白砂糖と黒砂糖の違いはなに?同じ原料なのに結構違う砂糖の違い

 

お菓子などの甘いデザートや普通の料理まで、幅広く使われる砂糖。

 

よく使われる白砂糖以外にも、黒砂糖というものも存在しており、普通の砂糖に比べて色や形も違います。

 

どちらも同じ砂糖ではあるのですが、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

また、この二つで用途や栄養も変わってくるのでしょうか?

 

ということで、今回は白砂糖と黒砂糖の違いについて、調べてみました。

 


砂糖の原料

 

砂糖の原料は、基本的にサトウキビという植物を使用しており、これは黒砂糖も一緒になります。

 

ただ、白砂糖に関しては、サトウキビ以外にもサトウダイコン(てんさい)を使う場合もあり、北海道の砂糖はサトウダイコンを使って砂糖を作るところが多いみたいです。

 

黒砂糖はサトウキビのみになり、沖縄でよく作られている砂糖になります。

 

製造方法の違い

 

白砂糖と黒砂糖で製造方法が異なるので、この二つの大きな違いはここになります。

 

白砂糖の場合

 

白砂糖の製造方法は以下の流れで製造されます。

 

  • サトウキビから搾り取った「粗糖液」から、不純物を取り除き、加熱する。
  • 加熱すると砂糖の結晶ができ、これには「糖蜜」という成分が含まれており、これを分離させる為に遠心分離機にて分離させる。
  • 糖蜜が分離されると砂糖の結晶だけになった「分蜜糖」というものができ、これを精製してさらに不純物を取り除いていくと白砂糖ができる。

 

白砂糖はこの製造過程で、不純物の取り除き具合や、精製具合によって、砂糖の種類が変わってきます。

 

よく聞く、ザラメや三温糖、グラニュー糖といった砂糖は上記の過程で作られるというわけです。
 

黒砂糖の場合

 

黒砂糖の製造方法は以下の流れで製造されます。

  • サトウキビから搾り取った「粗糖液」から、不純物を取り除き、加熱する。
  • 煮詰めてできた結晶を固める

 

黒砂糖の場合は製法がシンプルで、基本的に煮詰めてできた結晶を固めただけになります。

 

その為、サトウキビの汁の色であるあめ色(黄色っぽい褐色)の色がそのまま残った状態になります。
 

栄養の違い

 

同じ原料であっても、白砂糖の場合は不純物を取り除いたり、精製を繰り返しているので、砂糖の純度が高いほど、サトウキビ本来の栄養が失われていきます。

 

逆に黒砂糖の場合は、不純物を取り除く工程が一番初めだけなので、サトウキビ本来の栄養がそのまま含まれる形になります。

 

黒砂糖の主な栄養に関しては、以下になります。

 

ビタミンB

 

黒砂糖には疲労回復や、皮膚や粘膜の保護に効果的であるビタミンB群(ビタミンB1・B2・B6)が豊富に含んでおり、美容にも効果があります。

 

ミネラル

 

骨や歯を丈夫にする、リン、マグネシウム、カルシウムや、血圧を下げたり、むくみを抑えたりするカリウム、髪の毛の成長に必要な亜鉛といったミネラルが豊富に含まれています。

 

フェニルグルコシド

 

フェニルグルコシドは、糖分の吸収を抑えたり、不要な糖分を腸から排出させたりして、血糖値が上がるのを抑える効果があります。
 

ラフィノース

 

ラフィノースはビフィズス菌を増やして腸内環境と整える効果があります。

 

なので、便秘解消にも活躍してくれます。
 

オフタコサノール

 

オフタコサノールは、悪玉コレステロールや中性脂肪の吸収を抑える効果があるので、肥満などの生活習慣病に効果があります。

 

味・カロリーの違い

 

白砂糖の場合は純度が高くなるほど、風味がなくなるので、甘みしか感じなくなります。

 

その為、様々なものへ使いやすいので、最もよく使われる砂糖になります。

 

一方黒砂糖の場合は、不純物をほとんど取り除いていないので、風味などが残ったままとなるので、人によっては好みが分かれてきます。

 

また、カロリーについてですが、どちらも元は同じなのに、カロリーが変わってきます。

 

白砂糖の場合は100gで約386kcal、黒砂糖の場合は100gで約354kcalとなっており、黒砂糖のほうカロリーが低くなっています。

 

健康を考えるなら黒砂糖

 

白砂糖の場合はほとんど栄養がない状態に対して、黒砂糖はビタミンやミネラルなどの栄養が豊富になります。

 

また、黒砂糖は白砂糖よりもカロリーが低く、100gあたりで30kclも変わってきます。

 

普段使っている砂糖を黒砂糖に変えるだけでも、かなり効果も変わってくるので、最近健康が気になる方や、カロリーが気になる方は黒砂糖に変更することをオススメします。

 

ただ、黒砂糖の場合は普通の砂糖と違って味があり、この味が人によって好みが分かれてくるものなので、苦手な方は少々使いづらいかもしれません。

 

また、健康にいいとはいえ、砂糖であることは変わりないので、摂りすぎてしまうと逆によくない場合もあります。

 

基本中の基本ですが、なんでも程ほどにするのがいいのです。

 


 

黒砂糖と白砂糖の違いは製造方法によって変わってくるみたいですが、純度を上げていくと甘みだけになるのも、不思議なものですね。

 

私は結構黒砂糖の風味とか好きなんですが、結構これがダメと言う人が多いんですよね。

 

でも、健康の事を考えると、黒砂糖に変えていったほうが、体にとってよさそうなので、今健康が気になる人は是非普段使っている砂糖から、黒砂糖へ変更してみてください。

 

苦手な方も、そのうち慣れてくると思いますので、少しずつ始めてみませんか?

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ