あなたもきっとモテる!モテホルモン「テストステロン」を増やす方法

男なら一度は女の子にモテモテになりたい!なんて思うんじゃないでしょうか?

 

やはり男に生まれた以上、異性にちやほやされたいものですよね。

 

モテる人はさぞ羨まれることでしょう。。。ちくしょう。。

 

もちろん、意中の人一筋で他の女は興味ねぇなんている人もいると思いますが、結局の所その人にはモテたい訳ですね。

 

さて、当サイトでは男性ホルモンについて一度ご紹介しました。

 

この男性ホルモンは男性にとって重要なもので、中でもテストステロンという男性ホルモンが男性にとって大きな恩恵をもたらしてくれるのです。

 

筋肉や骨の強化、精神面での強化、生殖機能の強化、または女性を魅了する効果等、男らしさを底上げしてくれるホルモンなのです。

 

ではこのテストステロンをどうやって増やせばいいのか?

 

そこで、今回はこのテストステロンの増やし方についてご紹介します!

 

自分はモテないと諦めて、うじうじしているそこの人!まずは読んでみましょう!

 


 

テストステロンの増やし方

 

テストステロンの分泌は、日々の運動、食事、生活習慣等、日々の過ごし方によって大きく変化します。

 

今回ご紹介する中で、あまり自分ではできていないと思う部分があれば、ぜひ日々の習慣に取り入れてみましょう。

 

テストステロンの増やし方その① ~筋トレ~

 

テストステロンは筋肉を強化する上で重要な役割を担っています。

 

筋トレにより、筋肉を鍛えると男性ホルモンが刺激され、より多くの男性ホルモンが必要と神経が判断し、分泌を促してくれます。

 

特にテストステロンが分泌されるのは精巣である為、スクワットなど下半身の筋トレがオススメです。

 

しかし、トレーニングに伴った脱水とオーバートレーニングには注意が必要です。

 

脱水症状に陥るとテストステロンの分泌を減少させてしまい、オーバートレーニングもストレスの元でありテストステロンと競合するコルチゾールを増やすため、テストステロン減少に繋がってしまします。

 

なので、トレーニングは水分補給をしっかりし、無理のない程度に行いましょう。

 

テストステロンの増やし方その② ~減量&体重コントロール~

 

減量をして、自分の適性な体重を保つ事はテストステロンを増やすのに効果的です。

 

肥満の人は 脂肪細胞に含まれるアロマターゼという酵素が、 男性ホルモンのテストステロンを女性ホルモンのエストラジオールに変換してしまうからです。

 

その為、肥満の人はテストステロン値が少ないのです。

 

逆に、減量をするとテストステロンの分泌が増えるので、これを期にダイエットを始めましょう!

 

ただし、過度なダイエットをするとホルモンバランスが崩れてしまい、分泌量も悪くなってしまいますので、無理をし過ぎない程度に頑張りましょう。

 

テストステロンの増やし方その③ ~質のいい睡眠~

 

睡眠時間と睡眠の質により、テストステロンの分泌も大きく変わります。

 

十分な睡眠をとっていないと、テストステロンの分泌量が減ってしまう上、筋肉の成長も遅れ、筋肉を衰えさせてしまいます。

 

普段から十分に睡眠をとれていない人はうまく時間を活用し、睡眠時間を十分確保するようにしましょう。

 

テストステロンの増やし方その④ ~必要な栄養素の摂取~

 

テストステロンの分泌を増やす上で特に意識してもらいたい栄養素は、亜鉛、アミノ酸、ビタミンD、タマネギアイレンです。

それ以外にも。ビタミンC、 ビタミンE、コレステロール、セレン、アルギニン、アスパラギン酸等も摂取しておきたいところです。

 

食事だけでなく、サプリメントを摂取しても効果はありますので、足りてないかなと思うものは積極的に取りましょう。

 

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

日々馴染んでしまった生活習慣を変えるのは困難ではありますが、テストステロンはとても重要なホルモンです。

 

少しずつでいいので始めて見ましょう!

 

私も、痩せるとこから始めたいと思います。。。。。。。

 

以上、ここまで読んで下さりありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ