日本酒の辛口と甘口の違いは?知るとお酒が楽しくなる日本酒の知識

 

日本酒と言えば、日本を代表するお酒で、はるか江戸時代(起源としてはもっと古い)から、現代に至るまで様々な人に愛されています。

 

かくいう私も、日本酒は結構好きで、居酒屋では割と好んで飲んでいます。

 

単に日本酒といっても様々な種類があり、どれも味や香りが違うので、中々飽きさせないのも日本酒の魅力ではあります。

 

そんな中で、以前から気になっていることがあります。

 

それは、日本酒によく表記されている、「甘口」と「辛口」の違い。

 

この文字だけみると、甘いか辛いかと言うことなんですが、実際飲んでみると、甘いや辛いの味はしないものです。

 

では、この表記はどういった違いを表すものなのでしょうか?

 

今回は日本酒の甘口と辛口の違いについて調べてみました。

 


 

日本酒の味を決める日本酒度と酸度

 

日本酒には日本酒度と酸度という日本酒の味を決めるものが存在しており、それぞれの数値によって、どのような味なのかが決定されます。

 

それぞれの詳細については、以下となります。

 

日本酒度

 

日本酒度とは、日本酒に含まれている糖の量がどれくらいかを数値化したもので、、この数値によって甘口か辛口かを見る目安となります。

 

日本酒度は+か−で表記されており、糖が多くなるほど甘口となり、−の表記になります。

 

逆に糖が少なく、アルコール分が多くなると辛口になり、+の表記になっていきます。

 

なぜ、糖が多いのにマイナス?と思うかもしれませんが、この+や−は糖の量ではなくて、日本酒の比重になります。

 

糖というのは水より重く、アルコールは水より軽いものとなります。

 

水を基準としてみた場合、糖分が多く残っている状態だと、日本酒は重くなり、水より下へ沈むので、マイナスの数値になるわけですね。

 

甘口や辛口を表す数値は以下のような形となります。

 

  • 大辛口:+6.0以上
  • 辛口:+3.5〜+5.9
  • やや辛口:+1.5〜+3.4
  • 普通:-1.4〜+1.4
  • やや甘口:-1.5〜-3.4
  • 甘口:-3.5〜-5.9
  • 大甘口:-6.0以上

 

酸度

 

日本酒度だけでは、甘口や辛口を決定できない部分もあり、この酸度という数値も味を決定付けるために必要な数値となります。

 

酸度とは酸っぱさを表すものではなく、お酒に含まれている、コハク酸、リンゴ酸、乳酸などの酸の量を表します。

 

この酸度が高いと、舌への刺激が強いので、辛口に感じやすく、逆に酸度が低いと甘口に感じやすくなります。

 

また、酸度が高いと「濃厚」、酸度が低いと「淡麗」と表現したりします。

 

ただ、酸も種類によっても味が変わってくるので、酸度のみでは判断しきれないものでもあります。

 

なので、先程前述した、日本酒度と合わせて甘口か辛口かが決まってきます。

 

味の違い

 

日本酒は、日本酒度と酸度の数値によって味が決まり、大きく4種類に分けられます。

 

濃厚辛口:酸度が高く、日本酒度が低い。コクがあるが、キレのある味わい
濃厚甘口:酸度が高く、日本酒度が高い。コクがあって、口当たりがまろやかな味わい
淡麗辛口:酸度が低く、日本酒度が低い。さっぱりとしていて、キレのある味わい
淡麗甘口:酸度が低く、日本酒度が高い。さっぱりしているが、口当たりがまろやかな味わい

 

参考元:KURAND

 

これは、あくまでも目安なので、個人によって味の感じ方も変わってきます。

 

ちなみに、これは私の個人の見解ですが、甘口は基本口に残りやすく、辛口は口に残りにくいイメージがあります。

 

なぜ辛口?

 

日本酒の味の表現について、辛くないのに、なぜ辛口と表現されるのでしょうか?

 

日本酒の辛口や甘口の表現は古くは江戸時代からとなっており、1688年に刊行されている井原西鶴の「日本永代蔵」にはお酒の味に関して、から口と表現されているので、当初から日本酒の味を表現するものとして、使われていたみたいですね。

 

なぜ、辛口という表現を使われていたかについては、いくつか所説があり、今の所は以下の事が考えられます。

 

平安時代から使われていた?

 

平安時代の頃、アルコール度数が高い事を「カラシ」と表現していたそうです。(平安時代の漢和辞典「新撰字鏡」に記述あり)

 

現在では、日本酒のアルコール度数の高いことを「辛い」といいませんが、古くから日本酒の味わいを表現する土壌があったみたいです。

 

辛い=刺激が強い

 

江戸時代の頃のお酒は、酸度が高いお酒が多かったようです。

 

これは、当時の精米技術が発達しておらず、ミネラルの多い米を使用していた為、酵母が活発に活動し、酸度が高くなったのではないかと言われてます。

 

酸度が高いと日本酒は刺激が強くなり、当時の人達は刺激の強いものに対して、辛いと表現していたのではないかと考えられます。

 


 

以前から、日本酒の甘口や辛口の違いについて気になっていましたが、いざ調べてみると中々面白いものですね。

 

また、日本酒と言うのは奥が深いもので、一度に全て理解するのもまた難しいものでもあります。

 

こうした事を知ることで、日本酒を飲むときに、いつもと違った楽しみ方ができそうです。

 

以上、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ganboo

自分の飼い猫が可愛くて仕方ない、ぽっちゃりデブのganbooと申します。 ダイエットしようにもなかなかうまくいきません。くそう。。 ここでは、自分の気になった事等を調べたものが掲載されております。ご紹介する記事が少しでも皆様にお役に立てれば幸いでございます。 では皆さまごゆるりとどうぞ