着物の種類ってどれぐらいある?知っておきたい着物の種類と使い分け

 

日本特有の服として、思い浮かぶものといえば着物ですよね。

 

着物は結婚式やお葬式などの冠婚葬祭から、成人式や卒業式、パーティーなどのイベント、普段着に至るまで様々なシーンで着用されています。

 

ところで、着物と聞くと一括りにしてしまいがちですが、実は着物にはたくさんの種類が存在します。

 

また、その種類によって、正装用なのか、普段着ようなのかと色々と使い分けも変わってくるそうです。

 

社会人になってくると、冠婚葬祭などのイベントも増えてきますので、着物を着ようと思っている人はしっかりと使い分けを理解していないと、恥をかいてしまう場合もあります。

 

特に女性は、そうしたイベントで着物を着る機会が多いので、知識として持っていたほうが後々役に立ちます。

 

では、着物の種類は一体どれくらいあるのでしょうか?

 

また、どのように使い分けすればいのでしょうか?

 

ということで、今回は、着物の種類と使い分けについて調べてみました。

 


 

着物の種類と使い分け

 

着物と聞くと一括りにしてしまいがちで、一つの服と思っている人も少なくないと思います。

 

実際のところは、着物には正装用から、普段着用まで様々な種類が存在しており、様々なシーンで使い分けをする必要があります。

 

では、どれだけ着物には種類があるのか?一つ一つ見ていきたいと思います。

 

黒留袖

 

既婚女性の第一礼装で、着物の格式として最も高いものとなります。

 

黒地に裾の紋様が特徴的で、背中、両袖、両胸の5ヶ所に家紋が施されています。

 

▼着るシーン

 

主に、結婚式での新郎新婦の母親、仲人、親族での既婚女性などに着られます

 

色留袖

 

黒留袖と同格で、女性の第一礼装の一つです。

 

地色が黒以外のもので、黒留袖同様に5ヶ所に家紋が施されており、裾のみに紋

 

元々は既婚女性のみとなっていたようですが、現在では未婚・既婚関係なく着れるものとなります。

 

また、家紋の数を減らして、三つ紋、一つ紋等にすることにより、客先などの訪問着としても使えるようにもなります。

 

▼着るシーン

 

結婚式などの祝儀や正式な場だけでなく、客先などの訪問着としても使えるので、黒留袖よりも利用の幅が広がっています。

 

振袖

 

黒留袖や色留袖とは違って、未婚女性のみが着られる、未婚女性の第一礼装になります。

 

可憐な絵羽模様で、他の着物よりも袖が長いのが特徴的です。

 

絵羽模様というのは、模様が縫い目で途切れずに模様が続くように染めたものです。

 

振袖はさらに袖の長さが違う「小振袖」「中振袖」「大振袖」の3種類に分けられます。

 

▼着るシーン

 

【小振袖】

袴と合わせて、卒業式に着ていくのが定番です。

 

3つの中で一番カジュアルに近いものになるので、堅苦しくないようなパーティー等にも最適になります。

 

【中振袖】

成人式や卒業式、結婚式の参列など、基本的にお祝いの席で使われます。

 

ただ、結婚式の場合は花嫁よりも目立たないように注意しましょう。

 

【大振袖】

振袖の中で一番格式の高いものとなっており、結婚式での花嫁がお色直しをする時に着用されます。

 

ただ、最近は身長の高い人も増えているので、成人式などで大振袖を着ている人もいるそうです。

 

訪問着

 

女性の略礼装の一つとされている着物で、既婚・未婚に関わらず着る事が可能になります。

 

振袖と同様に絵羽模様と呼ばれる模様が施されているので、全体的に華やかな雰囲気を出しているのが特徴てきです。

 

▼着るシーン

 

親族でない結婚式での参列や、パーティー等のイベントや、客先への訪問等に使います。

 

付け下げ

 

訪問着と同様で、女性の略礼装の一つになります。

 

模様が縫い目にかからないようになっており、着た時に模様が全て上に向くようになっています。

 

絵羽模様ではないので、訪問着よりも格下扱いになっていましたが、最近になって訪問着と同等の扱いになっています。

 

訪問着の華やかさとは違い、落ち着いた雰囲気が出ています。

 

▼着るシーン

 

訪問着と一緒で、親族でない結婚式での参列、パーティー、客先への訪問等に使います。

 

色無地

 

訪問着と同様に、女性の略礼装の一つで、その名の通り模様がまったくない、無地の着物になっています。

 

普段着としても着用できますが、訪問着のように家紋をつけることもあり、一つ紋をつければ礼装としても使えるので、汎用性の高い着物の一つとされています。

 

▼着るシーン

 

親族以外の結婚式の参列などの慶事だけでなく、お葬式等の弔事にも使用することが可能です。

 

ただ、弔事に参加する場合は、めでたい色である、赤やピンクなどは避けるようにしましょう。

 

小紋

 

着物の中でもカジュアルな部類に入り、礼装にあてはまらない「外出着」になります。

 

普段着から、ちょっとしたフォーマルな場まで幅広く着用されます。

 

着物全体に同じ模様が繰り返して描かれており、全体的にシックなイメージのものが多いです。

 

▼着るシーン

 

普段の買い物や、街歩き等のカジュアルな場から、ちょっとしたパーティ等のフォーマルな場等に着用されます。

 

 

小紋と一緒で外出着の部類に入るので、カジュアルな場でよく着られます。

 

小紋との違い、生地になる前の糸を先に染色して、染色された様々な色の糸を、縞や格子等の模様等、織り模様が特徴的な物になります。

 

▼着るシーン

 

基本的に、趣味や食事会等のカジュアルな場で使われており、礼装としては着用されません。

 

浴衣

 

恐らく、一番馴染みのある着物と思われる、夏用の着物になります。

 

今でも幅広い世代から人気の高い着物で、時代に合わせて、様々な模様の浴衣が存在しています。

 

▼着るシーン

 

夏限定の着物なので、夏の普段着や、夏祭り、花火大会等の夏のイベントに着用されます。

 

木綿

 

夏は浴衣になりますが、夏以外の3シーズンに着る着物はこの木綿になります。

 

着心地が柔らかく、汗もよく吸ってくれて、且つ手入れも楽にできるので、普段着の性能として申し分ない着物です。

 

▼着るシーン

 

イメージとしては、Tシャツにジーパンといったラフな感じになりますので、日常生活の普段着として着用されます。

 


 

着物にもこんなに種類があったのは初めて知りました。

 

また、種類によっても使い分けがちゃんとあるようで、一つの種類があれば、なんでもと言うわけには行かなさそうですね。

 

特に女性は、着物を着る機会が多いかと思うので、こうした使い分けを知っておいて損はないと思いますよ。

 

また、普段着としての着物もまた、自分自身を凛とした姿に見せてくれるので、たまには普段と違ったおしゃれとしても着てみるのもおもしろいかも知れませんね。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ