お酒はなぜ20歳から?知っておくべき未成年の飲酒に関する問題

 

お酒と言えば、日本の法律で20歳以上の成人した人しか飲んではいけない事になっています。

 

それに伴い、成人式を迎えた20歳の子たちは、初めての飲酒をしていくわけです。

 

もちろん、その時にまだ20歳になっていなければ飲めませんが。。。

 

しかし、この飲酒に関して、なぜ20歳からなのでしょうか?

 

未成年が飲んではいけない理由は、なんとなく判りますが、基本的に18歳からは選挙権が認められたり、車の運転できるようになったり、性的な映像や書籍なども見れるようになりますよね。

 

でも、お酒は20歳からと決まっています。

 

この差は一体どういう事なのでしょうか?

 

という事で、今回はなぜお酒は20歳になってからなのか?について調べてみる事にしました。

 


 

未成年の飲酒は禁止されている

 

未成年の飲酒は法律により禁止されており、これを破った場合は飲んだ本人の保護者や飲ませた人(成人)、飲んだ居酒屋等に罰則が与えられます。

 

なぜ禁止されているかについては、以下の事が挙げられます。

 

脳への障害

 

お酒に含まれるアルコールは、脳細胞の破壊を加速させる働きがある為に、未成年という脳が成長している段階で、お酒を飲んでしまうと脳の神経細胞を破壊し、脳が委縮してしまう危険性を持っています。

 

脳細胞は一度破壊されると元には戻らない為、未成年の内にお酒によって脳細胞を破壊していってしまうと、今後の人生に大きな影響を与える可能性があります。

 

性腺機能障害

 

アルコールには二次性徴に必要なホルモンの分泌を低下指せる効果があります。

 

その為、未成年の内に飲酒してしまうと、男子の場合は勃起障害に、女子の場合は生理不順になったりしてしまいます。

 

様々な臓器への負担

 

体が成長しきっていない未成年の間は、アルコール分解能力が未熟な為、体内にアルコールが残りやすくなります。

 

アルコールにはアセトアルデヒド等、毒性の強い成分が含まれていますので、前述した脳以外の臓器にも悪影響を与え、急性アルコール中毒にも繋がりやすくなります。

 

アルコール依存症

 

精神的にも成長しきっていない未成年が、中毒性の高いお酒を飲んでしまうと、抑制が効かずに、アルコールへの依存も高まっていきます。

 

よく言われている、アルコール依存症というやつですね。

 

本来なら、発症する期間は早くても5年程となっているのですが、未成年の場合はもっと早くなって、数ヶ月~2年の間となっています。

 

ちなみに、アルコール依存症にかかってしまうと、アルコールへの欲求が高まり、2、3日アルコールを飲まないでいると、発汗やイライラ、手の震え、不眠、動悸等が現れ、場合によっては下痢や吐き気を起こします。

 

さらにひどくなっていくと、幻覚や痙攣を起こすようになって、自分自身お酒をやめたいと思っても、自分の意思でコントロールできなくなり、さらにお酒を飲もうとしてしまいます。

 

精神的な悪影響

 

未成年の内にお酒を飲むことで、精神的にも様々な影響がやってきます。

 

今のところ考えられる影響としては、

 

  • 集中力が続かなくなる
  • やる気がなくなる。
  • 先の事を考えなくなる
  • 自己中心的で怒りっぽくなる
  • 精神的成長が停止し、人生の幅が狭くなる
  • 理性的な考えができずに暴力的になったり、様々な犯罪に手を染めたりしてしまう

 

等といった事が挙げられます。

 

必ずしも上記の事になるわけではありませんが、可能性として十分に考えられる為、未成年の飲酒はかなりのリスクを伴います。

 

なぜ20歳からなのか?

 

未成年が飲酒してはいけない理由はわかりましたが、なぜ20歳までがダメになっているのでしょうか?

 

これにはしっかりとした医学的根拠があり、人間の成長に大きく関わりがあります。

 

人間は20歳ぐらいまでは、脳や体がまだ成長する段階なので、それまでにお酒を飲むと成長している途中の、骨や筋肉、脳、様々な臓器等に悪影響を与えるからです。

 

18歳や19歳の人は20歳までそう変わらないと思うかもしれせんが、思った以上に成長している途中なので、ここは我慢して20歳まで待つようにしましょう。

 

世界的には18歳以上が多い

 

日本ではお酒は20歳になってからになっていますが、世界的には18歳以上の所が多く、20歳以上からにしている所は少ないのだそうです。

 

スイスは一部のお酒のみ14歳から飲めるのだそうです。

 

こうした結果を見て、羨ましがる人もいるかと思いますが、そもそも海外の人種と日本人の体質は違います。

 

世界的にみて、アジア人はお酒の弱い人種なのですが、特に日本人はお酒に弱い体質の人が多いので、早い段階で飲めたとしても、デメリットしかありません。

 

日本で生まれてきた以上は、飲酒は20歳になるまで待ちましょう。

 


 

未成年の飲酒というのは、未だに完全になくなってはおらず、人の目を盗んでは友達と飲んでいたり、バイトの飲み会でこっそり飲んでいたります。

 

しかし、未成年の飲酒は思った以上にリスクの高いものなので、飲みたくても我慢するようにしないと、今後の人生に悪影響を与える可能性が出てきます。

 

また、我々大人も、その場のノリで飲ませたりするのはやめて、飲ませない、買わせない等を徹底するようにしなければなりませんね。

 

以上、ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ