洗濯ネットの正しい使い方は?今更聞けない洗濯ネットの使用方法

 

衣服を傷めずにしっかりと洗うことのできる洗濯ネット。

 

洗濯の際は衣服を傷めない為にも、ほとんどの人が使用していると思います。

 

私も、衣服を長持ちさせたいので、なるべく洗濯ネットを使用しています。

 

ただ、恥ずかしながら、この洗濯ネットについてちゃんとした使い方がわかっていません。

 

とりあえず入れとけばいいかと思いながら使っているのですが、洗濯ネットにはちゃんとした使い方があるらしく、ちゃんと使っていないとあまり洗濯ネットの特性をうまく引き出せないそうなのです。

 

では、この洗濯ネットの使い方とはどういったものなのか?

 

ということで、今回は洗濯ネットの使い方について調べてみました。

 


 

洗濯ネットの基本

 

洗濯ネットは衣服を他の洗濯物と絡めないようにしたり、ホコリや糸くずがつかないようにしたり、色落ちや色移りなどを防いでくれたりと、洗濯で起こりうるトラブルを防いでくれる便利なアイテムです。

 

しかし、ただ洗濯ネットに放り込めばいいというわけでなく、正しい使い方がちゃんとあり、正しく使うことで、衣服を綺麗でより長持ちさせることが可能になります。

 

まず洗濯ネットの基本の使い方としては以下のようになります。

 

1枚のネットに1着が基本

 

1枚のネットに2着以上の衣服を入れてしまうと、汚れが落ちくくなったり、ネットの中の衣服が擦れあって傷つきやすくなってしまいます。

 

なので、基本的には1枚のネットには1着だけ入れるようにしましょう。

 

装飾が付いている服は裏返す

 

スパンコールなどの装飾が付いている服は、ネットに入れているとはいえ、表の状態のままだと付いている装飾がとれてしまう可能性があります。

 

なので、装飾が付いている服は基本的に裏返すようにしていきましょう。

 

ネットの大きさに合わせて洗濯物はたたんで入れる

 

ネットの大きさに合わせて、洗濯物を入れると、シワや型崩れがおきにくくなります。

 

特にシワのつきやすいYシャツなどは、たたんで入れるようにすると、シワ等がおきにくくなり、綺麗に洗濯ができます。

 

逆に、ネットの大きさよりも小さいものや、小さくたたんでしまうとシワや型崩れがおきやすくなります。

 

洗濯ネットを使用したほうがいいもの

 

洗濯ネットは基本的に必ず使わなければならないわけではないのですが、一部の衣服に関しては、洗濯ネットを使用したほうがいいものがあります。

 

具体的には以下のような衣服が当てはまります。

 

  • 装飾が付いている衣服
  • ホックが付いているブラジャー
  • ストッキングやタイツ
  • タグに洗濯ネット使用の表示のある衣服
  • 生地の弱い服

 

上記の服はそのまま洗わず、洗濯ネットに入れるようにしましょう。

 

ただ、衣服によっては、そもそも普通に洗ってはいけないものもあるので、洗濯ネットに入れれば大丈夫と考えずに、洗う前にしっかりとタグを見て推奨される洗濯方法をしていきましょう。

 

洗濯ネットの大きさ

 

洗濯ネットは様々な大きさがあり、大まかに分けて、大中小と3つに分けられます。

 

このネットの大きさは洗濯物によって推奨されるものが変わり、具体的には以下のようになります。

 

大サイズ(約35cm×50cm以上)

 

サイズが大きいネットなので、厚手の衣類やスラックスなどのパンツに適したサイズになります。

 

▼推奨する衣服

セーター、スラックス、ジャケット、トレーナー、カーディガン、スカート、制服等々

 

中サイズ(約30cm×33cm)

 

大きいサイズよりも少し小さいサイズなので、厚手の衣服などには向きませんが、薄手のシャツやブラウスなどに適しています。

 

▼推奨する衣服

Yシャツ、Tシャツ、ブラウス、インナー、キャミソール、ショーツ、ガードル、靴下等々

 

小サイズ(約20cm×20cm)

 

一番小さいサイズなので、ストッキングや小物等を洗うときに使います。

 

▼推奨する衣服

ストッキング、タイツ等々。

 

形状の違う洗濯ネット

 

通常の洗濯ネットといば、角型で薄いものを想像しますが、それ以外に円筒型や丸型など立体的なネット、特定の衣服専用のネットも存在しています。
 

円筒型・丸型などの立体型のネット

 

このネットの特徴としては、立体的な作りのため、洗濯物が動きやすくシワが起こりやすいが、汚れが落ちやすいというものがあります。

 

なので、立体的なネットを使用するときは、汚れのひどいものを選ぶといいです。

 

専用ネット

 

通常のネット以外にも、ブラジャー専用のネットや、ブラトップなどの型崩れを守る専用ネット等も存在しています。

 

ブラジャーやブラトップなどは普通に洗濯してしまうと、すぐにワイヤーがゆがんでしまったり、カップがゆがんでしまったりしてしまうので、専用のネットで洗って形状を守るようにしましょう。

 


 

今まで、適当に洗濯ネットを使っていましたが、まったくダメな使い方をしていたことを知って後悔しています。

 

衣服をしっかりと長持ちさせる為にも、正しい使い方をしっかりしていく必要がありますね。

 

私も早速実践していこうと思います。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ