめぐるようになって、覚醒していき、体全体が目覚めるようになります。

 

また、水とお湯を交互に浴びると、血管がポンプのような働きをして、お湯だけよりも、血が巡りやすくなります。

 

ただ、いきなり冷たい水を浴びると、危険な場合もありますので、水を浴びる時は心臓から遠い足等から浴びて、徐々に体全体へ慣らしていく等して、注意しながら浴びなければいけません。

 

ビタミンB群を積極的に採る

 

春の眠気の原因として、消費エネルギーの増加によるものがあります。

 

エネルギーの素となる栄養素は、ビタミンB群なので、ビタミンB群を枯渇させない為にも、ビタミンB群が含まれている食材や飲み物を採るようにするといいです。

 

ビタミンB群が含まれている食材は以下になります。

 

豚肉

ウナギ

ナッツ

レバー(豚、鶏、牛)

牛乳

バナナ

かつお

まぐろ

さんま

いわし

等々・・・。

 

深呼吸をする

 

深呼吸をすると、脳に酸素が送られるようになり、眠気が覚めるようになります。

 

大きく息を吸って吐くというのを何回かやると、眠気がなくなってくるので、眠気が来る日中なんかにやるといいでしょう。

 

背伸びしながらやると、ストレッチの効果もあり、さらにいいです。

 


 

春というのは、本当に気持ちよくて、あわよくば延々と寝ていたいですよね。

 

ですが、そうも言ってられないのが世の中で、仕事中、授業中は中々寝てはいられないものです。

 

こうした眠気は日々の生活習慣で改善できるもののようなので、日中眠くならないようにする為にも、日々の生活習慣をきちんとしていきましょう。

 

まあ、この日々の生活習慣をきちんとするというのが、一番難しかったりするんですけどね。

 

皆さんもできる限り、生活習慣を正していくようにしましょう。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ