節分で恵方巻きをなぜ食べる?実はよく知らない節分の食べ物

 

節分と言えば、豆まきと恵方巻きですよね。

 

「鬼は外、福は内」の掛け声と共に、豆をまいて、歳の数+1個分の豆を食べ、恵方巻きをその年で決められた方角に向かって食べるというのが、節分の一般的な風景になります。

 

全国的には知りませんが、私は恵方巻きを食べるときは、一本丸ごと食べきるまで、黙って食べるというように教えられていましたので、黙々と一定方向に向かって食べていました。

 

よく考えると、割とシュールな光景ですよね。

 

さて、先程から話に出ている恵方巻きについてですが、なぜ節分に恵方巻きを食べるのでしょうか?

 

昔は何も考えずに食べていましたが、よく考えるとなぜ恵方巻きを食べるのかよくわかっていません。

 

ということで、今回は恵方巻きなどの節分の食べ物について調べてみました。

 


 

恵方巻きとは?

 

恵方巻きとは、節分にその年の縁起のいい方角(恵方)に向いて食べるといいとされている太巻寿司の事です。

 

中の具は縁起のいい七福神にちなんで、7種類となっており、一般的にはかんぴょう、きゅうり、伊達巻(だし巻き、厚焼き卵)、うなぎ、桜でんぶ、シイタケ煮とされています。

 

ただ、特別決まった具があるわけではなく、具も7種類でなければならないというわけではないので、節分に食べる太巻き=恵方巻きという解釈になっています。

 

恵方巻きは関西発

 

恵方巻きは昔から全国的に行なわれていたわけではなく、大阪など関西でのみ行なわれていたそうです。

 

起源としては、いろいろと諸説あり、

  • 江戸時代末期に大阪の商人たちが、商売繁盛と厄払いの意味を込めて、立春の前日である節分に「幸運巻寿司」が始まった
  • 江戸時代末期から明治時代初期にかけて、大阪の商人が商売繁盛の祈願事始まった
  • 豊臣秀吉の家臣である、堀尾吉晴が、たまたま節分の前日に海苔巻きのようなものを食べて出陣したところ、大勝利した(しかし、海苔巻きに使われる板海苔は江戸時代に誕生したそうなので、この説は根拠が乏しいものになります。)
  • 1800年代のある年の節分の日に、大阪近郊の村(現在の大阪市此花区らへんとされています。)に住んでいる人々が、巻き寿司を切り分けずにそのまま食べていた

 

等が挙げられ、どれも根拠としてはあいまいですが、大阪で生まれたことは間違いないようです。

 

上記以外で、有力な起源としては、大阪の花街で、節分の時期に海苔巻きを恵方に向かって食べる風習があり、それに目をつけた大阪鮓商組合(寿司の組合)が、巻き寿司の販売促進の目的で、「節分の日は福を呼ぶ為に巻き寿司を食べよう!」といった内容でチラシを配り、広めていきました。

 

ちなみに、このときは花街だけで流行っていたので、まだ一般家庭には浸透していなかったようです。

 

そこから、それぞれ「節分=巻き寿司」という宣伝をしていき、1970年代以降に一般家庭にも広まっていったようです。

 

また、このころはまだ関西地域のみにしか広まっておらず、全国的に広まったのが1980年頃からで、そこから全国的に認知されたのが2006年頃なんだそうです。

 

1本丸ごと食べる理由

 

恵方巻きを食べるときは、巻き寿司を丸ごと無言で1本食べるのが風習になっています。

 

これは、縁起のいい恵方に向かって、福の詰まった寿司を丸ごと食べることで、一気に福をいただくという意味があるのだそうです。

 

無言で食べる理由は福が口から逃げないようにする為と考えられています。

 

また、恵方巻きは途中でやめてはいけないとされていますが、これは恵方は縁結びの要素もあるので、途中でやめると縁が切れてしまうのだそうです。

 


 

節分の話も、バレンタインデーと同じような感じで、元々ある風習から各企業が販促の為に利用したという考えれますね。

 

とはいえ、元々関西だけだったのが、全国的にしっかりと定着していっているので、広めた人たちは中々の功績なのではないでしょうか?

 

しかし、あの大きい寿司を丸ごとやめずに食べるのはかなりきついものがあります。

 

特に女性で小食の人とかはきついでしょうね。

 

結構ボリュームありますから。

 

ただ、途中でやめてしまうと、福が逃げてしまうようなので、今年も頑張って食べようと思います。

 

あまり食べれない人は小さいものを用意してもいいかもしれませんね。

 

恵方巻きの作り方とかは決まってないですし。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ