バイトの面接でやってはいけない事は?事前に知っておきたいNG行為

 

お金を稼ぐには、まず仕事をしてお金を稼ぐという事が先に浮かんでくると思いますが、仕事をする上で比較的手軽に始められるのが、アルバイトですよね。

 

アルバイトなら、学生からでも始められますし、社会人でも時間の空いている所を見つけてやることも可能です。

 

ですが、アルバイトが手軽とは言え、働く職種によっては、人気が高くて入りにくいアルバイトもたくさんあります。

 

そんな、アルバイトの合格を左右しているのが、面接。

 

アルバイトとは言え、一緒に仕事する人なのですから、その人を見極める為にも、雇用側にとって面接はとても重要なのです。

 

しかし、アルバイトだからと軽視する人も少なくなく、ついうっかりやってはいけない事をして、せっかくの面接の機会を棒にふってしまう人もいます。

 

知らなかったからでは済まされないこともあるので、知らないを言い訳にしないで、最低限のマナーやモラル、そしてやってはいけない事ぐらいは知っておきたいところです。

 

という事で、今回はアルバイトの面接でやってはいけない事について調べてみました。

 


 

アルバイトの面接でのNG行為

 

アルバイトというと、軽く見られがちですが、雇用側からしたら仕事をしてもらう人になるわけなので、いいかげんな人や半端な人等は雇いたくないものです。

 

いいかげんな人や半端な人等を雇って、利益が上がるどころか、評判が悪くなり下がると思う人がほとんどですからね。

 

面接で人の全てがわかるわけではないですが、最低限のマナーとモラル、そしてやってはいけない事をしっかり知っていれば、面接での評価は下がる事はないと思います。

 

しかし、最低限のマナーとモラルをもっていると自分で思っていても、知らず知らずにやってはいけないNG行為はやっていたりするものです。

 

こうした面接でのNG行為によって、せっかくの面接の機会を棒にふらないためにも、まずやってはいけない事を一つ一つ理解していきましょう。

 

行動・態度に関するNG

 

遅刻

 

遅刻をするということは、時間を守れないという認識になりやすいものです。

 

バイトのほとんどが時給換算なので、時間を守れないとなると、時間内に仕事が終われず、無駄な人件費になると考えてしまい、雇用側としても雇いたくはないでしょう。

 

なので、面接の日時はしっかりと確認しておき、5分前には面接の場所へ行くようにしましょう。

 

また、どうしても指定の時間に間に合わないということであれば、なるべく相手方に電話するようにしましょう。

 

ギリギリ間に合いそうであっても、一応連絡しておくと、もし間に合わなかった時の保険になるので、連絡しておきましょう。

 

連絡する際も、謝罪と共になぜ遅刻しそうなのかはっきりと伝え、どれぐらいでつきそうなのかを相手方に伝えておきましょう。

 

早く着きすぎる

 

遅刻とは逆に、く着きすぎるのもよくありません。

 

確かに時間には間に合っているかもしれませんが、雇用側も忙しい合間を縫って、面接の時間を作っているわけですから、指定の時間以外に来られても、面接の準備もできておらず、対応しきれない場合が多いです。

 

なので、早く来られても迷惑と感じるので、あまりにも早い時間に行くのはやめましょう。

 

目安としては、面接の時間の5分~10分前がちょうどいいですよ。

 

どうしても、早く着いてしまう場合は、どこか時間の潰せる所で待機し、面接の対策など復習するしておきましょう。

 

忘れ物をする

 

履歴書や指定された物を忘れてしまうのは、絶対にやってはいけません。

 

特に履歴書は、その人に対する判断材料にもなるので、その判断材料がない状態だと、雇用側も判断のしようがありません。

 

それに、そのような大事な物を忘れてしまうのは、意識の低い人と思われてしまうので、尚更印象が悪くなります。

 

なので、持ち物に関しては必ず忘れ物がないようにしましょう。

 

スマホの電源を切らない

 

スマホや携帯の電源を切らずに面接を受けると、いざスマホや携帯が鳴った時に相手に不快感を与えてしまう事になります。

 

なので、面接が始まる前は必ず、スマホや携帯の電源は切るようにしましょう。

挨拶をしない

 

挨拶はコミュニケーションの基本中の基本であり、仕事はコミュニケーションが重要でありますので、その基本である挨拶ができないとなると、仕事ができない人と認識されやすく、印象は良くありません。

 

なので、面接の場についたら、面接官にしっかりと「本日はよろしくお願いします!」といった具合に挨拶するようにしましょう。

 

また、挨拶する際は、早口にならないように、落ち着いてゆっくりと挨拶するようにしましょう。

 

タメ口で話す

 

気を抜いた時に、ついタメ口でしゃべってしまう人もいるようですが、タメ口はプライベートで気の合った人同士で使うものなので、こういった場で使うものではありません。

 

ましてや、立場的に面接を受ける人が下なワケで、そんな人にタメ口で喋られるとなると、仕事とプライベートの区別が付かないと認識し、印象は最悪になります。

 

言葉遣いが汚い

 

言葉遣いが汚かったり、一部の人間しか伝わらないような言葉を使っていると、その人に仕事を任せたいと思えず、印象も悪くなります。

 

お客様の前で、汚い言葉遣いを使ってしまうと、不快感を与えてしまう危険がありますからね。

 

なので、面接の際は粗暴な発言や汚い言葉等を避けて、言葉遣いに気をつけて丁寧に話すようにしましょう。

話が長い

 

自分をアピールする為に、色々と話すのはいいのですが、あまりにも長いと相手に不快感を与えてしまう場合があります。

 

わざわざ面接の時間を作ってまで、長々と自分のアピール話を聞きたいわけではないので、アピールしたい話は簡潔にまとめて話すようにしましょう。

 

声が小さい

 

声が小さいと、相手に伝えたい内容がうまく伝わらないので、いざ仕事になった時に、伝達が不十分でなにかしらの問題が起きる場合があります。

 

また、声が小さいというのは、自信がなく、オドオドしたようにも見えるので、雇用側としても仕事を任したいと思えなくなります。

 

普段から声が小さい人は、すこし困難かもしれませんが、なるべく大きな声でハキハキと喋ると、相手にも良い印象与えるので、頑張って大きな声を出すようにしましょう。

 

身だしなみに関するNG

 

派手すぎる服装

 

アルバイトの面接なので、基本的に私服で問題ないところが多いですが、だからといって派手すぎる服装はあまりいい印象を与えません。

 

そういった路線の服を取り扱っているお店ならいいかもしれませんが、基本的には度をこけた派手な服装は嫌がられることが多いので、基本的には避けるようにしましょう。

 

ラフすぎる服装

 

派手すぎる服装とは真逆に、ラフすぎる服装もよくありません。

 

ラフな格好でいいとは言いつつも、ラフすぎる格好だと、だらしないイメージがして、これもまた印象を悪くさせてしまいます。

 

とはいえ、「ラフとラフすぎるの境界線があいまいでわからない」という人も多いと思いますので、面接での服装は「清潔感溢れる服装」で行くのが無難ですね。

 

派手な髪色・髪型

 

こちらも服装同様に、派手な髪型や髪色だと印象はいいものではありません。

 

もちろん、髪色や髪型に関して不問とする場所もありますが、そういった場所は結構少ないので、やはりなるべく派手すぎないような髪型や、黒や黒に近い茶色等の髪色で挑んだ方がいいでしょう。

 

帽子をかぶったまま

 

ファッションとして、帽子をかぶる人がいると思いますが、面接の際に帽子をかぶったままでいると、面接官に不快感を感じさせることがあります。

 

なので、マナーとして面接の際は帽子を脱ぐようにしましょう。

装飾品多すぎたり、派手すぎ

 

服装は落ち着いていても、装飾品が多すぎたり、派手すぎたりしても、あまりいい印象は与えません。

 

特にピアスは、未だに不快感を持っている人は少なくないので、なるべく外すか、付けるにしても、一つ二つぐらいにして、デザインもシンプルなものにしておきましょう。
 

ヒゲが伸びっぱなし

 

ヒゲを剃らずに放置していると、不潔に思う人が多く、清潔感とは程遠く感じてしまいます。

 

飲食店なんかは特に厳しいかと思いますので、ヒゲは必ず綺麗にそるようにしておきましょう。

 

化粧がケバすぎる

 

こちらは特に女性が気をつけなければいけないことなのですが、化粧が濃ケバすぎてしまうと、面接官にも良い印象を与えることができません。

 

なので、ケバくならないように、基本的にはナチュラルメイクで清潔感を出すようにしましょう。

 


 

単にアルバイトとはいっても、仕事をするという点では普通の社員の人と変わらないので、甘く見てはいけませんね。

 

特に、高校生など初めて面接を受けるような人なんかは、結構NG行為をやりがちではあるので、事前に確認しておいたほうがよさそうです。

 

これからバイトを始める人は、しっかりと事前にNG行為を確認しておき、希望のバイト先に入れるように準備しておきましょう。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ