筋トレで男を上げろ!テストステロンを増やせるおすすめ筋トレ法

男性ホルモンの一つであるテストステロン。

 

男性にとって求めている男らしさを叶えてくれるホルモンです。

 

フィジカルもメンタルも強くなれるし、モテるし、健康になれるし、太らないし等々。

 

そんな素晴らしいテストステロン。いっぱい増やしたいですよね。

 

こちらでも増やし方についてはご紹介しました。

 

そこで、今回は増やし方の一つである、テストステロンに効果的な筋トレについてご紹介します。

 

どんな筋トレをすればいいのかわからない方に、おすすめの筋トレをご紹介しますので、是非参考にしてください!

 

レッツマッソー!!

 


 

筋トレを始める前に

 

オーバートレーニングにならないよう意識する

 

テストステロンは筋肉を増やす効果があり、筋トレをすればするほど、神経が筋肉が必要だと認識し、テストステロンの分泌を促してくれます。

 

しかし、ここで注意。

 

オーバートレーニングは厳禁です。

 

筋トレすればいいならいっぱいやればいいじゃない?と思うかもしれませんが、長時間のトレーニングは逆にテストステロンの分泌を減少してしまうのです。

 

これは有酸素運動も一緒で、フルマラソンなどの長時間の有酸素運動をすると減少してしまいます。

 

じゃあ、走っちゃダメ?ってわけじゃないですよ。長い時間やってはダメといっても、連続して2時間とかのレベルなので、普段のジョギングなんかは影響はないみたいです。

 

むしろ、筋トレ前に軽く有酸素運動をして筋トレをすると、テストステロンが分泌しやすいです。

 

とにかく、無理をしない程度にやっていきましょう。

 

ウォーミングアップは必ず行う

 

では、早速筋トレしましょう!の前に、まずはウォーミングアップをしましょう。

 

ウォーミングアップによって体を温めることにより、怪我の予防であったり、効率よく筋肉を強化しやすくなったり、柔軟性を上げたりする効果があります。

 

ウォーミングアップの方法としては、例として以下があげられます。

 

○ウォーキング

○ジョギング

○踏み台昇降

○その場で足踏み

 

基本的には強度の低い有酸素運動ですね。

 

大体5~10分ぐらいしてから筋トレに挑みましょう。

 

筋トレ後はプロテイン(たんぱく質)を忘れずに!

 

筋トレにより傷つけられた筋肉が修復する為に必要なのはたんぱく質です。

 

筋肉はこの破壊と修復を繰り返すことにより、筋肉は強化され続けるのです。

 

その為タンパク質の摂取は重要になってきます。

 

摂取のタイミングとしては、筋トレ後30分以内が効果的と言われていますので、筋トレ後はプロテイン等を飲むように心がけましょう。

 

おすすめの筋トレその① ~ スクワット ~

 

テストステロンが分泌されるのは精巣です。

 

その為、下半身周りの筋肉をトレーニングすれば、テストステロンの分泌も増えてくるわけです。

 

なので、スクワットは大殿筋(お尻)、大腿四頭筋(太もも)、ハムストリングス(もも裏)といった、下半身の全体の筋肉を鍛えるトレーニングなので、ちょうどいいわけですね。

 

また、器具もいらない、場所を選ばないので、いつでも気軽にできるトレーニングです。

 

おすすめの筋トレその② ~ ベンチプレス ~

 

重いものを持ち上げるというのも、テストステロン増量の効果が見込まれます。

 

ベンチプレスは、胸部の筋肉である大胸筋を中心とした、上半身を鍛えるトレーニングなので、これも当てはまります。

 

ただ、これは正しい知識がないと大胸筋にちゃんとした負荷がかからず、効果がみられません。

 

また、怪我にもつながることもあります。

 

なので、初めはスポーツジム等で、正しい知識をつけてから挑みましょう。

 

おすすめの筋トレその③ ~ デッドリフト ~

 

デッドリフトは、主に背筋を鍛えるトレーニングで、背筋のみならず、同時に身体のさまざまな部位の筋肉を使える全身運動です。

 

なので、ひとつのトレーニングで全身の筋肉を鍛えることができちゃいます。

 

しかし、効果は大きいのですが、かなり激しいトレーニングなので、神経系や筋骨格系の消耗が激しくなってしまいます。

 

こちらも、ベンチプレス同様に正しい知識をつけてから、挑むのがオススメです。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

ベンチプレス、デッドリフトはまず器具がないとできませんので、やりやすいスクワットから進めるのがいいかもしれませんね。

 

スクワットなら器具も場所もいりませんから、仕事の合間にでも場所を探してできますし。

 

これを期にスクワットからやってみましょうかね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ