しもやけとあかぎれの違いは?寒い季節によく起こる皮膚の症状の違い

 

寒い季節が近づくにつれて、よく見られるしもやけとあかぎれ

 

どちらも、寒い時期に起こりやすいもので、毎年しもやけやあかぎれに悩まされる人が多いと思います。

 

特に、小さなお子さんは皮膚が弱い為、とてもなりやすいので、特に注意が必要となります。

 

ところで、このしもやけとあかぎれについて、症状としては違いはわかりますが、どっちがしもやけなのか、あかぎれなのかわからなくなる時がありませんか?

 

この二つの違いというのは一体どういうもなのでしょうか?

 

今回は、寒い時期によく起こる、あかぎれとしもやけについて調べてみました。

 


 

しもやけ(霜焼け)とは?

 

しもやけとは、寒い時期によくなる炎症のことで、寒さの為によって血行が悪くなると発症します。

 

発症する場所としては、血管が細くなっている手足や鼻の先端、耳、頬などによく見られます。

 

また、靴を履いて蒸れやすい部分もなりやすいので、かかともなる場合もあります。

 

冬の氷点下よりも、気温が3~5℃ぐらいのほうがなりやすくなっており、昼と夜の温度差が10℃以上になるときもなりやすくなっています。

 

また、気温以外にも、血行の悪い人や手足によく汗をかくひとも、なりやすい傾向にあります。

 

しもやけの症状

 

寒くなって、局所の血行が悪くなると、皮膚が赤紫色に腫れたり、赤い発疹ができたりします。

 

そこから、激しい痒みや痛み、熱、などを感じます

 

通常だと、手足の指などの先端のみに発症しますが、子供の場合は成長しきっていないので、指全体が赤紫色にはれ上がったりします。

 

あかぎれ(皸)とは?

 

あかぎれとは、皮膚が乾燥によってひび割れて、亀裂がおこっている症状の事をさします。

 

主な原因は乾燥で、皮膚の水分や皮脂が失われて、乾燥した状態になると、その部分からひび割れていきます。

 

皮膚の皮脂が失われやすい、水仕事が多い人になりやすい傾向にあり、特に乾燥が進んでいる冬場が発症しやすくなっています。

 

また、血行不良の人もなりやすいものでもあります。

 

あかぎれの初期段階の事を「ひび」と呼んだりします。

 

しもやけの状態から、さらに乾燥が進むとあかぎれに発展しやすいので、しもやけになりやすい人は、あかぎれにもなりやすい傾向にあります。

 

あかぎれの症状

 

初期の段階のひびの状態だと、かゆみ程度で収まりますが、さらに症状が悪化して、あかぎれになると、亀裂が深くなってくきます。

 

そうなると、痛みを感じ、場合によっては出血します。

 

子供はしもやけになりやすく、そこからあかぎれに発展することもよくあります。

 

しもやけは内部の症状、あかぎれは皮膚の表面の症状

 

しもやけとあかぎれの違いは、内部の症状か皮膚の正面の症状かの違いになります。

 

ただ、違いはあってもこの二つの症状はかなり関係が深いものとなっています。

 

しもやけが起こると、発生した部分に血が巡っていない状態の為、栄養がうまくいきわたらない状態になります。

 

栄養がうまくいきわたらないと、皮膚が栄養不足に陥り、乾燥もしやすくなるので、結果的にあかぎれに発展しやすくなります。

 

なので、しもやけからあかぎれに発展するケースは多く、しもやけによくなる人は注意が必要です。

 

逆に考えると、しもやけの予防をしておくと、自然とあかぎれの予防にもなります。

 

二つの共通した予防法

 

二つの共通する部分としては、血行不良が上げられますので、血行をよくしておく事で、二つの予防がしやすくなります。

 

ビタミンEを摂る

 

血行不良の改善としては、まず血行促進効果のあるビタミンEを積極的に摂る事。

 

ビタミンEが含まれているのは以下となっています。

  • 緑茶
  • アーモンド
  • 落花生
  • ひまわり油
  • いわし
  • あゆ
  • うなぎ
  • 等々。。。。

適度な運動

 

適度な運動は血行不良を改善でき、特に有酸素運動が効果的です。

 

なので、ウォーキングなどできる範囲で、積極的に運動するようにしましょう。

 

十分な睡眠

 

睡眠不足は血行不良の原因となりますので、あまり寝ていない状態だとしもやけやあかぎれにもなりやすくなります。

 

なので、なるべく睡眠はしっかりと摂る様にしましょう。

 


 

寒い時期のしもやけやあかぎれというのは、本当に厄介ですよね。

 

ただ、双方とも栄養に気をつけたり、普段の生活をきちんとしていれば、なりにくいものなので、以前からなりやすい人は、一度そういった部分も見直してもいいかもしれませんね。

 

以上、ここまでよんでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ